『 NISA 』と、『 つみたてNISA 』はどっち(非課税口座)を選ぶべき?それぞれの違い(比較)とメリット・デメリットを分かりやすく解説。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ヒカゼイコウザ

株式投資、仮想通貨、外国為替証拠金取引(FX)投資信託、などなど。お金持ちに近づくための方法は色々な形で存在します。

ブログ収入も、まさしくお金持ちになるための最速方法ではありますが、もっと、大きな額を短期間(長期間)で積み上げるなら、株式投資、非課税口座NISAの存在、

そして、非課税口座NISA以降に新しく誕生した、つみたてNISA口座の知識と違いを把握しておかなければなりません。そこで、今回は、従来のNISA口座と積み立てNISA口座の違いを分かりやすく提示致します。

NISAとつみたてNISAの違い。

つみたてNISAとは何か?

非課税口座NISAとは?

そもそも、非課税口座とは、どのようなメリットを生み出すのか?

私たちは、例えば、買い物をしている時に商品を買いますよね?その商品は、購入代金の他に、間接税(消費税)という形で税金を払っているワケです。

その税金は、日本国家という国に徴収される形で使われる財源となり、私たちの街の生活・暮らしを便利にするために使われたり、新しい行政サービスを発足させるためのお金として利用されます。

税金には、いくつかの種類が存在しますが、あなたが覚えることは2つだけです。ひとつは、消費税、そして、2つ目は、お金持ちに近づくための努力の方法だけです。

あなたが、社会人になってからというもの、税金の仕組みについてスラスラ答えることは恐らくできなかったと思います。だからこそ、非課税口座?って何という状態に陥っているんですよね。

非課税口座とは、税金が徴収されない仕組みを伴った口座のことを言います。その口座には、民間口座(利益目的の会社運営)や、公的口座(利益を目的としない国が行っているサービス)に分けることができますが、

例えば、個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)は、私的年金口座となりますので、あなたが、最悪、生活保護になったとしても、その資産は、一切守られます。(法的資産保護効力が民間口座とはケタ違い)なので、

あなたが、65歳(現行の法律)の時点で、個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の資産を全額、差し引かれない(非課税)で受け取ることが必ずできます。

つまり、個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)は最強なのです。国の法律ががっちりと適用された最強の資産隠しツールとしても、有名ですが、年金レベルの法的効力を持ち、将来的な資産運用という形で利用している人がたくさんいるんですね。

借金の支払いや差し押さえされることは絶対にありません。個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)の唯一の弱点は、税金が徴収される場合が最悪あるということです。(税金徴収の法律は現在凍結されている)

非課税口座を利用すれば、例えば、あなたがまずは、1年真面目に生きていたとしましょう。その生活の日々の中で、買い物で余った10円や、50円、32円、5円など、少量のお金があったはずです。

そのお金は、非課税口座と同じ意味合いを持ちます。なぜなら、非課税口座とは、少量の本来取られるべきだったお金を、控除(差し引かれない)する形で残すことが可能な財産だからです。

つまり、有形資産(対義語…無形資産)=貯金や投資に回せるお金に変貌するワケですね。なので、生きていく年数が長ければ長いほど、少量のお金が、あなたをお金持ちにするんです。

非課税口座とは、投資家や、お金持ちになるための必須テクニックであることをご理解してもらえたかなと考えています。

公的年金と私的年金の違いは、公的年金の場合、強制加入(国民年金)と、今回の私的年金、iDeCo(イデコ)に分かれますが、イデコ(私的年金)は、自分で加入するのか、加入しないのかを選択することができます。

ただし、私的年金もきちんと、あなたの年齢が若ければ必ず利用するべきです。年齢が60歳より若い人で、国民年金の滞納と免除を受けてない人は、イデコに加入できます。

NISAとつみたてNISAの違い。

つみたてNISAとは何か?

非課税口座NISAとは?

『 非課税口座NISA 』と、新しい『 つみたてNISA 』はどちらを選ぶべきか。

正直にいうと、あなたの現在の資産力によりますね。

つみたてNISAのターゲットは、少量の額から資産運用を始めることができ、投資初心者に魅力的な商品ですが、株式投資ができないなどの制限が加わります。非課税枠も、40万円になっています。

従来のNISAは、最大非課税枠120万円という形なので、利用できる年数は少ないですが、短期間で利益を出した後、現行の法律が改善されるまで待つというのが使い方としては有効です。

というのも、NISAとつみたてNISAは似ていますが、2つの口座を現時点では2つ同時に開設することができません。どちらかを選んで投資する形となります。

あなたが、これから先、長期間の目標設定を心得ているのなら、私は、つみたてNISAが有効だと考えています。資産運用は、今している努力が後になって報われる形の商品です。

先に楽をするのかキリギリス、後になってユートピア(楽園)アリさんに行くのかを選択できるのはあなただけです。NISAが満期で使用不可能になったら、自動的に新しいサービスが普及(つみたてNISA以外)するので、待ちましょう。

それまでの長い時間を有効利用しない手はありませんよね?

NISAとつみたてNISAの違い。

つみたてNISAとは何か?

非課税口座NISAとは?

世の中、全ての情報には、得るべき情報得なくても困らない情報が存在する。今回の非課税口座NISAについては、得るべき情報に該当する。

世の中には、情報が溢れています。本、雑誌、テレビ、ラジオ、新聞、あなたが今見ている、アフィリエイト旅行記という豪華な資産ブログ

このように、情報は、色々な場所に転がっています。情報は、知識/知恵=経験、行動力(行動量)に転換させることができますが、間違った情報を得た場合、

投資で損をしたり、思わぬ、アクシデントに見舞われてしまいます。あなたが、賢く生きるためには、今現在、日本にある全ての公的制度を駆使してください。

義務教育のお話をしました。わたしはかつて、義務教育は、全ての日本国民が受ける正当な教育であり、日本語が書ける、読める、問題を解ける。などの知識と経験を与えてた武器。

しかし、本当に重要なことを教えてはくれないと明言しました。みんなと同じように生きることが正しいという価値観は、日本の悪い独自風潮です。

高度経済成長(1955年~1973年)を成し遂げたのは、今のシニア世代よりも前の方々であり、素直に尊敬している側面があるので、これ以上悪く言えるワケありません。

でも、これからの世代、2018年以降の人たちは、新しい時代を生きており、戦後を経験していないラッキーな人たちです。今あなたが、70歳以上だとしたら申し訳ない。

しかし、時代はやっぱり変わっていきます。

NISAとつみたてNISAの違い。

つみたてNISAとは何か?

非課税口座NISAとは?

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは 3つのメリットと4つの注意点

シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)