生活費10万円で一人暮らしすることはできるのか?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ヒトリグラシ

節約は、人生を生き抜く上で重要なことです。

たとえば、月々の生活費を20万円から10万円に落とすことができれば、それだけで差し引き10万円の貯金を実現できることになります。

他にも、10万円というお金を稼ぎ出せば良いので都会に拘る必要がなくなり、地方の賃金が比較的安い、静かな場所で暮らせるようになるメリットを生み出します。

10万円というお金は、稼ぐことが難しい額面ではないため、一人暮らしの多くの人が目標にする額と言えます。

さらに、最低賃金も上がってくるので、都会1000円超え、地方も900円超えという快挙を成し遂げようとしています。



そもそも、10万円で一人暮らしは可能なのか?

東京や神奈川の場合、都会なので、必然的に多くのお金を稼がないと家賃が圧迫し、10万円という生活費を実現できないと思いがちですが、そうではありません。

安いアパートはたくさんありますし、今の時代ルームシェア、シェアハウスという選択もあります。家賃がかからない選択をすることができるのです。

最悪、公営住宅、市営住宅という選択もできるので、月々の家賃2万円以下で暮らすことも可能です。常時募集の公営住宅を探すことができれば心強いでしょう。

家賃10万の内訳は、男性と女性で違いますよね。男性の場合、固定費が女性よりも少ないので節約しやすいと言えます。例で言えば、化粧品ですよね。

男性の場合、ショートカットできます。女性の場合、化粧品は生活必需品なのでなくてはならない存在です。

結果的に、10万円で一人暮らしは可能です。



節約次第では8万円で生活を営むことができる。

10万円でも、十分すごい質素な暮らしだと感じたかもしれませんが、実は、月額8万円で生活している人がいるのも事実なのです。

その人は、ルームシェアをし、パソコンを使った業務を行い、パソコンひとつで仕事が完了する仕事作りを徹底していました。所謂、ミニマリストです。(生活費8万円)

あなたも、この記事を見ているということは、ミニマリストになれる素質があるかもしれません。ちなみに私も、月額10万円ほどで生活していますよ。

月額8万円はさすがに堪えますが、10万円という生活費なら厳しくはないはずです。



生活費10万円は特別安い金額ではない。

月額20万円で生活している若い人は少ない印象です。なぜなら、アルバイトの賃金が安いという現状は変わらないからです。

たとえ、時給が上がったとしても、2019年の10月からなのでまだ少し先は遠いでしょう。それに、10円や20円の少量の賃金引上げがあったところで、

生活に余裕を持てる生活ができるは限りません。むしろ、恩恵がない人のほうがほとんどでしょう。

しかし、生活費10万円という生活費ならあなたも目指せるはずです。生活費10万円は特別安い金額でもないですし、切り詰めるまでいかなくても十分に実現可能な生活費です。

男性であろうが、女性であろうが、十分生活していけるだけのお金の額面が10万円であると断言できます。(*´꒳`*)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)