自動車(車=タクシー)に乗るメリットは?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)クルマ。

最近、仕事の都合でタクシーに乗ることが多くなりました。

資産とは何か、節約とはどういうことなのかを深く考えていくと、自動車は費用が莫大にかかるし、利口ではないかなと考えていました。

しかし、タクシーに乗車することが多くなったことがきっかけで、実は自動車という乗り物は便利だと分かってしまいました。

公共交通機関を利用しない方法としても、自動車、またはタクシーに乗るメリットは確実に存在します。メリットを提案します。



タクシー会社が、決してなくならない理由が分かった。

自動車は、その名前の由来どおり、自動で目的地まで人を運んでくれる機械です。

自動という機能は便利です。最近では、電動キックボードや、電動=自動で走る電動アシスト自転車まで登場しました。

更に、電動ではないアシスト自転車の登場により、安価な値段で楽に走行できる乗り物まで開発されました。

タクシー会社がなくならない理由は、2つあります。1つ目は、仕事が定年を迎えた人の職場として活躍している側面があるからです。

タクシーのドライバーで若い人は多くありません。割合で例えると、大体7割は50才以上のシニア層が、ドライバーを担っている状態なんですね。

日本の人口の半分以上が今、現在高齢者なので、この少子/高齢化社会は2045年までに、更なる深刻状態が予想されています。

2つ目は、自動車免許がない人でも自動車によるメリット=恩恵を受けることができるからです。

自動車免許は取得するのに時間がかかります。大体費用を見積もっても20万円から30万円程度かかりますよね。つまり、捉え方によっては負債となるわけです。

自動車が全部負債だとは思いませんが、それを思わせるぐらいお金がかかるし、時間も必要になります。

しかし、その時間とお金をかけてでも便利な自動車なので、文句はないし負債とも言えません。



自動車に乗るメリットは、移動時間を大幅に短縮できるという絶対的なモノが存在する。

なぜ、免許を取得してまで車を運転するのか、それは、移動時間の無駄を省き、余裕ある時間を生み出すために必要不可欠なモノだからです。

公共交通機関を使おうとすれば、満員電車に揺られることも多くなり、ストレスを感じる場面が多々ありますよね。

時間通りに出発しなければ確実に遅刻してしまう人も世の中には多く存在します。朝6時に起床して仕事の準備をする人達が大半なんですね。

自動車を使えば、仮に30分行動が遅れたとしても、自動車のスピードで取り戻すことができます。近い職場であればあるほどその恩恵は大きくなりますが、

遠い職場でも、自動車は、力を発揮します。荷物が多くても車というカゴに入れ込めばどんな重いものでも運ぶ物流という役割を担ってくれます。

自動車のメリットは、体験しなければ分からないぐらい協力なんですね。宝くじを買うぐらいなら、自動車、軽自動車に投資したほうがよいです。



隣県にすぐ出かけることができ、日本国内、いつでも、どこでも、行動できる行動範囲が得られる。

自動車所有の一番のメリットかもしれませんが、今まで生きてきた、あなたの生活行動範囲幅を日本国内に限り、極限まで広げることが可能になります。

つまり、言い換えると、日常生活が楽になり楽しくなります。自動車事故もあるので、全てがメリットかと言われたら微妙ですが、価値は確実にあります。

家族に異変があった場合、すぐに迎えに行くことができるし、安心ですよね。隣県に出かけるときだって、高速道路を使えば、疲れないで目的地まで辿り着けます。

東京から北海道の往復でも、ちゃらへっちゃらです。お金も時間もかかる自動車、タクシーですが、お金が必要=便利と後の時間を生み出すためのカギなんですね。(。・_・。)b 



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)