日本の最低賃金(最低賃金制度=最低賃金法)は、全体的に安い(低い)と言わざるを得ない。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)シャカイホケンノセイビ

付加年金は、将来受け取る老齢基礎年金に上乗せしてプラスするための金融商品です。つまり、生活保護の法定免除の間、対象外です。

資本主義(自由主義経済)

あり得ないほとお得(?)な、付加年金 | 年金情報部

現在、障害基礎年金(1級又は2級)を受給しています。加入する国民年金は法定免除になっていますが、保険料を追納する際に注意する点はありますか。

日本は、欧州と比べても社会保障制度が安定している国であると断言できます。出産手当金や後期高齢者医療制度、そして、年金生活者支援給付金など、数と幅も多いです。

アメリカ合衆国の場合、社会保障制度が世界の国々と比べて維持されているワケではないので、資本主義(自由主義経済)を加速化させている現状があります。

今回は、日本の最低賃金について言及するワケですが、日本の賃金格差は正直言ってバランスが取れていません。

埼玉は東京で物価が同じなのに、賃金は、田舎だから最低賃金は低く見積もられており、埼玉の最低賃金は、898円となっております。

ちなみに東京は、985円ですね。

雇用情勢や、都会と田舎の人口分布から推察するに、今のところ仕方ない最低賃金制度の中ある最低賃金法ですが、2019年の山本太郎さん率いる令和新選組に、

是非、日本を変えてもらいたいものですね。



日本と、アメリカは経済大国である。中国も人口を味方にGDP(国内総生産)を築いてきたのだ。

自由主義経済(先進国)と言われているアメリカや日本の間では、競争が経済を発展させてきました。

北朝鮮やその他国々では、競争という概念はなく、国と人々が共同で産業を支えることになり、競争を行わなかった結果として、発展途上国に成り果てました。

アメリカと日本は、かつて経済大国でしたが、今の日本は経済大国ですが地位が揺らぎ始めています。アメリカが1位で日本は、現在3位の経済大国です。2位は、中国ですね。

経済大国を決める基盤になるのが、国民総生産(GDP)です。国民総生産には2つの種類があり、名目GDPと、実質GDPが存在します。

また、GNI(国民総所得)という指標もあり、非常に複雑です。

日本は、経済大国から遠ざかっていますが、理由は、他の国と比べて人口が減少し、元から人口分母が少ないという理由があります。

なので、一時期はGDPが各国に抜かれる恐れはありますが、2020年に向けて以降、経済大国に復帰する余地は十分にあります。

少なくとも、経済大国10位以内には入っているので安心してもよいでしょう。

ちなみに、日本は元々、世界第5位の人口数を誇っていました。高度経済成長が始まる前の1950年での出来事です。(アメリカ、ロシア(ソ連)、インド、中国、日本)



何故、最低賃金の格差が生じてしまうのか?

神奈川県と東京は隣接し、公共交通機関が発達していることが要因で、生活必需品に困ることはありませんよね。

また、ネット宅配(インターネットショッピング)の交通網も非常に普及しているので、仕事が多く、東京一極集中も、仕事が都会に集中しているからといえます。

以上の理由がきっかけで、最低賃金格差が、都道府県ごとに生じてしまうんですね。田舎であれば、自動車が手放せない生活になりがちですし、

田舎であるほど、遊べるお店や場所も限られています。東京だけを豊かにしていくのではなく、地方にも財源を回して、発展させていこうとするのが、山本太郎氏率いる、令和新選組の考えなんですね。

同じ仕事内容だとしても、都道府県によって貴重な仕事であれば給料は高く、誰でも取り組める仕事であれば当然競争する人材が多く集まるので、仕事不足にも陥りますね。(賃金は安い)

これが、最低賃金格差の根底です。時給1500円は特段高い金額とはいえません。社会保険料等を差し引いた額で、20万円です。(所得税、住民税、厚生年金保険料、健康保険料)



最低賃金が一律1500円を実現すれば、日本経済は活性化する。

現実問題として、難しいという言葉がお似合いの一律1500円という最低賃金法を無視した内容(政策)ですが、難しく考える必要はありません。

むしろ、日本政府による無駄遣いが1500円賃金を遠ざけている側面が大前提として存在するので、国民一人ひとりの責任でもないんですね。

山本太郎さんは、世間からバカにされている風潮がありますが、国会議員となり、総理大臣になった場合、以上の内容が実現される可能性が飛躍的に高いのです。

もちろん、一律時給1500円になれば、中小企業はやっていけない。大企業の恩恵はどう責任を取るつもりだと考える人はいますよね。

しかし、今までが異常だっただけです。目を覚ましましょう。

そもそも、週5日8時間労働という内容自体が、指摘されている日本ですから、雇用情勢に関する方針を改善する必要が迫っています。

日本政府がこれまで隠してきた事実を全国民に知らせる良いチャンスだと考えて、ある意味での罪を償ってほしいですね。

小規模企業共済や、国民年金基金の存在理由も分かるようになるでしょう。ちなみに、国民年金基金に加入する場合は、付加年金を受け取ることはできません。

生活保護と、障害年金を受け取っている人は、付加年金を受け取ることはできませんが、障害基礎年金だけを受給している人は、

付加年金を国民年金保険料にプラスという形で支払うことが可能です。加給年金もあります。老齢基礎年金と、

障害基礎年金は同じ財源なので、生活保護とは違い法定免除対象外です。しかし、申請免除扱いになるので、障害年金とプラスの付加年金を支払うことができるという算段です。

国民年金保険料の法定免除制度

あり得ないほとお得(?)な、付加年金 | 年金情報部

現在、障害基礎年金(1級又は2級)を受給しています。加入する国民年金は法定免除になっていますが、保険料を追納する際に注意する点はありますか。

付加年金は、将来受け取る老齢基礎年金に上乗せしてプラスするための金融商品です。つまり、生活保護の法定免除の間、対象外です。



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)