良い汗をかくことにメリットはあるのか?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)イイアセダイジ

人間には、体温調節機能である、汗をかくという本能的な役割を行う場面が多いです。今の時期であれば、夏ですから、夏は大量の寝汗をかく人が多い印象ですね。

良い汗であれば、体にメリットを及ぼしますが悪い汗であれば、あなたにとっても、周りにとっても不快な臭いとなって増幅します。

汗の驚きの効果に迫ります。



良い汗は、体の老廃物を排出し毒素も取り除く効果を生み出す。体を正常に保つために汗は努力しているのだ。

「いい汗」はメリットいっぱい!日常ですぐできる汗トレ小テクニック | LEE

良い汗と悪い汗のかき方の根本的な違いは、この毒素を排出するか有害な老廃物を除去してくれるのか、によって分かれているといえます。

良い汗の特徴として、夏バテすることを防ぐ役割があります。夏場の外気温は、推定31度から、39度付近にまで達しますが、良い汗の場合、汗の体温調節機能が活発に働き、

汗腺再吸収機能によって、血中のミネラル不足を防ぎ、熱中症予防にも大きく貢献します。

エアコンの効いた場所に、ずっと、滞在していると、汗の体温調節機能が正常に働かなくなるので、いざ、熱い場所に移動するとなったとき、早期に熱中症になってしまうんですね。



良い汗は、自身の体に眠る臭いとベタつきを抑える効果もある。

良い汗には、臭いはほとんどなく、汗が肌に留まることで次第に雑菌が増えていき、臭いを誘発させる構造なんですね。

あなた自身から臭いが出ているワケではないんです。良い汗をかくことには抵抗を感じる必要性はなく、いい汗ほど不純物がないため臭いがありません。

汗トレというものがあり、意図的に不純物を取り除くための汗をかく方法が存在します。

飲み物を熱い飲み物に固定して生活することは、汗トレに重要なことです。クエン酸飲料や、ミネラル飲料などが最も適しています。(お酒とコーヒーは厳禁。)



エアコンの冷房テクニックを駆使し、時間差で勝負を決めよう。

冷房テクニックは以下になります。

室内と外の寒暖差を緩和するため、外出する15分前には冷房を切る。

「冷房の温度が低すぎると、外に出たときかえって汗がドッと噴き出すことに。設定温度は外気温-5℃以内にし、外出15分前には運転を止めて温度差をならして」

冬場のお風呂と、夏場のお風呂で入るためのテクニックが違いますよね。温度差から生じるヒートショック減少が最たる例ですが、

人間の体は、いきなり温度差が生じる環境を嫌います。夏と冬では20度以上、気温=室温が違いますので、気を付ける必要があり、

今回の冷房テクニックでも、設定温度は、外気温からー5度程度が理想だとされています。人間の血管伸縮が主なヒートショック、熱中症の原因となります。

熱中症に限って言えば、ミネラルの不足、クエン酸の不足による症状ですので、冷房テクニックと交えた対策が必要です。

特に、御老人の場合、汗をかく機能が衰えるので、よい汗をかける可能性が低くなり、熱中症に陥りやすいので、十分に気をつけてほしいです。(*´︶`*)b

高齢者は体温調節が重要?!その理由と注意点とは



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)