このページから読んでみる?(´・ω・`)

特化型ブログアフィリエイトのメディア収益(収入)を定期的に維持する方法。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)シュウエキイジ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

1週間程度、アフィリエイト旅行記の記事 新規 追加 更新 を辞めてみましたが、相変わらずの安定した集客力と、アフィリエイト報酬を築きあげてくれていますね。

特化型ブログの恩恵が10ヶ月を目処に爆発した実感を得ることができました。あなたは、ブログを新しく作る時に、特化型ブログでサイトを構築していますか?

雑記ブログは、自分の好きなことについて書くことができますが、ブログ報酬という意味では安定した収益を獲得することはできません。

雑記ブログは、アフィリエイトでお金を稼ぐために必須事項である、SEO対策が限定的になってしまう懸念があるからです。

無論、定期的にブログ収入を維持したい場合、特化型ブログの方が安定性とグーグルペナルティ回避率は高いです。



特化型ブログの場合、1週間以上記事を更新しなくても、PV(アクセス数)が変動しない。異常なメリットが存在する。

アフィリエイト旅行記、今回の実験では、1週間という期間、記事を新規で追加しなかった場合の実験で終わりました。

つまり、実験中の1週間は、読者から需要が高かった記事の見直しとブログ手直し(リライト)だけ行いました。

次の実験では、完全放置状態で、1週間様子見をしようと考え、視野に入れています。

特化型ブログ最大の強みは、定期的に記事を更新できなくなった状況になった時も、容赦なく、ブログ読者=顧客を運んでくれるということにあります。

正直言いますと、ブログが完全放置状態だとしても、お金を稼ぎ続けてくれるので、手直しする必要がないことを意味しています。

特化型ブログのメリットは、そこだけではありません。

手直し=記事新規追加を施さなくても大丈夫ということは、新規にブログを格安で作れる時間を設けることが可能になります。

アフィリエイトでは、同じようなジャンルのブログ(サイト)を複数、横並びに展開させていくことで、PVを維持しながら、

全体的なアクセス数を加速度的に上げていく方法が採用されていますよね。

しかし、複数のブログを展開させることは、完全ブログ初心者にお勧めすることはできません。

理由は、簡単です。新規でブログを作る時に、一定の期間(最低3ヶ月~1年以上)の期間、絶対的な様子見が必要とされる状況の中、

複数のブログを管理することは非常に難しいからです。

中古ドメイン、2000円~1万円の初期投資を支払い、ドメインエイジを短縮して、高速インデックスさせる方法もありますが、お金がかかります。

アフィリエイトが格安で行えるメリットを潰しているので、1年のブログデータ(グーグルアナリティクス)の解析を進めながら、

グーグルサーチコンソールで需要ある記事を、記事タイトルから選定することで、ピンポイントでPV数を稼げる記事が仕上がります。

このように、ブログをひとつだけ運営することは非常に大切なことなんですね。道筋が今のところ、ひとつしかないようであれば、

保障されている道を辿り、自分のアフィリエイト生活で全力を出し切っていくことが大事なんです。



一つの特化型ブログ運営だけで、全体的なブログ収入をカバーできる。アフィリエイト作業量を分散させてはいけない。

複数ブログで得られることが多いのは事実です。リスク分散、PVの加速化、報酬の安定等々、計り知れないメリットがあることも周知の事です。

しかし、アフィリエイト作業量を分散させてしまうのは非常にもったいないです。理由があります。長文記事を意図的に書けなくなる可能性が生まれるからです。

例えば、一つのブログだけに絞って投稿すれば、当然、一つの記事に使うことが許される時間が1時間以上増えますよね。

10000文字以上の大規模なコンテンツを作りたいと考えた時だって、一つのブログなら、日が明け暮れるまで作業に没頭できるワケです。

しかし、複数ブログ運営の場合、どんなにPCタイピングが早い人も、各種のブログに投資できる時間=作業量が少なくなります。

ストレスも溜まります。中途半端に複数のブログを運営するぐらいなら、ひとつに対して労力を集中させ、ブログ運営者の負担を減らす方が頭が良いです。

ワードプレスのプラグイン設定の時間、ブログ体裁を整える時間を考慮しても、決して、効率が良いとは言えません。

アフィリエイトで、リスク分散が囁かれているのは事実なワケで、グーグルペナルティが怖いから恐怖している日々を送る気持ちも分かりますが、

完全オリジナル記事で書いている以上、トレンドアフィリエイトでない場合、グーグルペナルティを気にすることはありません。

それより深刻なのは、リスク分散を期待し、複数ブログを展開させ作業量が落ちることが目に見えているのにも関わらず、言葉を鵜呑みにする人たちです。

どんなに時間がある人でも、複数ブログが予算、効率的に得策とは言えません。なので、ひとつのブログだけで頑張っているあなたは、正常ですので、相変わらず突っ走りましょう。

年間、4000円程度の出費で有料ブログが運営できたとしても、ブログを複数10個運営させていれば、年間4万円発生します。

即金性が期待できないブログ運営において、自爆行為と言えます。なので、一つのブログで使い方、SEO対策を深く知り、理解しましょう。

また、一つのブログで、この記事本数を、この期間で書けば、報酬がどのぐらい発生するのかも実験しましょう。

焦ってはいけないということです。



特化型ブログのロングテール集客において、文字数は正直関係ない。独自ドメインブログがグーグル検索エンジンから信頼された時点で、ブログ運営成功である。

前に、1500文字と、3000文字(10000文字)記事では、どの文字数がアフィリエイトSEO対策として有利なのかを説明しました。

当然、ブログ新規作成初期では、検索エンジンからの集客はできないので、

グーグル検索エンジンから、ブログの存在を知ってもらうためにも、ブログ記事の本数を増やす必要があります。つまり、100記事という通過点は理に適っています。

ブログで毎日1記事更新を目標に達成すると、3ヶ月=90日で90記事以上記事を書くことが可能です。

メンター自身も、アフィリエイト旅行記が検索エンジン経由のアクセスを獲得するために必要だった日数は、3ヶ月でした。

どのブログ運営者も、『 3ヶ月 アクセス なし 』という記事タイトルで記事を作成していたので、グーグル検索エンジンは、特徴として、

3ヶ月以上、様子見をしてないブログを排除していることがデータから分かります。最低でも、半年運営してから初めてブログの醍醐味は分かりますので、諦めないでください。

文字数についてですが、正直言います。ロングテール主体集客の場合、記事タイトルなんて考えなくてもいいです。もちろん、最低限狙いたいキーワードは含ませたほうがいいですが、

含まなくても、文章本文から、記事のキーワードとして扱われるので、特別、意識する必要もなければ、キーワード選定を勉強する必要もありません。

なので、高額塾に入ってしまった人は、残念ながら、ある意味での被害者かもしれませんね。長く、アフィリエイトで長く、生活していくと、見えないデータが見えてきます。

今回の場合、ブログ運営における一番重要なことは、SEO対策を意識する必要がない、ブログ運営を頑張って継続させることでしたよね。

一度、グーグルから、存在を認められたら、後は、好き勝手のブログ運営で大丈夫です。文字数は、正直関係ありません。

1500文字で執筆しようが3000文字で執筆しようが、集客力に違いは出ません。ただし、ロングテールの場合に限ります。ビックキーワードの場合、

本気で検索上位表示を狙いたいなら、6000文字以上は書いておきましょう。ビックキーワードとロングテールでは、ブログ運営の方法が異なるということですね。(。-_-。)イエイ



アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)