このページから読んでみる?(´・ω・`)

インフレ(インフレーション=円安)&デフレ(デフレーション=円高)の意味を分かりやすく解説。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)イイカンジ

お金持ちになるための予備知識として、お話しなければならないことがあります。それは、資産運用、もしくは投資を行う場合です。

一般的に、お金持ちというのは会社に行き、時間給/月給で働く労働者(正社員)の働き方はしません。

自分の体が最大の資産(一番重要なポイント)である以上、働きすぎて体を壊してからでは遅く、お金持ちになれるチャンスを自ら潰しています。

そこで、今回は、複雑で一般的には理解し難いインフレ(円安=えんやす)・デフレ(円高=えんだか)という経済キーワードを分かりやすく解説します。



インフレ(インフレーション=円安Inflation)とは?

経済用語の一つであるインフレという言葉、あなたも聞いたことはありますよね。

インフレとは、あらゆる物価(物の価格=価値)が継続的に上昇し、日本円の価値が下がることを言います。

FX(外国為替証拠金取引)で例えましょう。USA(アメリカ)=ドルが120円、日本円(ジャパン)が100円だとします。

FXの仕組み上、ドル/円で通貨をお互いに交換することで利益を狙ったり、逆に損失が生まれますよね。

なぜ、通貨を交換することによって、利益を狙うことができるのか、答えは単純明快です。通貨の価値が一時的に上がったり、下がったりしているからです。(為替市場と呼ぶ)

そして、FXという金融商品は、インフレ(円安)・デフレ(円高)の影響を極端に受けるので、勉強しておく必要があるということです。

円安=インフレ、つまりは、100円のドルが120円に上昇すると、アメリカドル1つを買うのに必要な日本円が120円になります。

ドルが100円から120円になったということは、日本円の価値が落ちたことを意味します。多くの日本円を投資(120円-100円=+20円)しなければドル120円一つを購入できない。

これが、インフレです。インフレ円安の価値がくなった。物価は上がったという意味です。

インフレ = 円安 ドル

デフレ = 円高 ドル



デフレ(デフレーション=円高Deflation)とは?

デフレ(円高)は、円安の反対バージョンだと覚えてください。

デフレとは、あらゆる物価(物の価値・値段=商品価格)が下がり、反対に日本円の価値が継続的に上がることを意味します。

先程のFXで例を出すと、アメリカドルが80円、日本円が120円という形になります。つまり、アメリカドル一つを80円という少ない日本円で購入することが可能になったので、

日本円の価値は上がりました。つまり、デフレです。デフレ円高の価値がまったという意味です。

インフレ = 円安 ドル

デフレ = 円高 ドル

景気、金利、物価、為替、株価は連携しているので、とある価値が下がれば、みんな同じように下がる、反対に上がれば、みんなも同じ方向へ上がることを覚えておきましょう。

上記の用語説明は、また、次回に深く掘り下げるのでご安心ください。



そもそも、経済景気ってなに?

景気とは、日本でいえば、日本国内で商売(ビジネス)している企業・個人事業主・法人株式会社 などが生み出したお金儲け部分(付加価値)のことです。

つまり、景気が良い=日本国内でビジネス(事業・起業)している全員が、上手くお金儲けできてることを意味しています。

経済の意味は以下引用です。

経済=けいざいの意味・定義

1.
《名》人間の生活に必要な物を生産・分配・消費する行為についての、一切の社会的関係。転じて、金銭のやりくり。
2.
《名ノナ》費用・手間がかからないこと。「―な品」「時間の―を図る」。費用をかけないこと。倹約。 「―な人」

確定申告などの説明はこの前の記事で解説しましたが、随時、更新していきます。また、日本の高度経済成長(GDP=国内総生産GNP=国民総生産)も合わせて調べてみましょう。

インフレ = 円安 ドル

デフレ = 円高 ドル

今回は、インフレ(物価上昇 円安)、デフレ(物価下落 円高)について説明しました。
(。-_-。)ニコニコ



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)