自炊すれば、生活費(固定費/変動費=食費)を節約できる。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ヤチンヘラス

毎日の生活の中で一番節約できる部分は、食費と家賃ですが、無理をして節約しても意味がないので、少しずつ食費を減らすために、自炊しましょう。

自炊をすれば、1日300円(200円)で生活することも可能なのです。

あなたが、もし、一人暮らしなら、お金を貯めるために倹約する部分を多くしましょう。



家賃を下げることができれば、固定費を圧倒的に節約できる。

毎日の中で家賃が一番のネックとなります。

家賃の相場は東京だと最低5万円以上となりますが、都営住宅や、県営住宅を希望し入居することができれば、毎月の家賃を、2万円にすることが可能です。(年間家賃24万円)

その他にも、シェアハウスや、田舎の物件を賃貸として借りれば、相当な家賃を節約できます。

今の時代、東京へ無理に移住しなくても、利便性のある生活をすることが可能です。最低賃金が、各都道府県によって決められますが、地域別最低賃金と、特定最低賃金が存在します。

東京は今、現在、一番仕事の賃金が高いですが、物価も高いです。便利な場所だから、家賃が高いのには納得できますが、それでも、節約(倹約)するために地方に住む選択も視野に入れておきましょう。



食費を削るために、自炊することを徹底しよう。

自分で買い物を行い、自炊することで、今まで1日1000円使い捨てだった食費が1日300円程度に済ませることが可能です。

あなたが、仕事で食べる昼食もコンビニ弁当や、コンビニで買った商品ではありませんか?コンビニは便利ですが、定価の値段でしか商品が売られていません。

なので、コンビニをなるべく使わない自炊生活を徹底しましょう。人間の体を作るのに必要なのは、タンパク質とアミノ酸です。

必須アミノ酸が補給できるのは、卵です。納豆と卵を合わせて食べることが食費の節約に繋がります。

納豆と卵は値段も安いので、毎日の生活の中で重要なウェイトを占めています。



常に、固定費と変動費(収入=支出)を把握しておくこと。

自分の収入と支出を把握しておくことは大変重要です。

気軽にコンビニや、スーパーなどへ行き無駄遣いをしている人は後を絶たないので、あなたは、食費を削るために我慢という行動を覚えて、体に染み込ませてください。

そして、毎月何万円貯めるんだという目標を立てることができればさらに節約の効果を期待できます。節約と倹約は意味合いが若干違いますが、同じような感覚ですね。

あなたも、固定費と変動費を日々の生活で気にかけてくださいね。(。-_-。)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)