このページから読んでみる?(´・ω・`)

面白い企画を考えるには!?計画と企画の違いも知ろう。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)キカク

計画と企画。どこか、似たような響きを感じます。ブログビジネスで例えるならば、面白い興味関心を惹けるような記事を書けること。

通常のリアル店舗ビジネスにおいては、需要あるサービスを提供したり、誰もがオシャレ、またこのお店に行きたいと思わせるようなお店のことを言いますよね。

企画と計画の違い、面白い企画力を身に付ける方法を探っていきましょう。



『 計画 』と『 企画 』の違いをまず知っておこう。

一般的に企画とは、ある物事を行うために、目論み(モクロミ)企て(クワダテ)を立てることを言います。

つまり、企画書の提出や、学校行事、仕事受注の提案書などが当てはまります。学校の運動会の種目を決めるなどの行動自体が企画=企画力だと言えます。

これに対して、計画とは、物事を行うために方法と順序、道筋を立てることを言います。言葉には定義という言葉適用の範囲がありますが、計画と企画は大体同じ意味です。

しかし、定義、言葉の実際の使い方が異なります。以下になります。

会社で仕事の企画書を提出する。(企業=組織レベルの行動)

家族でピクニックに行く計画を立てる。(個人レベルの行動)

となります。



面白い企画を考えるには、第三者目線に立つ癖を日頃から付けておく必要がある。

なんで、トイレットペーパーが必要なの?みんなの生活において、手軽に安い紙の用が足せる商品があれば便利だなっていう世の中の需要がありますよね。お客さん目線です。

需要があるということは、当然、供給というモノが成り立ち、両者の関係バランスが半分半分の状態が理想的です。

企画力があって、初めてビジネスが生まれます。ビジネスで成功する者は、世の中に便利なモノを提供することで利益を図ります。人の役に立つ企画力が試されるワケです。

既に製品として出回っているビジネス価値に本当の価値はありません。無論、あなたが今からトイレットペーパーというビジネスに参入しても儲けはあまり出ないでしょう。0というワケではありませんが、先行者ビジネスに当てはまる分野で後出しは通用しません。

絶対に本体が壊れない絶対に芯が折れないシャープペンシルなんてあれば私なら買いますし、近々製品にする予定です笑。嘘です。でも、リアルビジネスをいつかやりたいですね。

( ˘ω˘ )ウヌヌ



ビジネスチャンス(企画力)は、自分で知恵を絞り出し生み出すからこそ成功するものだ。

同じような企画を考えても、誰も見向きはしません。どんなに優れた製品を作っても誰かのパクリでは意味がありませんし、儲けは少ない。

その中で差別化を図るなら、あなた自身の頭の中に眠っているアイデアを実際にテーマとし、実際に会社を作って製品化を目指しましょう。

あなただけのアイデアだと自負することができれば、自分だけの企画力で道を切り開くことができますし、誰からも文句は言われません。有名な会社や企業は、特許出願を出しており、似たような真似をされない工夫を行っていますよ。特許出願=発明保護

ブログアフィリエイトでも同じことです。貴方自身が書く文章だからこそ、既に差別化を図れているのではないでしょうか。ビジネスの作業効率を図るために外注化(自動化)を行っている人がよくいますが、儲けの観点も大切です。

しかし、あなたのブログはあなたが書かなければ本当のブログ読者のファンはできませんよ。メンター個人も、ブログ記事を作成する時参考にするブログの内容を、あくまでも自分の中で理解できる範囲で記事を執筆するようにしているので

基本的に誰が読んでも分かりやすい構造になっています。面白みがあるかといえば面白みはありませんが、無理に差別化を図ることも意識はしていません。デザインの差別化は露骨に図っていますがね笑。

このように、自分の中で考える癖を常日頃から付けるようにするとブログ読者に寄り添った記事をいつでも執筆することができますよ。あなたも、ネットビジネスを面白い企画力で成功してください。(´・_・`)イエイ



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)