ガンを予防するための方法は?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ガンヨボウ

人間の体の細胞は、約60兆個あると言われており、その細胞は日々分裂して生まれ変わり、私たちの体を作っています。

そんな中、細胞のコピーミスが起こり、ガン細胞が作られ最終的にガンになってしまう懸念が浮上します。

あなたが、ガンにならないようにするためには、運動や食生活、及び、喫煙、飲酒などもバランスを考慮しないといけません。



ガンにならない確実な方法は存在しないということ。

大前提としてお話しますが、あなたがガンにならない保障はありません。

先ほども、説明しましたが人間の体は日々作り変えられています。細胞が分裂を繰り返し私たちの体を彩っているワケですね。

あなたがガン予防で講じることができる方法(対策)は、全体のバランス感覚を養うことです。

例えば、規則正しい就寝と起床を繰り返す。果物や野菜を使った料理を食べ続ける。飲酒や喫煙を控えるなど、やれることはたくさんあります。



ガン予防に一番効く方法は、日々の食生活を改善することだ。

毎日食べる食材、飲料だからこそ、健康を考えて考慮しなくてはなりません。

ポテトチップスや、動物性食品ばかりを食べているとガンの進行が早くなり危険です。しかし、毎日の生活の中で、そんなこと気にしたくない人もいると思います。

その場合、適度な運動をしたりしましょう。運動はアンチエイジングにも効果があります。

紛れもなく、一番ガン予防で有効なのは、食生活を改善し、野菜、果物を多く取ることが必要不可欠なのです。(食物繊維がガンを抑える。)



少しでも疑いがあるのなら、定期的なガン検診を受けたほうが良い。

ガンが体内に発生している場合、露骨に症状が現れます。

食べているのに痩せてきた、顔色が極端に優れない、なぜか、疲れて貧血な感じがする、食欲が沸かなく、咳も続く。

などなど、これだけの症状があります。

とくに、最終警告なのは、食欲が沸かないということです。精神的な病気(うつ病、双極性障害、統合失調症)などで食欲が沸かないのは仕方ないことですが、

ガンの場合は、特に顕著に食欲が沸かない事態が起こりますので、少しでもガンに対して疑いの眼差しで見ているのなら、ガンの検診に行くことをおすすめします。

がん検診は、早いほうが望ましいです。若いからといってガン検診を先延ばしにすることは許されません。若くても、一度は、ガン検診を行っておきましょう。d(。-_-。)

【がん】 日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会

がん予防の12か条。食生活を見直して、がんのリスクを抑えよう。 | がんの予防・早期発見 | 「がん治療」新時代



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)