障害年金(公的年金=障害基礎年金・障害厚生年金)の受給資格と貰い方は?

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ネンキンキキン

日本の国民なら、もし、重大な怪我に陥った時、助けてくれる救済年金が存在します。その年金は、あなたが、20歳以上の若さでも、無事に受け取ることができる年金です。

最も、年齢がとある水準に達したとき、現行法では、65歳以上のお年寄りが受け取ることができる老齢基礎年金、定年まで働いた後、国民年金と+αとして受け取ることができる、老齢厚生年金がありますが、

スポットが当たっていない、有名ではない年金が、今回ご紹介する障害年金です。障害年金とは、あなたが怪我や、精神的な病気に陥った時に、支給され続ける生涯に渡る大切な年金です。

つまり、あなたの病気が治らない、完治しない場合、永久的にもらい続けることができる年金となり、あなたの生活に大きく金銭的に貢献します。

障害年金は、通常の公的年金と同じで各種年金事務所に行き登録と受給を行います。審査に合格し、銀行の通帳に満額、振り込まれることになります。

今回で学んでいきましょうね。(。-_-。)ウムム

障害年金についての説明。



障害年金には、2つの種類がある。もちろん、年金は、多くの額貰える方が良いに決まっている。

障害年金には、大きく分けて2つの種類があり、障害基礎年金と障害厚生年金が存在します。あなたが、過去に働いていたのか、働いていなかったのかによって、支払う年金が違ってきます。

当然、多くの年数、働いた人の方が、年金のシステム上、有利となります。世間では、障害基礎年金と、障害厚生年金、公務員の共済年金等(廃止=厚生年金として統一、一元化された)を同時に貰っている人が存在します。

年金のシステム自体、3階段となっており、一番は、国民年金、2番目に厚生年金、そして、3番目は、企業年金(企業型確定拠出年金/個人確定拠出年金)となります。

詳しい説明は、上のURLを見てください。あなたが、多くの年金を貰えるようにするためには、最低でも、年金免除(法定免除/申請免除/退職(失業)後の特例免除)を受ける必要があります。

理想的なのは、年金納付額を支払ったフル支給の年金が望ましいですが、障害年金を受ける人は、生活保護の人が多いです。理由は、病気から長引く長期戦をしている人が多いからです。

障害年金についての説明。



精神的な病気以外でも、障害年金は受給できる。知名度が低いため、貰っている人は少ない。

あなたが、手や足、目などを負傷した場合、もちろん、障害年金を受け取ることが可能ですが、精神の病気(うつ病、統合失調症)でも受け取ることができます。

障害年金をもらうためには、等級で分かれている1級か2級レベルの障害に該当していなければなりません。

例えば、精神2級の人であれば、障害基礎年金だけの部分で、満額、年間77万9300円受け取ることが可能です。

障害基礎年金と+障害厚生年金も受け取る場合、満額で、146万4900円年間で受け取ることができます。生活保護の仕組み上、生活費が足りない部分だけ支給される仕組みなので、

障害年金の額が、生活保護受給の額を上回れば、当然、生活保護停止を受けてからの廃止となります。しかし、生活保護自体も現行の法律では、何度でも再チャレンジで受け取ることができます。

生活保護を抜けるために、障害年金を正式に受け取り、自由な生活をしている人も中にはいますが、ゆっくりのんびりと生きていきましょう。

特に、精神病を患っている人は、長期の療養が必要不可欠です。焦る必要ありませんから。(。-_-。)!!

障害基礎年金には、3級という年金概念はありませんが、障害厚生年金は3級まで等級が存在します。

障害厚生年金に対しては、障害レベルが細かく分けられており、1級2級3級とそれぞれ、症状に応じて分けられています。(障害厚生年金=一時金の障害手当金もあります。)

障害基礎年金を受給する場合、障害レベル2級に該当しなければなりません。ひとつポイントを教えると、障害基礎年金(障害厚生年金)は、最終的に精神科医の診断書をポイント加点で判断します。

年金というのは、審査が一般的に厳しいですが、診断書をポイントで判断することが分かったあなたにも希望があります。



障害年金が打ち切りになる事件(事態)が発生しているが、あなたは関係なく障害年金の審査を受けよう。

障害年金や生活保護、老齢年金などの財源は、他の国家予算、優先順位と比べると下のランクとなります。

つまり、弱い者が切り捨てられる、日本における資本主義の世の中の悪い癖です。

ちなみに北朝鮮は、立派な社会主義国家として知られていますが、行き過ぎた社会主義がもたらすものは、平等でもない、世襲国家の不平等格差です。

その点から言えば、日本は、個人が競争して利益を上げていく社会であるため、各自が好きにビジネス、自由な行動、言論を日本国憲法的にも、約束されていますが、

セーフティーネットも実は日本、手厚いんですね。しかし、財政難の懸念からか、障害年金1000人を打ち切るという事態が起こりました。

日本は、世界の国々と比べても、裕福な経済活動を遂行しており、日本国家が豊かだと世界から認められています。

あなたが、障害年金を受けとれるのか、どうか、ネガティブな情報に操られることなく、自分の行動力で障害年金を貰いましょう。(。-_-。)イエイ

障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて



シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)