障害年金=受給期間はいつまでなのか?支給再開する方法をご紹介。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ジユウノメガミ

障害年金を受け取るために、国民年金保険料を支払っているといっても過言ではないワケですが、障害年金を一度受け取ることができれば、

あなたの病状が良くならない=改善されない限り、死ぬまで受け取り続けることができる心強い金銭援助なんですね。(有期/無期)

障害年金の受給期間はいつまで?停止したら審査請求・支給再開も検討。

その金銭援助の背後には、日本国家が存在し、豊かな財源をあなたに提供するのですね。

しかし、約2900人の障害年金打ち切りによる波乱の幕開けにより、公的年金の立場が危うくなる状況になりました。



障害年金を受け取るメリットは?

あなたが一番知りたがっていることは、障害年金を受け取ると、どのようなメリットを生み出すのかですよね。

障害年金は、規定された病状に該当したとき、国からお金を受け取ることができる制度です。

たとえば、うつ病であれば、障害基礎年金がもらえたり、うつ病になる前に、厚生年金保険料を支払っていたのであれば、

障害基礎年金にプラスして、障害厚生年金を受け取ることができます。

障害年金を受け取る一番のメリットは、金銭給付=金銭援助を、病状が良くならない限り永久的に受け続けることができるということです。

障害基礎年金の場合、毎月6万5000円支給ですが、この6万5000円の支給が、病状が改善されない限り死ぬまで継続されることになります。

厳密に言えば、2年に1回の有期更新無期更新)があるので、精神科医に、障害年金専用の診断書という形で発行してもらってから、

一度年金事務所に送り、障害年金受給の合否を決めてもらいます。

生活保護と、障害年金を同時に受給することはできますが、障害年金より生活保護のほうが額が多い場合、生活保護で4万円、障害年金で6万5000円の支給という形になります。

あくまで、生活保護は、必要最低限の生活を保障する日本国憲法25条の制度(法律)なので、差し引き計算で国民(あなた)の給付額を決定します。

障害年金の受給期間はいつまで?停止したら審査請求・支給再開も検討。

『 お金の心配をしなくても良い 』というのが障害年金一番の強みといえます。



生活保護にも、メリットが多数存在する。デメリットは、存在しない。

障害年金と肩を並べる存在になった生活保護制度ですが、就労指導、収入申告などのデメリットを度外視しても、破壊力あるメリットの存在が大きいです。

障害年金も、生活保護も、半分税金で賄われているワケですが、生活保護には障害年金に存在する受給期限という概念が存在しません。

つまり、あなたが金銭的に困っていれば、あなたが困っている間、生涯にわたり必要最低限度の生活が死ぬまで保障されるということになります。

もちろん、生活保護に飽きたから生活保護を自分から抜けることもできます。(廃止/停止)

生活保護に飽きた=人生100年時代における、就職の意欲を見せたということになります。素晴らしい判断ですよね。

究極のことを言うと、生活保護申請を一度受理されたら、あなたは、一生お金に困る必要がなくなるということを意味します。

日本の法律で定められている以上、使わない手はありません。障害年金も合わせて受け取ることができるので、両者は事実上、最強のタッグといえます。

障害年金の受給期間はいつまで?停止したら審査請求・支給再開も検討。



障害年金の支給再開(申請)を希望する方法。

障害年金の受給期間はいつまで?停止したら審査請求・支給再開も検討。

ちなみに、障害手当金もあります。

障害年金がもらえなくなる理由は、大きく分けて以下の2つになります。

①受給権が消滅する(失権する)ケース

②支給が停止するケース

更に細分化すると以下になります。

①障害認定基準に該当しなかった。

②必要書類を期限内に提出しなかった。

③第3者行為による障害で、損害賠償金を受給する場合。

④労働基準法の規定による障害保障を受給する。

障害年金を停止された、自分で停止した場合でも、あなたの病状が再び該当するレベルの病状レベルに到達していれば、再び障害年金を受給することができます。

書類を提出し再受給という形になります。

このように、生活保護と障害年金は、私たちにとって最強と言っても過言ではない恩恵があるんですね。(*´︶`*)b

障害年金と生活保護等との調整について。



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)