老齢基礎年金/老齢厚生年金の違い(障害年金/生活保護/仕組み=期間)と、それぞれの受給資格要件を分かりやすく解説。

シェアする

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ネンキンダイジヨ

生活保護と年金受給について。

生活保護と年金資料。

生活保護と年金はどちらが得?

生活保護制度はどうなる?

障害年金の基礎知識。

障害年金の詳しい説明。

自分の老後、今現在の日本には何かと不安が青煽られる現実がありますよね。日本の年金システムは将来崩壊する、機能しないなんてことが発言されていますが、

本当の見解は違います。

今回、紹介するのは、国民年金制度に位置付けられている、老齢基礎年金老齢厚生年金についてのお話です。

日本の年金システムは、複雑であり、相変わらず知っている人だけが得をするシステム(それらを全て含めて資本主義)なんですね。

なので、あなたも、今回で、日本の年金制度について深く理解しておきましょう。あなたが60歳になった時、必ず役に立ちます。

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

国民年金の実際受給額シミュレーションサイト。

国民年金制度の中に、老齢基礎年金と、老齢厚生年金がある。

国民年金の中に、特別支給の老齢厚生年金、障害年金などがあります。

以下をご覧ください。

国民年金の種類各種。

※引用させていただきました。

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

国民年金基礎年金の実態は、それぞれ多少異なり、国民年金制度自体は、日本に住んでいる受給資格を満たした人が強制加入しなければならない年金の本質です。

基礎年金とは、その国民年金制度から支給されるお金、そのものを指します。つまり、国民年金は、制度の説明、基礎年金は、お金の内容(もらえるお金)自体のことです。

上で紹介したその他の年金以外には、以下の種類があります。

その他の国民年金の種類。

※引用させていただきました。

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

今回、ご紹介する老齢基礎年金と、老齢厚生年金は、国民年金でいう、老齢の場合に当てはまります。また、老齢基礎年金は、全ての国民がもらえるお金(年金)であることに対して、

老齢厚生年金は、会社で働いたり、世間に何かしらの経済的価値を貢献した人だけが、老齢基礎年金に上乗せという形でもらえるお金のことを指します。

国民年金制度の、老齢基礎年金だけがもらえるパターン。
国民年金制度の、老齢基礎年金と、会社で働いた分の老齢厚生年金が両方もらえるパターン。

以上の2パターンが存在し、極端なことを恐れず言えば、1ヶ月会社で働いた場合だけでも、あなたが、会社で厚生年金に加入していれば、

国民年金=1階+2階という受給資格要件に該当するので、老齢厚生年金をもらうことができます。ただし、お金の支給内容は、この場合、2000円程度です。

以下をご覧下さい。

これは「会社に入って1ヶ月間だけでも厚生年金に加入している期間がある」のであれば受給資格を満たしているということです。会社員として勤めた経験がある人は、おのずとクリアしている支給要件になるでしょう。

ただし1ヶ月だけ厚生年金に加入したとしても、貰える老齢厚生年金の額は月給40万円あったとしても2,000円程度にしかなりません。

将来より多くの老齢厚生年金を受け取りたいのであれば、継続的に会社員として働き、厚生年金保険に出来るだけ長く加入しておくことが必要になってくるのです。

反対に一度も厚生年金に加入していない場合は老齢厚生年金は受給できません。国民年金の老齢基礎年金のみの受給になります。

※引用させていただきました。

つまり、老齢厚生年金は、ただ、何もせず人生を生きているだけでは受給する資格はありません。その代わり、老齢厚生年金は、老齢基礎年金よりも、若干ではありますが、

年金払い込み満了額時点で、もらえる金額が老齢基礎年金より優遇があります。多くのお金を受給することができ、老後、より安定した暮らしを実現できるようになります。

現在では、老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給資格期間は、短縮されて受け取りやすく変更されました。以下をご覧下さい。

国民年金の受給資格期間短縮。

※引用させていただきました。

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢基礎年金は、平成29年度満額で、779,300円もらえる。(随時、受け取り額面は変動する。)

2018年、現在の情報では、年金を納付した期間と額によって受け取れる国民年金=老齢基礎年金の額が変わります。以下を見てください。

国民年金受給額の期間と支給変動率。

※引用させていただきました。

ひとつ言えることは、多くの期間、真面目に働いたり、年金に投資する額を増やすことで、将来的な備えの面で有利に立ち回ることができるということです。

老齢厚生年金は、ひとつ、または、複数の会社に身を置き、多くの期間働くことで受給資格期間と、将来年金給付額を大幅に増やすことができる。

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢基礎年金では、最悪無職の人(最低賃金、生活保護)でも、受け取ることが可能なセーフティネット的な役割を担っている国民年金制度であることに対し、

老齢厚生年金は、働いた厚生年金加入期間の間、仕事/業務価値を提供することで、将来的に受け取れる年金を極端に多くすることができる働いた人へのご褒美、優遇制度だと考えておきましょう。

詳しい老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給額の計算は、以下のサイトと、国民年金シミュレーションサイトがあるので、是非、参考にして活用してくださいね。(*´꒳`*)b

障害年金の等級の状態と職業による判断基準のすべて

老齢基礎年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

老齢厚生年金についての詳しい解説サイト(永久保存版)

国民年金の実際受給額シミュレーションサイト。

障害年金についても、理解しておきましょう。

障害年金の基礎知識。

障害年金の詳しい説明。

生活保護と年金受給について。

生活保護と年金資料。

生活保護と年金はどちらが得?

生活保護制度はどうなる?

シェアする

フォローしちゃおう(*´꒳`*)