このページから読んでみる?(´・ω・`)

公的保険(社会保険/民間保険/健康保険/雇用保険/失業給付)傷病手当金とは?会社員(正社員・労働者)の傷病手当金申請方法。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ショウビョウテアテキン

①全国健康保険協会(協会けんぽ)傷病手当金

②組合健保(健康保険組合)

傷病手当金を受給するデメリット。

会社員(労働者=正社員)の金銭的給付を行う制度である、傷病手当金という法的制度ですが、この傷病手当金は、

あなたが、何かしらの仕事=業務中の怪我で働けなくなった場合に、お金を給付してもらうことができる制度です。また、うつ病や精神疾患(心の病気=メンタル要因)でも、傷病手当金は原則、もらえます。

仕事以外での通勤事故や、事件に巻き込まれた場合でも、働けなくなった状態になれば、傷病手当金は受け取ることが可能です。(故意ではないことが条件)

しかし、申請しなければ、傷病手当金を受け取ることはできないので、傷病手当金の詳しい申請方法を分かりやすく解説します。

康保険の傷病手当金申請方法。

用保険の傷病手当金申請方法。



傷病手当金には、申請方法として2つの種類(パターン)がある。

康保険の傷病手当金申請方法。

用保険の傷病手当金申請方法。

傷病手当金は、2つの法的制度から申請を行うことができます。

①健康保険⇒傷病手当金(しょうびょうてあてきん)

②雇用保険⇒傷病手当金(ショウビョウテアテキン)

あなたが、どちらの傷病手当金を受け取れるのか、まずは、会社の規則を確認してください。例えば、会社の上司や、他の正社員の人達や会社の同僚に聞いてみるのがいいでしょう。



健康保険傷病手当金の受け取り方。(支給要件)

康保険の傷病手当金申請方法。

用保険の傷病手当金申請方法。

健康保険の傷病手当金の場合、まず、あなたが、勤務先の健康保険に加入している被保険者(対象者=保険を実際に受けている会社員、公務員)であることが条件です。

そして、以下が健康保険の傷病手当金支給要件となります。

①健康保険の被保険者

勤務先の健康保険に加入している被保険者が対象で、扶養に入っている家族や国民健康保険に加入している人は対象外です。

②病気やケガで仕事に就くことができない場合

ここで言う「病気やケガ」とは、業務外の事由で、医師から「労務不能(仕事に就くことができない状態)」と診断されたときです。

③傷病により(連続する3日間を含み)4日以上仕事に就くことができない場合

傷病手当金を受給するためには、まず、医師から「労務不能」と診断されたあとに3日間連続して会社を休む必要があります。

これを「待機期間」と呼び、待機期間は有給・公休(土日祝日休み)・欠勤のいずれもカウントすることができますが、待機期間の3日間について傷病手当金は支給されず、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。(4日目以降は、公休に対しても支給されることになっています。)

④休んだ期間の給与の支払いがない場合

傷病手当金は給与をもらっている場合は支給されませんが、給与の支払いがあっても傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額分が支給されることになっています。

傷病手当金が原則として支給される期間は、支給開始日から最長1年6ヶ月です。

支給開始日とは、医師の診断により労務不可と診断されてから、3日の待機期間を経た後、4日目も労務不可で仕事を休み、給与が支払われなかった場合、4日目から支給されることになります。この当日を支給開始日と定義します。

また、傷病手当金には時効が存在し、支給開始日から2年後に自動的消滅となりますので注意してください。つまり、支給開始日から2年経過したら、傷病手当金を受け取ることは不可能になります。

時効=起算日(期間を計算し始める第一日=その日から始まる)の意味合いは、傷病手当金を例にすると、労務不能であった日ごとに、その翌日となります。

※非常に分かり易いので引用させていただきました。

康保険の傷病手当金申請方法。

用保険の傷病手当金申請方法。

傷病手当金の支給額についても、詳しいサイトがありますので参考にしてください。

傷病手当金の支給額計算。



雇用保険傷病手当金の受け取り方。(支給要件)

康保険の傷病手当金申請方法。

用保険の傷病手当金申請方法。

雇用保険の傷病手当金を説明します。

雇用保険の傷病手当金の場合、医師の診断問わず、怪我や病気をしたあなたが仕事を辞めて求職している期間が15日以上続いた場合、支給許可となります。

こういった保険に関する金銭給付は、自分で行動を起こさなければ絶対にもらえないので、生活保護と同じで、まずは、あなたの病気や怪我の程度に限らず、きちんと、担当者に相談することが最も、大切です。

基本手当(失業給付)の受給資格者が離職後、公共職業安定所に求職の申込をした後に疾病や負傷のため職業に就くことができない場合に、受給期間内の基本手当を受けることが出来ない日にもらえます。

【傷病手当の金額】

傷病手当の金額は、基本手当の日額と同じ金額になります。

基本手当日額とは・・・

→基本手当日額は原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金の合計を180で割って算出した金額(賃金日額)の50〜80%になります。(賃金の低い方ほど高い率になるように設定されています)

*60歳〜64歳については45〜80%となっています。

基本手当日額は年齢区分ごとに上限額が定められており、現在は次のとおりとなっています。

30歳未満 → 6,330円
30歳以上45歳未満 → 7,030円
45歳以上60歳未満 → 7,730円
60歳以上65歳未満 → 6,741円

*平成20年8月1日現在

所定給付日数は「雇用保険基本手当給付日数表」を参照して頂ければ幸いです。

【傷病手当の受給】

離職後に求職の申込をした上で、その後、疾病または負傷等のため職業に就くことができない場合は、その職業に就くことができない期間によって下記の1〜3のようになります。

15日未満 → 基本手当を支給
15日以上30日未満 → 傷病手当を支給
30日以上 → 傷病手当を支給または基本手当の受給期間を延長を選択
*基本手当の受給期間の延長は3年が限度です。

*健康保険の傷病手当金や労災の休業(補償)給付を受けている日は、雇用保険の傷病手当は受給出来ません。

雇用保険制度と社会保険制度を混同しないようにしましょう。



基本手当(失業手当失業保険失業給付)の受け取り方。(支給要件)

雇用保険という公的保険制度の中に、失業給付傷病手当金教育訓練給付高年齢雇用継続基本給付育児休業給付介護休業給付があります。

雇用保険専門知識のサイト。(社会保険・民間保険の全知識を網羅してある優れたブログ)

あなたが働ける意思と能力があるのに、転職や就職活動を繰り返しても仕事にありつけない場合、失業状態だと言えます。

失業給付の詳しい説明と支給要件。(分かり易い)

私が、ファイナンシャル・プランナー(FP)になるかはともかくとして、保険や年金の知識、お金に関する情報は常にリアルタイムで更新されているので、

引用を敢えて多くし、最新の状態をいつでも保てる状態にしました。この記事に辿り着ければ、日本の社会保険、民間保険に関することが分かります。

社会保険と民間保険の違いについて。

社会保険は、強制的に加入させられます。

逆に民間保険の場合、任意で加入するか決めることができます。

少しずつ、情報を生かせるようになれば大丈夫なので、

焦る必要は全くありません。(*´꒳`*)ニャホ



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)