障害年金生活者支援給付金(政令)の申請方法(請求手続き)は?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)シエンキュウフ

年金生活者支援給付金制度について

2019年10月1日施行予定の各種、年金生活者支援給付金ですが、この制度は、低所得者へ向けた配慮といっても過言ではありません。

今、あなたのもらっている老齢基礎年金が少ない、障害年金を受け取っているけど生活保護は受けていない場合も勿論、年金生活者支援給付金の給付条件に該当します。

生活保護障害年金を同時に受け取っている場合も、年金生活者支援給付金は、受け取れます。年金生活者等支援臨時福祉給付金については期間が終わっている可能性があります。

給付額は、5000円~6042円(6250円)などでバラつきがありますが、あなたが、老齢基礎年金を受け取っているのか、障害年金を受け取っているのかで額が変動します。

もっというと、あなたが、納めてきた国民年金保険料の納付額によって、もらえ給付額は変動しますが、毎月必ずもらえるお金になるのでプラスになります。

受け取るべき給付金であることには間違いありません。

年金生活者支援給付金の申請方法は、各、都道府県の日本年金事務所または、日本年金機構=認定請求から送付される書類に記入する手続きだけでOKです。

※年金の相談は全国の窓口で可能です。

添付書類は不要とありますが、一応、年金事務所に書類提出の際、持っていける準備品は備えておきましょう。



そもそも、年金生活者支援給付金とは何か?

年金生活者支援給付金については、以下の定義となります。

年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入や所得額が、一定基準以下の年金生活者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

つまり、低所得者に配慮した年金上乗せ支給を行いますが、あなたの国民保険料納付額によって変動するという内容ですね。

月々、5000円の上乗せが確定するとします。その場合、年間、60000円のお得になります。1ヶ月に5000円のプラスは大したことがないと思う人は多いですが、

月々、5000円を貯金することができ、5000円で公共料金支払いを手助けすることもできるので、決してバカにならない金額です。



障害基礎年金を受給している人も、障害年金生活者支援給付金を受け取ることができる。

障害厚生年金を受け取っている人は、障害年金生活者支援給付金を受け取ることはできませんが障害基礎年金を受け取っている人は、障害年金生活者支援給付金をもらうことが可能です。

あくまでも、年金生活者支援給付金は、低所得者へ向けた配慮なので、障害厚生年金を受け取っている人は、障害基礎年金だけをもらっている人より、給付額が多いので対象外なのです。

収入が少ない年金生活者に、月5千円が支給される「年金生活者支援給付金」

障害基礎年金と、障害厚生年金両方とももらっている人は、一度年金事務所に訪れて自分が、障害年金生活者支援給付金をもらえるかどうか聞いてみましょう。



年金生活者支援給付金の制度内容を、年金事務所ホームページで確かめよう。

年金生活者支援給付金制度について

年金生活者支援給付金は、名前の通り複雑な仕組みであり、老齢基礎年金などを利用している人からしても、難しい内容です。

一度、年金事務所公式ホームページに訪れたり、年金事務所へ直接出向く方法が一番早く情報を仕入れられるコツです。

ブログアフィリエイトアフィリエイトサイトで年金生活者支援給付金について解説していますが、一番正しい情報を知るためには、直接出かけて年金事務所に聞くことをおすすめします。

また、年金事務所に出向くメリットは、ネットで書かれている内容よりも、濃く正確な情報をあなたに最速で届けてくれるところです。d(*´︶`*)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)