このページから読んでみる?(´・ω・`)

世の中に存在する仕事の中で、一番楽に(肉体労働・頭脳労働)働ける職業は何か。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ラクニイキル

世界の動きを知るために行動することは大切です。自分が働いてる職場以外に目を向けてみたり、これまで参入しなかった

仕事に敢えて挑戦してみるなど、問題は山積みです。そんな中、楽に人生を生きたい。のんびりしたい人は現在大勢いますよね。

副業を始める最たる理由は、今の人生に満足できないから他の仕事(ビジネス)を経験し、自分のスキルアップに挑戦しているんです。

副業で本業レベルまで行くことができれば、働かないで暮らしていくことだって容易ですからね。(。-_-。)ニコニコ



一般的には、肉体労働(筋肉労働)よりも、頭脳労働(精神労働)の方が楽に働けると言われている。

肉体労働の反対は、精神労働です。誰しもが楽に働こうと考え行動した場合、最終的には頭脳労働に落ち着きます。

しかし、メンター個人としては、肉体労働全てが悪いとは思いません。なぜなら、精神労働(頭脳労働)は身体を動かすことがないので

健康的によくないということ。そして、パソコンなどを使った一定の姿勢に偏ると眼精疲労や、腰を悪くする可能性が浮上します。ずっと、同じ姿勢で座り続けると早死する確率も、

最大で40%上昇することも研究結果のデータとして残されています。肉体労働の代名詞としては、工事現場の作業員が該当しますが、

暑い今のこの時期(熱中症)は確かに辛い仕事ではありますが、出世しやすい、仲間と楽しく仕事ができるという視点から考えれば

私は、働き方として素晴らしいと思いますし、昔私も、夏季にアルバイト日雇いで工事の運搬作業をしていたので気持ちが分かるというのが大きいですが。

とにかく、肉体労働を馬鹿にすることは許されない行為であり大変な仕事を毎日こなしてくれる人達がいるからこそ、

私達、読者さんの生活が成り立っているとも言えます。トラック運転手の労働は、本当に根性があるなって尊敬しています。

私には、できません。ヒヨワで力がないからです。男の子なのに。(´・_・`)…クヤシイ。それに、夏の炎天下の中、走り続けるトラックドライバーをかっこいいと思います。

でも、確かに、頭脳労働の方が身体を動かさなくていいから楽な事実はあります。会社の社会階級が上がってくると、楽な仕事に回れるといいますがそれぞれ、メリット、デメリットがあると考えるべきです。



肉体労働の方が精神労働(非肉体労働者)よりも人生を健康的に過ごせるのは間違いない事実である。

健康的な人間は一番得をします。お金があったとしても、身体の融通が利かなければお金を使えないからです。

心臓に持病を抱えていたり、動けないギックリ腰状態で幸せな生活を送ることは必然的に難しくなるのが現状なんです。

病気にかかると、逆に医療費などのお金が発生します。入院ということになれば、最悪介護の面倒も見なくてはなりません。

80歳を突破して亡くなるなら歳相応ということで仕方ない部分ではありますが。私のおばあちゃんも、80歳で残念ながら亡くなろうとしています。

でも、健康的な人だったので、仕事を生涯続けてきたおばあちゃんが凄い人だと改めて感じました。私には80年間、ひとつの仕事を続けることなんて

できるワケがないからです。自分の無力さを痛感しましたね。80歳まで現役で仕事をすること自体が怪物レベルなんです。



どんな仕事だとしても、人生に価値を見出した人間が本当の意味で勝ち組である。優劣を付けることはできない。

肉体労働をしている者は、頭脳労働派を羨ましがり、頭脳派労働は、肉体労働を馬鹿にして貶す行為を容赦なく続ける。

人生において、無駄な行為だと思いますね。自分がどう、楽しくなるかどうかが重要であり、仕事の種類に関係なく、自分の価値が納得できる形で、

存在していれば、有意義な生活を送ることができます。正直、肉体労働と、頭脳労働が存在しなければ世の中は成り立ちません。需要と供給が存在しないことになるからです。

消費者の対義語、提供者(製造者=生産者)が2人組になることで過ごしやすい世の中を生み出しているんですね。( ˘ω˘ )ウヌヌ



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)