やはり、本を読むメリット(効果)は計り知れない。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ホンヲヨム

かつて、読書嫌いだった私は本から常に距離を置いている状態でした。しかし、今では本を読むことの重要性とメリットを理解し、日常生活に役立っている状態です。

貴方も、読書するのが嫌いだとしたら、非日常の小説を読むのではなく、参考書など自分の実体験で役に立つような内容の本を購入してみてはいかがでしょうか?

例えば、年金についての参考書であれば、日本の情勢や雇用制度についても奥深く知っていくことになります。専門的な本であればあるほど、嫌でも専門的な知識が蓄えられていくんですね。



参考書を購入すると、嫌でも専門知識を仕入れることになる。

本を読むことが嫌いな人は、大体、本を読むまでのプロセス(段階)が面倒臭い。そして、実際に小さい活字を読むことに抵抗があるから読まない人が大半ですよね。

例えば、自分が好きなテーマの参考を購入したとしましょう。そしたら、あなたは嫌でも、一度は参考書のページを開くと思うんですよ。

実はそこにヒントがあります。自分の好きなジャンルの本であれば一度ページを開き本を読みますよね。その回数が増えれば増えただけ、

読書したことになり、次第に本を読む抵抗がなくなります。誰だって、興味がないジャンルの本を最後まで読み進めたいとは考えませんよね。

あなたにとって興味がある参考書であるほど、自然と本を手に取りやすい。つまりは、本を読む接触が増え、知識を仕入れていることになります。



本を購入することは資産になり、財産となる。

今の時代はインターネットですから、情報を仕入れることに苦労することはなくなりました。今日は何をしよう、何を調べよう。新しい趣味を見つけよう、、、等も、

ほとんど、すべてインターネットで解決できる時代となりました。

しかし、ただひとつだけインターネットでも成立しない事柄が存在します。それは、濃く正確性のある情報提供です。

それに、参考書であればどうでしょうか。

自分が年金について困ったときに、年金に関する分厚い本(参考書)があれば、その一冊で自分自身に全ての年金に関する知識がプラスされます。

偉人や小説などのフィクションも面白いですが、ノンフィクションの知識吸収が本の醍醐味です。

よって、手に取る機会と知れる機会を多く持てる参考書を購入するということは、資産価値(財産価値プラス)を有していると考えられます。



参考書を購入して読書をすることはメリットが計り知れないのだ。

私の読書テーマで必ず出てくる年金問題ですが、最初年金を知るきっかけをくれたのは、FPの参考書でした。

ファイナンシャルプランナーの参考書を手に取り購入し、自分なりの勉強方法を確立し、知見を広げました。すると、次第に他の参考書も手に取ってみたくなり、

本を連続で購入する快挙を成し遂げました。今まで、本を購入した経験がなかった私から見たら、とんでもない珍事件ですよ。

本を読むと、時間の経過が早く感じるんですね。もちろん、集中できない時も多いですが、最近では集中できることも多くなってきましたね。

知識が増え、知識が知識を呼ぶ状態を作り上げることが可能となったのです。あなたも、必ず読書をしましょう。

読書は、財産なんです。あなたの生活を豊かにする確かな財産なのですね。自分自身を知るということにも繋がるかもしれません。決して大げさな話ではありません。(*´︶`*)イケイケ



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)