このページから読んでみる?(´・ω・`)

夜勤(交代勤務)で働く(労働する)ことの健康リスク(健康被害)を考察する。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ヤキンダメヨ

夜勤で労働を行うと健康リスクに弊害があります。この結果は、研究結果で既に証明済みであり、心臓病や脳卒中の直接な原因となることが分かっています。

人間の本能的な活動を考慮しても、健康リスクに弊害があることは知られています。今現在、夜勤を続けている人だからこそ、

なるべく身体への負担をかけない働き方を実現しなければなりません。



夜勤で長く務めていると、通常時間の感覚が次第に崩れてくる。

夜勤で働くことが完全に悪いわけではありません。夜勤の仕事は時給が高く、正社員の給料も高いので、健康リスクと引き換えに高い賃金が支払われます。

法律に則り、深夜賃金=25%の割り増しも義務付けられていますし、夜勤で働くことのメリットもあるわけですね。夜勤の高い給料が見合って経済的に助けられている人も大勢います。

ただし、健康を害してまで夜勤で働く必要性があるかどうか私は疑問を感じています。

確かに、給料は高いですが、いざ、自分が貯めた貯金で何か事業をしたいと考えても、

健康がボロボロでは何もできません。お金持ちの人は言います。健康が一番の財産だと。私は当然、頷き、その通りだと実感しました。

なぜなら、私自身も夜勤の仕事を日雇い労働で経験しています。2日程度連続で夜勤の仕事をしただけなのに、働いている最中、眠気が起こり意識が朦朧とし始めたんですね。

幸い、もう少しで勤務が終わるという場面での出来事だったので助かりましたが、怖い経験をしました。あのまま、意識が薄れていたら気を失っていたかもしれません。

夜勤に向いている体質の人とそうでない人がいます。私の場合、夜勤に対して完全に不向きな人間だということが分かりました。

逆に、夜勤を長期で続けている人は、夜勤労働対策を実践し、仕事に従事しているんですね。時間の感覚が無くなると頭が参ってしまうので注意しましょう。



夜勤労働対策=睡眠時間を強制的に多く配分すること。

通常、私たちは、8時間睡眠が鉄則ということを幼少期の頃から教え込まれてきましたよね。

ですが、最近になって、8時間睡眠は健康的にあまりよろしくないことがデータとして分かってきたんですね。人の睡眠時間は、人それぞれという結果になったんです。

8時間全員が寝ていれば健康的なワケじゃないんです。6時間が最適な睡眠時間だという人もいれば、4時間で身体が身軽になる人も世の中には存在します。

仕事の休憩中も、15分合間の休憩を取り、仮眠することで仕事に対してリフレッシュ効果を促すことができ、仕事の能率が向上します。

夜勤の場合、その限りではなく、強制的に睡眠時間を設けるべきです。人間の睡眠には、嫌なことを忘れる、精神的ストレスが大幅に軽減される。

単純に身体の疲れが取れる効果があり、人生の3分の1が睡眠です。夜勤で働いている人なら、尚更、身体の負担を軽減するために、睡眠時間を多くとりましょう。

理想は8時間で、10時間睡眠をとれば身体に余裕が出てきます。私が経験した睡眠時間ですが、8時間と10時間では明らかに後者の方が軽やかな日常生活となりました。

12時間は寝すぎです。人間、寝すぎても健康リスクが実は上がります。気をつけてください。



そもそも、夜勤労働しないことが一番の夜勤対策である。

いつもより多くの睡眠をとる。食事を健康的な野菜・副菜の生活に切り替える。ストレス解消の飴玉、手軽に飲める飲料準備。

これらの夜勤対策をしても、限界が来ます。理由は簡単。身体が適応できないからです。お金を取るのか、健康をとるのかの分かれ道があなたに迫っているということですね。

私なら、早急に夜勤労働をやめて、給料は多少安くても昼勤務、朝勤務の労働形態を選びます。寿命が一番縮みやすいのは、交代勤務です。

交代勤務は、夜勤より生活が崩れますので、相当精神に強い人でないとまず続きません。続いても、健康リスクは飛躍的に上がり、病気になります。

糖尿病や心臓病は当然として、寿命が縮まることを避けられません。せめて、70歳ぐらいまでは生きたいですよね。ならば、夜勤をしないことが一番の夜勤対策です。

ブログアフィリエイトも、朝と昼に記事を書けば夜働かないで済みます。人間は夜に強い光を浴びると寝れなくなるので、夜とパソコンは相性が悪いです。

あなたが夜勤から他の仕事に切り替えるなら今のタイミングが理想的です。(。-_-。)ウム



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)