節約は、固定費と変動費を見直すことで、お金を貯金できる。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ジッタイケン

お金が貯金できない、日々の生活でなんとなくお金に余裕がない人がいます。そんな人は、お金を浪費という形で使ってしまっている可能性が高いです。

つまり、無駄遣いをしているので、節約する上での悪い癖が発動しています。この無駄遣いをやめるには方法が存在します。

今回は、私の実体験をお話します。この内容は、節約初心者にとって難易度が究極に高いのでお勧めできません。上級者となります。



お金を節約する上で大切なのは、無理をしないことである。

節約する上で欠かせない言葉、それは、固定費と変動費です。

固定費とは、携帯の通信料金、WIFIのネット代、スポーツジムに通うお金、毎月決まったサービスに消費するためのお金です。

変動費とは、食費や、光熱費、自らの努力次第で消費するお金を減らしたり増やしたりすることができるお金です。

大前提をお話したところで、節約に対する重要なことを教えますと、決して、無理をしないということが一番大事です。

節約をしすぎて、時間経過と共にストレスが発生している状態では意味がありません。

逆にストレスの影響で余計な浪費を増やしてしまう可能性があるので、そんなときは少しずつのお金を節約する気持ちで挑みましょう。



私は、冬でも夏でも、エアコンを使わない。お風呂も年中5分のシャワーだけで済ませている。

光熱費とは、毎月どうしてもかかってしまう固定費でもあり、変動費なんですね。お風呂に入るときには、電気代、ガス代、水道代全てかかります。

そんな私は、パソコン仕事である職業上の特性として、家からあまり出ないタイプなので、身だしなみを気にする必要がありません。

つまり、節約し放題なわけですね。エアコンも同じで、夏は冷たい飲み物、冬は電気ストーブレベルで乗り越えることができてしまうんですね。

節約は、正直、人間の性格を選びますが、貴方が私と同じようなタイプであれば相当な節約上手なはずです。

私の月々の光熱費は、合わせて6000円です。都市ガス、プロパンガスの違いにより節約方法が異なります。

10万円以下で生活できるか実験で行っているので、また、近いうちに報告します。正直に言うと、6万円でも、生活できます。ミニマリストにも引けを取りません。

でも、節約やり過ぎはだめですよ。(。・_・。)b



日々、使うお金に感謝することで貯金できるようになる。商品を購入しない生き方を選択しよう。

悲しいというか、経済の本質を少しだけお話すると、誰かの商品購入代金は、誰かのお店や個人の収入になっているということです。

つまり、あなたが、商品を購入する機会を多く持ってしまうということは、考えれば、誰かの懐(フトコロ)に、あなたの大切なお金が渡ってしまうことを意味します。

言葉には、消費、浪費、投資が存在しますが、あなたが勉強するのは、消費と投資です。浪費は、節約できれば問題ありません。

ミニマリストさんは、月額7万円で生活している人もいますが、私は、驚異的な6万円です。生活費5万円程度になってくると、アルバイトでもいいのですが、

今の時代、ネットビジネスが生きるのですから、やらない手はありません。楽にお金を稼ぐこともできますが、日々、自分が使うお金に感謝することが重要なんですね。

10円は、1枚だけでは、10円ですが、10枚集まると100円になります。100円が10枚集まると、1000円になります。

当然、1000円が10枚になると、1万円に化けます。このように、とある、お金やある紙幣は積み上げ式で成り立っているんですね。

究極の節約方法は、自分の心を改革することなのです!!d(。・_・。)b



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)