障害年金は働きながら受給することが可能だ。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ショウガイネンキン

生活保護と同じ、セーフティーネットの位置付けとして機能しているのが、障害年金ですが、実は、働きながらでも受給し続けることが可能なのです。

つまり、障害基礎年金と、障害厚生年金(非課税)をもらいながら働き続けることができるということですね。

実際はどういう状況なのでしょうか。2019年に向けて、障害年金及び、生活保護の審査基準は厳しくなっていますが、

いざとなったら、自分自身を金銭的に助けてくれるのでこの機会に是非、覚えておきましょう。



障害年金は、雇用を促進するための金銭給付なのだ。

障害年金を受け続けている間、当然働くことができない状態である場合が多いので、年間収入は必然的に少なくなりますよね。

だからこそ、障害基礎年金と障害厚生年金が存在し、両者を制度として使い、年収の底上げを図っている意図がありますが、

もうひとつ、障害年金には意図があります。

それは、障害年金を受けている人への雇用促進です。月額の収入が多くなることによる金銭的余裕で、精神病の人に余裕が生まれ、働いてみようとする意欲が自然に芽生えます。

雇用促進の意味も込められているのが、障害年金なのです。



実際、障害年金を受給しながら(もらいながら)働くことは可能だ。

障害年金が支給されている理由は、普通の雇用環境で働くことができない人達を救うための金銭政策なので、収入が一般雇用者よりも少なくなります。

だからこそ、社会的弱者である障害年金受給者が、社会復帰の一環として、障害年金をもらいながら働くことは自然な流れですよね。悪く言う人はいないはずです。

また、障害年金は、65歳以前に申請し、受給しておけば、また障害年金が必要になったときに再受給することが可能になります。(支給停止事由消滅届)

将来の安定性を図る上で、欠かせないセーフティーネットになります。ある意味、生活保護よりも最強だと言えますね。

あなたの一生を支えてくれるのが、障害年金なのです。



もちろん、普通に働けるようになれば障害年金は停止となるが、廃止にはならない。

勘違いしてほしくないことがあります。精神病を発病している人に言いたいことですが、うつ病や、双極性障害及び、統合失調症は、再発しやすい代表的な病気です。

なので、障害年金がこれからの人生で活きてきます。障害年金を再受給することができるのです。(障害基礎年金・障害厚生年金)

停止と廃止は意味が違います。停止は、受給権を得た状態で障害年金をやめることです。廃止は、何かしらの理由で障害年金の受給権が失われたことを言います。

この場合、再申請は相当難しいです。障害年金のステータスを、停止の状態にしておく必要があります。

もし、今この記事を見ているあなたが精神疾患の疑いがあれば、迷わず、精神科医に相談しましょう。時期が来たら、障害年金を申請し受給しましょう。(65歳以前に受給しておくことが望ましい。)

障害基礎年金は通常2年の有期更新ですが、2年の有効期限だとしても、年間収入を84万円増やすことが可能です。(障害年金生活者支援給付金を含む額面)

精神障害年金2級3級で働いてもいいのか?アルバイト程度の仕事について|愛知名古屋の障害年金申請あんしん代行

障害年金は、最強のセーフティーネットなのです。(。-_-。)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)