YouTube規約、『炎上目的で他者を侮辱する事の禁止』を、新たに【規約改定】として追加。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)カイテイホウリツ

最近、YOUTUBE(グーグル)が新たな禁止事項を、広告掲載時に付け加えました。

シバターが引退宣言ーYouTubeの規約改定とは?

この突然の変更は、有名ユーチューバー、シバターさんや、海外の悪ふざけユーチューバーの広告掲載を禁止する形となり、インターネットの世界が混乱しています。

個人的には、ユーチューブというプラットフォームは、決してテレビで見れない、知れない情報を共有、取得できるツールとして、大変便利でありがたいのですね。

確かに、グーグル側(企業側)視点から見れば、迷惑行為を起こしたり、炎上を狙うユーチューバーを規制したくなる気持ちは分かりますので、なんとも言えないのが正直な気持ちです。

しかし、あなたが、ユーチューブをこれから初めてお金を稼ぐことはできます。

正々堂々、あなたが、人々を楽しませる動画を配信していけば、自然とファンは増えていくので、焦る必要はありません。

やはり、最後に勝つのは、真面目なコツコツタイプの人間です。



YOUTUBEというプラットフォームは、人々を楽しませる動画を作る人だけが、収益化を許される事実がある。

そもそも、酷なお話ですが、炎上目的で動画をアップロードすることは誰にでもできます。

申し訳ありませんが、グーグルという世界的大企業という立場から見ても、芸能人や、一般人を侮辱、傷つける迷惑行為を許すわけにはいかないんですね。

シバターさんは、人の悪口を売りにしてお金を、今まで稼いできました。

昔から、アダルト関係や麻薬関係についての動画は、非常に厳しい取締りが行われていたんですが、理由は、単純明快で、

世界的に視聴されているプラットフォームである側面が強いので、世界中のお手本にならないといけないんですね。なので、営利団体=グーグルさんも、日本のテレビ番組同様に、

規制を厳しくせざるを得ない状況なんです。グーグルは、多国籍企業ですが、日本にも進出し、以後、YOUTUBEがグーグルに買収され、今の現状が続いています。

シバターが引退宣言ーYouTubeの規約改定とは?



YOUTUBE一般視聴者の私からしても、健全なユーチューバーが増えてほしい。

シバターが引退宣言ーYouTubeの規約改定とは?

グーグルやユーチューブは、お金儲けを目的とする営利団体です。つまり、先ほどの通り問題のある、ユーチューバーを生かしておくワケにはいかないんですね。

健全なという表現を使ったのには理由があります。

それは、今の日本国家では決して教えることはない税金面、社会保険のルール、日本経済の行方、年金問題と制度など、健全な学ぶべきことをユーチューブでは学べるからです。

この違いは大きいです。たとえば、年金問題ですが、将来年金が破綻することは有り得ないんですね。日本政府が潰れて初めて年金が崩壊するシナリオを迎えます。

このように、表の情報だけではなく、裏側の情報と得になる知識をあなたに教えてくれるのが、健全なユーチューバーであり、YOUTUBEというプラットフォームなワケですね。



改めて、ユーチューバーは生活を安定させることが難しい職業であることが浮き彫りとなった。

グーグルが、広告単価を操っている以上、ユーチューバーにできる対策は限られています。炎上系ユーチューバー、シバターさんも今回の規約改定で多大なるダメージを受けました。

収益化することができなければ、彼は、ユーチューブを引退すると公言しました。それぐらい、ユーチューブという職業はルールに縛られているということです。

好きなことを仕事にする代償は、思ったよりも大きいのが現実なんですね。

ブログアフィリエイトは、ルールがありません。あなたの頑張りを本当の意味できちんと評価してくれますよ。(*´︶`*)b

シバターが引退宣言ーYouTubeの規約改定とは?



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)