このページから読んでみる?(´・ω・`)

ロングテール集客(アフィリエイト/ブログ)はダメでも、ビックキーワード単体で検索上位表示(SEO対策)される要因。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)フカカイ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

先日、SEO対策を兼ねて、自分のブログ記事平均掲載順位を一通り、見渡しました。理由は、分かりませんが、とある記事で不可解な事実が判明しました。

それは、ロングテールキーワードよりも、なぜか、ビックキーワード単体で検索上位表示されていた記事を発見したんですね。

一般的に、ロングテールといって、検索需要が少なく、ライバルが多くない市場を狙って記事を書くことが常識であり、手っ取り早く集客するためのロングテール集客ですが、

検索上位表示されやすいのは、ロングテールキーワードのはずです。複数の組み合わせによりライバルを意図的に減らし、全体的なPV数(アクセス)を集めていくはず。

それなのに、ビックキーワードで記事を優遇する現象が起こりました。私自身、今まで経験無かった事実なので、非常に驚いています。

今回狙ったキーワードが、ある程度ライバルが強いキーワードだったので、骨が折れる作業をするべきなのか迷いましたが、ブログ運営9ヶ月程度で思わぬ収穫でした。

このように、ブログ運営は、何が起きるか分かりません。ブログ記事を書き続けていると、SEO対策だけに限らず、グーグル検索エンジンから、

優遇してもらえることも、リアルとしてあるんですね。あなたも、記事を積み上げて、その記事を書いていく度に自己成長を促していきましょう。(。-_-。)ムム



グーグル検索エンジンの、検索順位更新タイミングが分からない。ロングテールと、ビックキーワードを融合させて集客するしかない。

検索エンジンのアルゴリズムは、大胆に公表されていません。グーグル社が検索エンジン上位表示に対するヒントをくれないからですね。

ヒントというよりかは、オススメの方法とか、決定的なアドバイスすら提供されないのが、SEO対策の難しいところですね。

記事を書きながら、リライト・修正を施し、ある一定の期間様子見をすることができる人のみにSEO集客の威力を実感させる。

アフィリエイトブログで長く作業(仕事)が続かない人の理由も頷けますよね。それならば、日々書いていく記事の質を高めていく他ないワケです。

正直言うと、ロングテール集客だろうが、ビックキーワード単体だろうが、集客力が落ちることは事実です。完全な資産ブログというものは作れないんですね。

HTMLサイトでも、ワードプレス構築=パワーブログ(特化型サイト)にはSEO対策で勝てないどころか、HTMLサイト完全放置版で検索上位表示を実現したとしても、

いつか、順位を抜かされることになるので。記事を書き続けるというのは、ブログを成長させていくと共に、SEO対策として最も、効果的な方法なのは間違いないです。

アフィリエイトやブログの世界でも、ワードプレスで集客していくことが常識になるし、グーグルが認めてしまっている部分でもあるので、

情報を新規で追加できていないブログサイトは淘汰されていくのも仕方ありません。だから、私は、常に最新である必要があると、この前の記事で断言したんですね。

ビックキーワードとロングテール複合の合体技で決めていきましょう。最終的に両者の要素を取り入れたほうが、集客は安定しますからね。



それでも、ロングテールキーワード集客はブロガー/アフィリエイターにとって、非常に魅力的であることに変わりはない。ビックキーワード単体も、次第に狙えるようになってくる。

ロングテール集客が魅力的だとはっきり主張できるようになったのにはワケがあります。それは、記事本文以外の要素でも、集客できることが明らかになったからです。

例えば、ブログ記事の本文内容を説明するメタキーワードというモノがあるのですが、メタ要素は、SEO対策でいうと、準備、つまりは、飾り付けを担当しており、

ブログで例えると、記事本文の導入見出しがメタキーワードになります。記事本文の内容を説明しているんですね。

ブログ本文以外で集客できるのが、ロングテールSEOのメリットなんですが、その恩恵は、ブロガーやアフィリエイターの常識と範疇を超越しており、

意図しない検索キーワードで、あなたの記事が検索者にヒットし有益な情報として提供される可能性を生み出します。また、初心者ブロガーやサイトを立ち上げた人が、

必ず取り入れなければならない集客方法です。少なくとも、SEO(長期間)で集客するためには、ロングテールを取り入れなければ残念ながら、

アフィリエイトブログ/企業サイトの競合に勝つことはできません。

ロングテールで一番大事なのは、ライバルが少ない、例えば、グーグルのキーワード選定リサーチを徹底的に行い、あなたが狙っている複合キーワード自体に、

ライバルが少ないのかを確かめる必要があります。ライバルが検索順位10位以内に存在していないのであれば、あなたの記事が検索上位表示されることになるからです。

逆に言えば、あなたの記事しか今現在グーグル検索エンジンで表示させることができないんですね。ライバルが少ない、多くないとは、抜け穴を狙うことが重要なんです。

ライバルが多いところで日々、記事を書き続けているアフィリエイト旅行記の場合、上級者レベルの執筆テクニックを駆使しているので、書くことが嫌いじゃない私のような人の場合、

ビックキーワードに近いレベルのキーワードを狙っても特に問題はありません。ただし、SEOで検索上位表示させるには、1年の期間を要することになるのは避けられません。

それだけ、ビックキーワード単体で上位表示されることには意味と恩恵(メリット)があります。ロングテール集客を卒業したいならば、あなたが記事を書き続けていく中で、

自己成長を常に追い求めていく必要があるということですね。大丈夫、ブログを1年継続させることができる人間がアフィリエイトで成功できないワケがないですからね。



アフィリエイト/ブログという仕事は、普通では得られない情報を追い求めていくことが重要である。

ネットに書かれている情報が全てではありません。専門性がない人が記事を書いている場合も多々あり、大企業のサイトが圏外に旅行した話は記憶に新しい事実ですよね。

記事を更新し続けるっていう言葉の奥深くには、想像以上に深みがあるんですね。あなたが記事を更新し続けていく中で、ブログやアフィリエイトでお金を稼ぐ方法を知って、

次第に、得られる情報が記事を更新していく中で積み重なってくる。そして、自分が今まで分からなかった情報まで汲み取ることが可能になっていきます。

今回のビックキーワードやロングテールというキーワードも、あなたは、アフィリエイト初心者の頃、ブロガー初心者の頃は理解できなかったはずなんです。

私もあなたと同じです。最初は理解できませんでした。ところが、次第に情報の収穫量が増えていき、SEO対策の重みを知り、アフィリエイトの根底について考えるようになるんですね。

普通に作業しているだけでは残念ながら、普通の情報量しか手に入りません。私が今回記事タイトルとして名付けたこの些細な変化を記事にできたのも、

日ごろから回数を積み重ねて、ロングテールとビックキーワードの特性の両者を比べたからこそ、深い記事にすることができたんですね。

もちろん、SEO対策としても深い、奥深い記事は有効なので、グーグル検索エンジンは多少優遇してくれる可能性があります。

このように、普通の感覚で得られない情報を得ていくのが

アフィリエイトという仕事です。(。-_-。)ブログ

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)