原付50ccバイク(原動機付自転車)のメリットは?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)50cc

車にはない究極のメリットが原付50ccバイクには存在します。

楽に移動ができる、経済的にもやさしく、車よりも比較的安全。これだけでも、かなりのメリットですが、実は他にもメリットはあります。

それは、もちろん、金銭面で考えたときに実感する内容です。



原付50ccバイクは、税金がとてつもなく安い。

車の場合、車を所持しているだけでお金がかかります。

駐車場代、自動車取得税、自動車重量税、軽自動車税、燃料税、消費税などなど。よく、車は、金食い虫だと発言している人をよくみかけますが、

実はその通りなんです。

私生活においての行動範囲が広がるのは間違いありませんが、車に乗る回数が減れば減るだけ損をすることになりますので、本当に車が必要かどうか吟味する必要があります。

その点、原動機付自転車(50ccバイク)は、税金面で言うと、軽自動車税しか発生しません。年間で言うと、2000円の投資で原付50ccバイクを運転することができます。

車と比べると、税金の差は目に見えて分かりますよね。何十万、何百万円の違いがあります。



中古原付50ccバイクは、事実上、8万3000円という低価格で購入することができる。

中古バイク屋さんのサイトを使えば、アマゾンや楽天、じもてぃーを使うよりも更に安く原付50ccバイクを手に入れることが可能です。

もちろん、8万3000円という価格は、バイクで事故を起こしたときなどの保険料や、点検(年間検査費用)修理費用なども含まれていますので、

事実上、バイク本体の値段に限って言うと、4万円程度ということになります。

それに、原動機付自転車50ccは、バイクをお店から借りて運転することもできるのでその場合、1ヶ月または、3ヶ月毎の更新になります。

月額で言うと、12000円程度です。



原付50ccバイクは、国家資格であり、何歳になっても乗り続けることができる。

車よりも安全性が高いと言われている原付50ccバイクですが、その一番のメリットは、車よりも安い値段(費用)で維持しながら、何歳になっても乗り続けることができるという点です。

車は原動機付自転車よりも、より安全に配慮しなければならないので、例えば高齢で判断力が鈍ってくる60代後半で車を運転することは本来好ましいことではありません。

原付50ccバイクであれば、近所へ気軽に買い物へ出かける時や、少し冒険したいときに使えますし、安全性が高いです。

いざとなったら長距離だって、移動することができます。全国を原付50ccバイクで走り旅をする若者もいるぐらいです。

原動機付自転車は優秀な乗り物だとお分かりになったでしょうか。(。-_-。)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)