障害年金一覧

生活保護は、差額受給を利用することができる。

生活保護は、日本で利用できる金銭優遇の制度ですが、実は多くの人が生活保護を差額受給できることを知りません。

記事を読む

障害年金を受けている(もらっている)場合、国民年金保険料は法定免除となる。

生活保護と同じく、障害年金(1級、2級)を受給している人も国民年金保険料(老齢基礎年金部分)は法定免除となります。

記事を読む

障害年金は働きながら受給することが可能だ。

国が用意するセーフティーネットの中で障害年金がありますが、老齢給付の管轄から賄われている障害基礎年金、及び障害厚生年金。実は働きながらでも障害年金をもらい続けることが可能です。

記事を読む

うつ病で休職したら、障害年金(生活保護)を受給することが可能だ。

現代社会において、重要なのは、仕事で働けなくなった場合を想定することです。傷病手当金、出産手当金、失業給付など、日本は、社会保険(雇用保険)その他の制度が充実しています。年金制度についても、海外に比べて制度が確立し安定しているといえます。そんな中、生活保護と、障害年金について知っている人は多くありません。

記事を読む

障害年金=受給期間はいつまでなのか?支給再開する方法をご紹介。

障害年金は、公的年金のひとつです。仕事に支障を及ぼすレベルの精神障害や身体の状態にある場合申請し、国から資金援助を施してもらえる制度ですが、受給するための難易度が高いことも事実です。支給再開の情報と共にご紹介します。

記事を読む

障害年金(公的年金=障害基礎年金・障害厚生年金)の受給資格と貰い方は?

日本には、大きく分けて国民年金と厚生年金がありますが、その中でも、スポットが当たっていない年金の種類があります。生活保護と同じレベルの知名度しかない、障害年金についての説明と受給資格をお伝えします。遺族年金などもありますが、大事なのは、死んでから貰う年金ではなく、死ぬ前に助けてもらう年金です。

記事を読む

老齢基礎年金/老齢厚生年金の違い(障害年金/生活保護/仕組み=期間)と、それぞれの受給資格要件を分かりやすく解説。

国民年金=老齢基礎年金/老齢厚生年金とは、日本に住んでいる、全ての20歳以上~60歳未満の方が強制加入する必要がある最低限の年金保障精度です。分かりやすく言えば、日本国内に住んでいる人が老後、経済的に安心して生活することができる特典だということです。そこで、今回は、日本の国民年金保障である、国民年金の内容と仕組み、老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給資格を分かりやすく解説します。

記事を読む