このページから読んでみる?(´・ω・`)

知的障害とは何か?症状(特徴)と原因を把握し理解を深めよう。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ヤルシカナイ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

とある動画を見ました。詳細を明かすことはできませんが、知的障害者に対する暴力行為を働いた会社員がいるという1件です。

今回の動画映像自体、勇気ある撮影者が勇敢な行動をした背景があるので、事件が明らかになったワケですが、世の中には、ハンデを背負って生活している人に対して、

厳しい制裁を加える人間(社会人)が一定の割合で存在します。

実は、私も、軽度な学習障害を患っている可能性があるので、知的障害持ちのあなたの気持ちが理解できる意味合いも込めています。

そもそも、知的障害とは、どんな症状で原因は何なのか。また、知的障害を持っている人に対して、どういうふうに接することが理想的なのか展開します。

持論(私独自の考え)と共に、平和な日常、生活を営めるようにしましょう。あなたも、他人(普通の人)と自分自身を比べるのはやめましょうね。

人生とは、ハンデがあるからこそ、面白いんです。馬鹿にしているワケでは決してありません。私は、いつも、自分という人間に対して、面白みを求めています。(。-_-。)イエス



知的障害(者)とは何か?理解を深めよう。

知的障害とは、発達障害の一種であり、発達障害の正式名称は、

広汎性発達障害(こうはんせい はったつ しょうがい、英: pervasive developmental disorders, P・D・D)です。

広汎性発達障害という枠組み(まとまり=細分化)の中に、知的障害ジャンルが存在しているんですね。知的障害の中にも、いくつか、種類と段階がありますが、割愛します。

知的障害と言われている人の特徴として、知能指数(IQ)が70以下であることが分かっています。

因みに私が該当している知的障害の症状は、軽度知的障害だと推測できます。つまり、漢字の使用や、ある程度、日本語の読み書きが行えるレベルですね。

知能指数(IQ)は、約、50~70程度になります。普通に日常会話が行える人は、気にする必要がないかもしれませんね。

私は、過去にスーパーでアルバイトをしていましたが、エプロンの付け方がいつまで経っても、理解できませんでした。トランプのルールも1晩経過すると忘れてしまいます。

軽度知的障害では、社会で通常勤務することが可能なレベルの人が多いですが、中度知的障害になると話は変わってきます。

中度知的障害の場合、知能指数(IQ)約30~50になりますので、日常生活や、人間関係において亀裂が入ることが多いレベルとなります。

健常者であるあなたは、通常通りこなせていたとしても、知的障害、学習障害、その他障害の人たちからすれば、当たり前のことではないんですね。

通常の業務を卒なくこなすことだって難しいんです。だからこそ、お互いの視野を広げる慎重な手配と接し方が必要なんです。

中度知的障害持ちになると、細かい仕事指示に対する融通が利かなかったり、仕事でミスを連発することが多いです。計算が苦手な側面も併せ持ちます。



知的障害者は、優しい人が多い。なぜなら、人の気持ちを痛いほど理解できる人が多いからである。

知的障害を持った人と一般の健常者では、容姿と言動に著しく違いが見られることは稀です。仕事というフィルターを通し、3ヶ月~1年単位で共に過ごしていくと、

健常者と、知的障害者の判断ができるわけですが、この考え方に私は賛成できません。差別という言い方は好きではありませんが、知的障害者は、普通に働くことができないなんていう、

レッテルを貼り付けられている気がしてならないからです。普通に生活することが大変なだけで克服することが不可能なわけではありません。

脳機能の症状として、確立されている証拠と科学的証明があるのなら、行動を習慣化・パターン化することができれば、知的障害でも、普通に働くことができます。

ただ、ハンデがあることは、事実ですので、知的障害の人には、特に優しく丁寧に何度も往復して覚えさせることが必要ですね。

何度言っても分からない人を馬鹿にすること自体、私は好きではありません。もし、馬鹿にする対応を取る人がいるのであれば、その人は、病気のことについて知らない。

または、理解しようともしない、狭い感性で生きている人間なんだなと思いますね。このように、知的障害、学習障害の人にも、感性と気持ち(心の変化・思考力)があるワケですね。

知的障害だからといって、ハンデ以上の罪悪感を感じる必要がないんです。だって、本来、生きているだけで人間は幸せなのですからね。

私も、自分でいうのはあれですが、結構人に対して優しいですね。かつて、アフィリエイト以外で仕事を行っていたときも、円滑に仕事が遂行できるように、

何回でも同じことを、同じ人に教えたり、間違っても同じ職場の人間に文句は言わなかったですからね。性格上、厳しいことを言うのも好きではないですし、

私は、常に楽しい人間でありたいと考えています。あなたも、少しでいいので、人とは違った感性を持ちましょう。人生得するし、他者に優しく接することができます。

介護職員として働いてた経験があるメンターも、他の介護職員や、調理しているおばちゃん達を見ていると、癒されていたものです。

病気で人の気持ちが理解できないのなら、仕方ありませんが、そんな人間は本当に極少数です。人間には気持ちがあります。いつだってね。



普通の人とは違うと感じているからこそ、ブログアフィリエイトを仕事にするべきだ。

知的障害だから、完全に人生を諦めているなんて、こんなにもったいないことはまずありません。

知的障害や他の学習障害を患っている人達のポイントと特徴は総じて、断言できることがあります。

それは、必要以上に、他人から自分はどう評価されているのかを気にしすぎているということです。

私も、実はそんな人間の一人です。仕事をマイペースで行うことができないなんて無理です。人からの命令を受けて業務をこなすことが、通常の仕事であれば当たり前ですが、

指示をされて正常に業務を遂行できるぐらいなら、こんな記事は書きません。

自覚している病気、障害の特徴と特性があるからこそ、人とは違った方法でお金を稼ぐ考え方を持つべきです。

逆に言えば、この方法をチャンスと捉えることができるんですね。ブログアフィリエイトというキーワードが度々、あなたの視界に入っていたと思いますが、

アフィリエイト(ブログ)とは、簡単に言えば、パソコン1台を巧みに利用し、マイペースでお金を稼ぐことができる方法です。

アフィリエイトメリットは、自分の意見をブログやサイトを通して主張できることです。あなたの、勇気ある主張がお金を生み出すことになるので、やりがいのある仕事です。

また、究極まで自分の時間を大切にできる新しい画期的な働き方だと私は考えています。理由は、簡単で、知的障害者だからこそ、活躍できるからです。

普通の人に普通の仕事をやらせても、普通の成果しか上がりませんよね。時間給(時給)という単位で給料は、1時間単位の行いで支払われることがほとんどの場合常識です。

しかし、ブログアフィリエイトという仕事は違います。あなたの、頑張り次第で、働かなくてもお金を稼ぐことができる、お金を生み出せる立場に回ることができるんですね。

例えば、ブログであなたの不満や意見=読者に対して役に立つ情報を、1年間ブログ記事として掲載してみてください。詳しいやり方は、下にリンクを貼っておきますが、

このサイトも実は、役に立つ情報を提供しているアフィリエイト旅行記っていう独自ブログなんですね。あなたに勇気を出してもらえるように今回の記事を書きましたが、

あなたは、アフィリエイトという難しい言葉を恐らく、知りませんでしたよね?この機会に知れたことであなたの人生が充実することを願います。

アフィリエイトは、夢を実現する仕事です。(*´꒳`*)ニコニコ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)