このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログのロングテール集客(アフィリエイト)は、サイトの全体的なPV(アクセス数)を安定させることが明らかとなった。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

(。-_-。)ロングテールスゴイ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

ブログやアフィリエイトサイトの集客は、なにも、ビックキーワードを狙う必要性はないことが今回、明らかになりました。

理由は、ロングテール集客が簡単だということ。そして、なによりも、ビックキーワードで大規模な集客を図ろうとすると、安定感がまるでありません。

常に、ライバルブロガーアフィリエイター達と戦うことになるので、記事を毎日、更新し続けることができる人でなければビックキーワード=生存競争で勝つことはできません。

あなたのブログ・サイト集客力は、記事タイトル選定以外の要素で決まってくることをお話します。無論、ロングテール集客は、グーグル検索エンジンアルゴリズム変動滅法強いです。



ブログ運営は、結果論で解決する方法しかない。ロングテール集客=PV(アクセス数)の安定感は、やはり抜群だった。

アフィリエイトで、ビックキーワードをなぜ、狙ってはいけないのか。世間、一般的な見解は以下になります。

古くからネットライバルが存在し、SEO=先行者利益、つまりは、ずっと、前から運営されているブログ・サイトのほうが有利だから、

新規で参入してきたあなたのブログに勝ち目がないことを意味しています。しかし、アフィリエイト旅行記で企業サイトに打ち勝った事実が最近で明らかになった以上、

個人ブログが企業競合サイトに勝てないことは、あり得ない話ではないことが判明したんですね。結局、ブログサイト運営というのは、結果論で判断するしかないワケですね。

このぐらいの日数、作業を継続することによって、初めて結果が出てくるんですロングテール主体で関連した記事を書き続けると、次第にグーグル検索エンジンは、あなたのブログに対し、とある専門性を持ったブログとして認定していきます。

専門性が高い=権威性の確立と、グーグル検索エンジンからの信頼が上がるので、最終的にロングテールでは、検索順位が伸び悩んでいたものの、ビックキーワード単体で検索上位表示されるようになっていたんですね。

アフィリエイト旅行記の記事でロングテールはダメでも、ビックキーワードで上位表示されていた事実があるので、信憑性は高い情報です。

さらに、今回、ビックキーワードで狙った記事が、検索上位表示された時にある特徴が浮上しました。それは、収益性が高い記事が続々と上位表示されていたんですね。

SEO対策とは、一部の要素だけで決まりません。

あなたのサイトブログにどれだけのキーワードが詰め込まれ、どの程度合計してバランスに配慮してあるかをグーグル検索エンジンは判断しています。

つまり、ロングテールで積み重ねた記事達が集客を担当しながらも、SEOを強力にしていたということですね。ロングテールの記事がなければ当然、

ビックキーワード単体で、検索上位表示されることはありませんので、ロングテールの集客力は甘く見てはいけないなと分かりました。

ことわざでいうと、『 塵も積もれば山となる 』ですね。

あなたが、アフィリエイトで作業してきた全ての行動は決して無駄ではなかったということが証明されました。自信を持って記事を書き続けましょう。

ロングテールなら、集客力は常に安定しますので、グーグルの大規模なアルゴリズムアップデートに怯える必要はありません。



ビックキーワードだけに頼ったSEO集客は明らかに危険すぎる。ロングテール集客を早急に実現するべきだ。

ビックキーワードで仮に検索上位表示を死守できたとしましょう。でも、あなたは、グーグル検索エンジンの、アルゴリズム変動・変更に日々、怯えて生活しなければいけません。

ライバルが多すぎる市場でアフィリエイト報酬を独占するということは、リスクが付いて回ります。いつ、検索順位を抜かされてもおかしくないし、

第一、安定感が皆無です。記事数が少なくても済むのが、一般的なビックキーワードの恩恵ですが、その莫大な集客力の裏側には、安定性がなく、

サイト一部の記事が圏外に外されたら、終了宣告を余儀なくされます。

あなたは、ロングテール集客で記事を書き続けるべきです。アフィリエイト報酬の安定させるには方法があります。それは、複数の、ロングテールキーワードを織り交ぜて、情報発信を行うということです。

例えば、アフィリエイト旅行記では、仕事・アフィリエイト・SEO対策・お金・転職・就職という非常に需要(テーマ)が大きいビックキーワードをジャンルとしていますよね。

検索エンジングーグルに、古くからある有用な情報として、これらのキーワード自体に対する信頼性を揺るがすことはあってはならないんです。

だからこそ、記事を更新して、リライトすることが必要不可欠であなたのブログが常に新しい状態であることを、グーグル検索エンジンに定期的(コンスタント)に知らせる必要があるワケですね。

あなたのブログが、常に最新の状態を保っているとグーグル検索エンジンが判断すれば、検索順位を大幅に押し上げることになります。

正直言うと、夢を壊すようで申し訳ないのですが、非常に優れた記事が検索上位表示され、放置されていた場合、毎日更新され、手直しが加えられているブログの方がSEOで勝ちます。

つまり、この時点で、企業サイトと個人ブログの敷居がなくなっていることになりますので、個人ブログSEOで不利な条件になることはありません。

ただし、ビックキーワードを死守している人たちは、SEO対策を熟練している人間が多いので、戦った場合、長期戦が予想されることは覚悟してください。

その代わり、ビックキーワード、検索需要が多くライバルが多い市場を狙って記事を書くと、アフィリエイト闘争心が上がるので、結果的に良質な記事を作成することに繋がります。

ロングテール集客を十分に狙えるようになってから、ビックキーワードを勝ち取りましょう。



ロングテール集客は、予算0円の個人ブロガーでも行える、優秀な安定集客力としての機能を果たす。魅力が絶え間なく続いている状態だ。

仕事とアフィリエイトが一見、関連していない記事だとあなたが感じても、グーグル検索エンジンが関連付けを最終的に行います。

つまり、記事の内部にある本文のロングテールキーワード、及び、メタキーワードの有利状況、記事タイトルと内部SEO対策、外部SEO対策、合計で検索順位が決定されます。

アフィリエイトで文字数を気にする必要があるのかについてですが、やはり、1500文字と3000文字の記事では、SEO対策の集客力に大幅な違いが見られました。

役に立つ情報で、3000文字超えの記事を量産できた場合、ロングテールの集客力は、莫大なモノになるので、期待できますが、1500文字でも、ロングテールの集客には一役買っています。

むしろ、安定した集客を実現したいのであれば、ロングテール積み重ね型=1500文字~2000文字以下の内容で記事を書き続けたほうが効率は良い印象ですね。

アフィリエイト作業に総じて言えることは、長いスパンで自分の方法を確立させることが最重要課題となり、

ブログやアフィリエイトで成功している人たちは独自の方法を確実に持っています。

私自身も、記事を書く前にコーヒーを飲んだり、精神を安定させる生活を日々、送っていますが、ブログのために本気になれる人は限られています。

ロングテール集客の魅力を存分に伝えても、あなたが行動しなければこの記事に意味はありませんからね。

ロングテール集客SEOの何がすごいかというと、個人レベルの素人ですら、プロと同じ土俵で戦うことが許される世界なんですね。

あなたのブログって最初、どんなにライバルが弱いキーワードすらも狙えていない状況ですよね。記事を書いても疑心暗鬼、自分はこれでいいのか絶対に悩むワケです。

でも、次第にブログのことが分かってきて、なぜか、ビックキーワード検索上位表示されてたり、いつもとは違った状況になる日が訪れます。

ロングテール集客とは、素人=個人に残された唯一の武器なんですね。(。-_-。)イエス

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)