カラーバス効果とは?視界に入る情報を操りメリットを生み出そう。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)カラーバスエフェクト
世の中には、心理効果と呼ばれているモノがたくさん存在しますが、日常の生活で利用できる人間心理学の中に、

カラーバス効果(Color Bus Effect)が存在します。

特定の色だけを意識すると、その意識した色だけの情報が自然と目に飛び込んでくるという心理効果です。

カラーバス効果は、使い方によってはメリットを生み出します。

カラーバス効果とは。



人間の脳は、視界に入る全ての情報を処理しているワケではない。

人間の脳は、視界によって約80%の情報を仕入れていると言われていますが、人ひとりが目で仕入れることができる情報には限りがあり、

人が全ての情報を視界から吸収しようとすると、キャパオーバーしてしまう可能性があります。

キャパオーバーとは、自分の限界を超えたという意味合いで使われ、カラーバス効果を意識すると、そのキャパオーバーから脱出することができるんですね。

つまり、視野に入る情報量を操ることができるのが、カラーバス効果なんですね。

といっても、あなたはもう既にカラーバス効果を使えています。人によって程度は違いますが、情報とは、聴覚や味覚、嗅覚など様々な要因で手に入れることができます。



カラーバス効果のメリットとは?

カラーバス効果にはメリットが存在します。

それは、特定の色だけに注視すると、その色だけの情報を脳が無意識に仕入れようとするので、ある事柄についての情報だけを仕入れたい時、非常に有効な手段となります。

例えば、三角形の形に関する情報だけを仕入れる場合、自然と三角形の情報だけに意識が向きます。カラーバス効果とは、色だけでなく、形や内容、モノに対しても効果を発揮します。

知覚(視覚や聴覚)の選択性と、選択的注意の二つが関わりあっているんですね。



カラーバス効果を上手く利用し、日常生活に活かしてみよう。

カラーバス効果は、集中力を高める時にも有効です。

何かの分野を勉強したいときにも、カラーバス効果を意識することで深い勉強を学習することが可能です。

他にも、情報の効率化を推し進めることができるので、余計な情報に惑わされなくなるメリットも生み出します。

カラーバス効果を上手く活用することで、あなたの人生に彩りを添えることができますよ。(。-_-。)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)