失業給付金(失業保険)を申請する方法は?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ハレバレ

得する失業保険。仕事を辞めてもすぐに申請しない方がよい理由。

日本には、優れた制度が数多く存在しますが、その中でも、傷病手当金と失業保険(失業給付金)は、ズバ抜けて価値があります。

今回は、その中でも、有名な失業給付金=失業保険に焦点を合わせていこうと考えていますが、サラリーマンとして、OLとして、

時には、アルバイトやパートなどで雇用されている立場の人には大事なお話です。人生を諦める必要なんて、正直これっぽっちもないですからね。(*´꒳`*)b



失業給付金=失業保険は、2つの申請方法が存在する。

大前提として、失業給付金の受け取りには2つのパターンが存在することをお知らせしておきます。

退職理由や、あなたが会社に貢献してきた理由(業務内容)などによって、失業給付金の制限が課せられますが、自己都合退社の場合、不利になります。

つまり、会社都合の場合は、すぐに失業給付の支給(給付制限なし)は行われますが、自分が原因で退職した場合には、3ヶ月先まで支給が延期されるということですね。

通常、自分から職場を離れたり仕事を辞めることは、考えづらいので大体の人は、後者のパターンに落ち着き、すぐに会社都合の理由により、失業保険の失業給付が行われるでしょう。

失業保険手続きから受け取りまでの流れ。



失業給付金を受け取るための申請方法。

傷病手当金同様に、申請する行動を起こさなければ失業給付金はもらうことができません。以下に流れを説明します。

あなたの所属するハローワークに出かけることが重要です。

ただし、出かける前に持ち物を確かめておきましょう。

まずは、ハローワークに赴き求職の申し込みをすると共に、失業給付金(手当)保険の受給申請を行います。必要な書類は下記となります。

・雇用保険被保険者離職票
・本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの
※運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等
・写真(縦3cm×横2.5cmの正面上半身、かつ3か月以内に撮影したもの)2枚
・印鑑
・本人名義の普通預金通帳
・個人番号確認書類(いずれか1種類)
マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書)

あなたに必要な持ち物が準備できたら、ハローワークに赴いて、失業給付金の申請を職員さんと共に進めます。

その後、待機期間として7日間、あなたは日数を待つ必要がありますが、次の仕事を探したり、他にできること、努力できることはないかを探しましょう。

また、失業給付金を受け取ってから、なるべく自堕落な生活を送らないようにするために体を鍛えたり、散歩に出かけたり、自分自身に対して厳しくすることも大事です。

サラリーマンとOLの世界は、毎日決まった時間に出社するということが一番大事なことなので、朝早く起きて、夜はなるべく、早く寝ることも必要になってきます。

自己管理は忘れてはいけません。(´・_・`)

失業給付金をもらうには?



待機期間、7日間が存在する理由は?3ヶ月の失業給付金の制限日数にも理由がある。

失業給付金や、傷病手当金などの制度は、通常働ける人がやむを得ない事情でお金を受け取るための法律(支援策)です。

つまり、自堕落な生活を送っていいという理由には該当しないために、最低7日間の待機期間、考える時間が与えられ、更に、自分の都合で会社を辞めた場合に限り、

3ヶ月間の給付制限が課せられるワケです。理に適っていると言えば正しいですが、労働者=雇用されている立場の人から見れば、不利な条件です。

再就職活動を促すための期間なので、先程申し上げた自堕落な生活へと落ちることがないように徹底するべきです。

ただし、傷病手当金や失業給付金の制度、生活保護、障害年金などのサービスを利用しても、恥ずかしいと思う必要性は一切ありません。

日本のセーフティーネット制度として存在していることが明確なので、あなた一人が利用したとしても日本経済に打撃はありません。数多くの人が利用しても同じことが断言できます。

世の中を賢く生きていきましょう。(*´︶`*)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)