50歳からの人生は楽しいのか。それとも、新しい始まりなのか?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)50タノチイ

人間は、必ず歳をとります。どんな人でも美人でも、美形でも、失礼ながら古くなります。しかし、その古さとは、悪いことばかりでもありませんよ。

私自身、今現在若いですが、それなりの経験はしてきました。あなたも、いざ、自分が50歳になったら、どんなことを想像するでしょうか。

今現在、2019年です。今後も人生を楽しみましょう。50歳だからこそ活かせるメリットもあるんですね。



50歳だからこそ、元気になってみる。

20歳、30歳、そして、40歳、分岐点の50歳と年齢の加速、加齢は止めることはできません。歳をとるに従って、黙って諦める、元気を無くすのでは意味がありません。

高齢者でも、食事の管理、毎日の運動、日々の考え方次第で元気でいることができます。高齢者だから、萎れていくのは、考え方を洗脳されているとも言えます。

日本社会において、高齢者は不要だとされています。残念ながら事実です。しかし、あなたには関係がありません。元気でいればいいんです。

元々、20歳だろうが、50歳だろうが、同じ人間なんですからね。年金問題は、マクロ経済スライドがなんとかしてくれるでしょう。

50歳だからこそ、本気で頑張るべきです。何を頑張るのか、それは、あなたの心に眠っているはずですよ。



20代だからこそ、必ずしも社会的に重宝されるワケではない。50代だからこそ、人材市場競争に勝てるのだ。

20代という年齢は、市場価値においてレベルが高いのは事実です。

しかし、高齢者のほうが経験という意味では上です。むしろ、多くの経験を兼ね備えたシニア層の人たちは、社会的において、相当価値が高いと言えます。あなたのことですよ。

年齢において、動きが変わるのは仕方ありませんよね。企業側からしてもシニア採用が難しいのは承知ですが、現実として50代が仕事に採用されている人が多いことも、また事実なのです。

あなただけにしかできないことだってあるわけです。

この時点で年齢は関係ないですよね?

行動してみないと結果は分からないということです。

d( -ω-*)b…。



いつから、50代が使えない人材だと決まったのか。洗脳されているのは、あなた自身なのだ。

今の日本社会は、おかしいです。失礼を申し上げると、働きすぎて死ぬ人も多いです。過労死ですよね。おかしいと思いませんか?

日本企業からすれば、優れた人材を求めている気持ちは理解できますが、労働者は、労使協定に基づいて行動、労働をしています。

必要があれば、労働基準監督署に出向き、過労死ライン超(ブラック企業)を、働いている社員が報告し、解決します。このように、日本は真面目な国民性のために、働きすぎて死亡する犠牲者が多発しています。

日本の教育では、お金のことや、経営についてのお話は議論されません。つまり、労働者という枠組みしか入れないのが実情なんですね。

50代だからこそ、社会的経験を持ち合わせているので、活かさない手はありません。むしろ、これからも、眠らせておくのはもったいないスキルがあるはずです。

過労死問題についても、ブラック企業についても、50代であれば、事前知識と行動範囲が広いので、なんとかなります。

つまり、この時点で50代のほうが有利ということになります。

そして、『人生の本当の旨味は50代にある』…。

ということも忘れてはいけません。フムム(-ω-*)

50代は楽しいんです。どうでしょう?

2050年、歩んでみませんか。



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)