時短勤務のメリットは?週5日8時間労働から解放されよう。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。イエイ(。-_-。)ジタンキンム

週3日だけ働く=時短勤務という解釈でも問題はありません。

時短勤務は、主婦層に向けた取り組みだと言われています。給与や、賞与が減る代わりに自分の時間を大切にすることができるメリットを生み出してくれます。

最近では、大手企業、中小企業などでも、時短勤務を容認している会社が多いです。



日本は、経済的に豊かな国だが、年間自殺率も高い。

転落途上国と言われてる背景がありますが、それでも日本は経済的に豊かな国です。

日本円が機能していること、硬貨や紙幣などに信用性があり、お金を使って買い物することができる、これだけでも、豊かな証明にはなります。

日本の場合、人手不足なども多いですが雇用の数自体は不足していません。非正規社員、正社員などの違いはあっても、働くことができます。

そして、職業選択の自由が保障されているので、ホームレスになったり路頭に迷うことはめったにありません。また、餓死して死ぬことも少ないです。

豊かな国である日本ですが、年間自殺率も約2万人発生している現状を見ると、日本の雇用情勢自体が、整備されていない印象です。



週5日8時間労働から解放されることは、決して悪いことではない。むしろ、通常な思考回路だ。

好きなことを仕事にしている人は、限られています。大体の人はお金を稼ぐために、お金のために自分を働かせていることが大半です。

ラットレースから抜け出せない状態もまた、お金のために自分が働いているだけなのです。悪いことではありませんが、決してお金持ちになることができない状態です。

時短勤務を行い、単価の高い、時給単価の高い仕事をすれば、短い時間で多額のお金を稼ぐことが可能になります。正社員よりも効率が良い場合が多く、給料は歩合制に近い印象です。

週5日8時間労働から抜け出すためには、何をするべきなのかを考えましょう。



時短勤務は、近未来の働き方である。人間らしい生活を営む上では非常に重要だ。

ミニマリストの登場、少ない生活資金で生活している人は、最低限の価値を社会に与えて生活している人です。

月10万円で生活している人は、社会に与えた10万円の価値だけで生きていることになります。

そもそも、私個人の意見としては、1日8時間働くこと自体が効率の悪い働き方だと言わざるを得ません。満員電車と毎日の交通費だけでも精一杯なのに、

消費税増税により10%に跳ね上げられ、会社の給料は上がらない、引き上がるのは毎月の社会保険料の支払いのみ。

これでは豊かになることはできません。

むしろマイナスの方向へ進んでしまいます。

自分が労働するよりも、資産に労働させた方が、稼げるお金の額と幅は広がるというのは、科学的に証明されています。

ブログアフィリエイトは、資産ビジネスの範疇ですが、あなたの力になることは間違いないです。(。-_-。)ウムム



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)