労働の奴隷から解放されるためには、生産する側に回ることが重要である。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)オカネノカセギカタ

世の中には、様々なお金の稼ぎ方が存在しますが、その中でもサラリーマン、OLが一般的な働き方として広く認知されていますが、ある意味、この働き方って異常ですよね?

少なくても、1日の半分を仕事に費やさないと生きていけない社会ってどうなんでしょうか?

私個人としては、良くない印象を受けます。



今の日本は、奴隷労働で社会が回っている。

日本の人口約5000万人が社会人(サラリーマン・OL)だと言われていますが、その9割は、奴隷労働を強いられている、もしくは、著しく過酷な環境で働いているブラック企業の社畜さんです。

その彼らを救うためには、普通に雇用される形態から、雇用する、モノや概念を売って生産する側に回ることが大事になってきます。

1日8時間労働をしている原因は、あなたが普通に雇用されている側になっているからです。ブログアフィリエイトは、生産する側に回ることができる仕事のひとつです。



ブログアフィリエイトは、生産する側に回ることができる仕事である。

ブログで文章を書いてお金を稼ぐビジネス、それが、ブログアフィリエイトです。

誰かに対して、文章を書いてあげるワケではなく、自分のブログ記事が資産となって積み重なる仕事がブログアフィリエイトです。

これは、間違いなく生産する側に回ることができている証明にもなっています。

自分の文章で誰かに共感を得てもらい、自分が文章で紹介した商品をネット上で読者に契約してもらう、サービスを使ってもらう行動を起こしてもらっているワケです。

ブログの数(記事数)が増えれば増えただけ、あなたは生産側の立場が強くなり次第に労働から解放されるようになってきます。



あなたは、週5日8時間労働が普通だと思っていないか?

週5日8時間労働は、日本の働き方としては常識ですが、人間サイドからすれば常識ではありません。

外国から、日本人は働きすぎだと言われているように、サービス残業代も含め、日本人は働きすぎなんですね。

自分の時間を持ててないので、人生においての価値観が仕事に関連したことだけになってしまうんですよ。

その時点で、あなたの価値観の幅が狭くなっていることに気付きましょう。(。-_-。)



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)