中枢神経(神経伝達物質)のドーパミンを増やして人生を豊かに生きよう。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)アカルイヒザシ

人間は、脳内のホルモンや伝達物質の働きによって活動力を得ていると言っても過言ではありません。

私たちが普段、喜怒哀楽を見せるのも一種の脳内パフォーマンスのようなものであり、人間が行う活動はすべて、神経伝達物質が関係していると言っても過言ではありません。

そこで、学習力向上や、やる気底上げの神経伝達物質、ドーパミンを増やす方法をあなたに伝授します。



好きな音楽を聴いて、ドーパミンを分泌させよう。

一番オーソドックスな方法として有力視されるのは、あなたの好きな音楽を聴いてやる気を底上げさせる方法です。

音楽を聴くことは、聴覚という感覚器官で成り立ちますが、実は音楽を聴くという行動自体が視覚を使っている時と同じような効果を得られるのです。

つまり、あなたが音楽を聴いている状態=視覚と聴覚を同時に刺激していると言っても良いでしょう。

あなたの好きな音楽聴く場合、勉強の効率が上がったり、ストレス解消効果が得られます。そして、α波という脳内の脳波を放出させるモノであれば、さらに効果は上がります。



カレンダーにあなたの目標を記録すること。

人間の人生がなぜ、マンネリ化してしまうのか、答えは単純明快。日々の人生に飽き飽きしてしまうからであり、なんとか、逃げ出したいと考えてしまうものです。

そんなときは、カレンダーにあなたの目標を記入してあげることで、ドーパーミンを放出させる役割を担えるかもしれません。

通常、アドレナリンという闘争ホルモンが出る前に、ドーパミンが分泌され元気が出るというロジックになっていますが、カレンダーに日々の業務や目標を設定することで、

迷う道を閉ざし、正しい努力ができるようになりますよ。



適度な運動を取り入れることで、ドーパミンを分泌させる。

適度な運動を体に取り入れることで、体の中の細胞老化を遅らせる効果があります。同時にドーパミンを分泌させる役割も担うので一石二鳥です。ドラッグを使う必要はありません。

ここで、注目してほしいのは、激しい運動をすれば効果が上がるというワケではないことに注意が必要です。

大事なのは、適度で軽い毎日続けられる運動が望ましいのです。毎日運動を取り入れることで若々しい肉体を作り上げていきます。激しい運動はダメです。

また、ドーパミンを増やす食べ物も存在し、バナナ、ヨーグルト、チョコレートなど、身近に手に入る食品で十分、ドーパミンを分泌させることが可能ですよ。(*´꒳`*)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)