傷病手当金(公的保険=健康保険)を、受給(申請)する方法は?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ウキウキ

日本の公的制度は、充実しています。

それらの補償は多岐にわたり、私達の生活を豊かにしたり金銭援助を行い補償してくれたりと、様々な制度を展開しています。

特に、大事になってくるのが、いざとなったときの心構えという意味での、傷病手当金です。失業給付とは全くの別物ですが、健康保険という意味では同じ枠組みで存在してます。

失業給付と、傷病手当金の共通点はどちらも、あなたに金銭を支給してくれる存在だということです。



傷病手当金の詳細内容を知っておこう。

傷病手当金は、生活保護と同じように自ら申請する必要があります。

傷病手当金の申請方法と詳細。

ここで、傷病手当金の支給条件を説明します。

①仕事以外で、怪我や精神疾患を負い、働けない状態になったとき。

②医師や雇用主(経営者)に、仕事ができないと判断されたとき。

③4日以上、仕事に就くことができないとき。

④休み中に、給料支払いがないとき。

以上になりますが、仕事中や通勤中に、あなたが怪我を負ってしまった場合は、労災保険(労働者災害補償保険)の中にある、休業補償給付に該当するので、支給の申請を行いましょう。

日本は、知っていれば税金面や所得面で有利になる国です。税金は、お金持ちのための金銭政策だとも言われていますが、日本国家が上手く機能しているのも、税金のおかげですね。

因みに、就業不能保険という金融商品もありますよ。

就業不能保険について。



傷病手当金には、請求期限がある。早めに申請書を提出しよう。

傷病手当金の申請書提出には、時効が存在します。

つまり、その日を過ぎてしまうと、あなたは傷病手当金を受け取れなくなってしまうことを意味します。正式には、傷病手当金を受け取るための権利が失効したということです。

早めに行動しておいたほうが得だということですね。

傷病手当金を申請してから支給されるまでの期間は、早ければ2週間、遅ければ3ヶ月程度かかると想定されるので、

保険会社自体と、勤務先の会社それぞれに、支給開始日を打ち合わせして聞いておいたほうが望ましいでしょう。



障害基礎年金と、傷病手当金は同時に受給することができる。ただし、併合調整(支給調整)が行われる。

結論を申し上げた場合、障害基礎年金傷病手当金は同時に申請し受け取ることが可能です。

ただ、同時に受けても、あなたのもらえるお金が増えるワケではありません。減らされたり増やされたり、調整されるんですね。

この調節機能を、併合調整(支給調整)といいます。

傷病手当金は、一般的に障害基礎年金よりも多いために、傷病手当金は支給されます。障害厚生年金と、傷病手当金の同時申請(受け取り)は原則できません。

傷病手当金と障害基礎年金を同時に申請する方法。

このように、豊かな日本は私たちを守ってくれます。年金崩壊もあれは嘘の情報です。

確かに、年金支給額は今の現役世代から考えると、少し目減りしますが、年金自体は機能していますし、年金崩壊=日本国家の崩壊です。

なぜなら、年金の資金源は、半分社会保険料で、残りの半分が税金で賄われているからです。

社会保険料と税金は全くの別物ですが、それらの財源を同じ管轄の資金源として利用するので、最終的には年金崩壊の心配が要りません。

日本国民の8割が働かなくなった場合、初めて日本国家崩壊のシナリオを考えるべきです。

ピラミット階級がダークな情報として存在しますが、官僚、国会議員クラスは、毎月129万円相当の給料を可処分所得として受け取っています。

サラリーマンの生き方は大変でしょうが、人には人生がある。あなたの人生は、あなたらしく堂々とすればいいんですよ。他の人関係ありません。

自分がどうしたいか、そうでしょう?(*´︶`*)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)