このページから読んでみる?(´・ω・`)

グーグルアドセンス剥奪(アカウント停止=アドセンス狩り)を事前に対策しよう。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)アドチャン

ブログ収益面において、グーグルアドセンスほど、心強い存在はないはずです。

一度配置した優秀なアドセンス広告は、あなたのブログ情報に対して価値を提供し、お金を運んでくれます。

優秀な広告だからこそ、懸念も存在することは事実であり、知ってからでは遅いという知識も世の中には多数存在します。

グーグルアドセンスのアカウントが突然停止されて、大事なブログの収益面が損なわれたという話はよく聞きますよね。

アドセンス規則違反をしていないのにも関わらず、あなたのアドセンス広告が不正に利用され、役立たずになってしまう状況を回避するためにも、

しっかりと事前知識を付けましょう。

カモにされる前に、全て、できる対策はしておくべきです。

クリック単価が1円以下になり、最悪単価0円になって困っている人もいるかと思いますので、2018年現在での最新情報を提供します。(*´꒳`*)



グーグルアドセンスの不正クリックは許されることではない。無論、ブログ運営者は細心の注意をいつでも払う必要がある。

ブログ運営者のアドセンス利用に対しての一番の不安は、突然予告もなしにアドセンスを剥奪(アカウント停止)させられてしまうことですよね。

有効な事前対策は2つありまして、まず一つ目に、グーグルに直接、自分は不正クリックを一度も行っていないと強く抗議する方法です。

グーグルのアドセンスに対しての様々な申し立てを行えるページがあります。以下です。

グーグルアドセンス 無効なクリックの連絡フォーム

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact?pli=1

上記のページに移動し、グーグルに不正クリックはしていない、他の第3者に不正クリックされ、広告単価が1円以下に引き下げられていると伝えるのです。

そうすれば、早ければ3日程度で、アドセンスチームが質疑応答に応え、あなたの不正クリックと広告単価引き下げを再度考え直してくれます。

一度、誰かに不正クリックされたと思ったら、必ずグーグルアドセンスの無効なクリックの連絡フォームに連絡し、コンタクト(連絡)をするようにしてください。

そうすれば、余程のことがない限り、アドセンスが停止されることはありません。

更に2018年最近では、ワールドカップ、2020年東京オリンピックなど盛り上がっていますが、グーグルアドセンスも、また、進化しています。

不正クリックを、グーグルはこれまで見抜くことが容易ではありませんでした。

そのデメリット仕様のおかげで、多数のブログ収益が損なわれてきた歴史があります。

善良なアドセンスアカウント取得者達のために、グーグルは新しいシステムを導入し、不正クリックを暴き、簡単にアカウント停止に追い込まれないようにする仕組みを作りました。

なので、新規でアドセンスアカウントを取得した人達は、対策を事前に施していれば、アカウント停止は簡単に避けることができるようになりました。

2つ目のアカウント停止回避は、第3者によるアドセンス広告コードコピー&ペーストを阻止してしまう方法です。簡単です。アドセンスメイン画面に移動してください。

その中に、設定自分のサイトという項目があるはずです。自分のサイトページに移動できたら、あなたの運営しているブログURLを登録しましょう。

登録が完了すると、アドセンスコードをもし、悪意のある第3者に不正利用されたとしても、なかったことにすることができます。

もっと噛み砕くと、不正に利用することができなくなる設定です。逆に、自分のサイトを登録しておかなければアドセンス狩りや、不正クリックの餌食になるので注意してください。



不正クリックの疑いが浮上した場合、アドセンス広告のクリック率平均と照らし合わせ、判断すること。もしも、不安なら、グーグルアドセンスチームに直談判し報告しよう。

行動力を蔑ろにしていては、自分の身を守ることはできませんよね。

今回の件で言えば、グーグルアドセンス狩り対策ですが、ブログ運営者ができることは、ご覧の通り限られており、限定的です。

アドセンスクリック率は、1パーセント程度あれば良い方だとされています。

つまり、100人中1人クリックされれば万々歳だということなので、明らかに今日だけ20%以上のクリック率になったり、1週間ずっと、30%以上のクリック率が続いているようなら、

間違いなく不正クリックアドセンス狩りが発動しているので、グーグルに報告です。

報告のタイミングは早いに越したことはありません。

どんな連絡でも早いほうが解決と時間的余裕が生まれるので、早く穏便に解決することが第一です。下手に問題を起こすことは好ましいことではありませんよね。

アドセンス狩りの被害に遭う前にあなたができることは、報告と不正広告利用阻止だけです。



クリック単価1円の原因は、複数あるが、一番怪しいのは、あなたの勘違いであるということ。ただ、気持ち悪いと思うなら、疑われる可能性がある懸念は全て排除しよう。

アドセンスのクリック単価が悪い。月々の平均と比べても明らかに数字が下がっている。

アドセンスのクリック単価が平均30円程度なのにも関わらず、1円の日が続いているようなら、グーグルに報告した上でしばらく様子見してください(*´꒳`*)

というのは、アドセンスのクリック単価30円は、あくまでも平均単価なんですね。

ということなので、全てのブログ・サイトが30円以上確約されているワケではありません。

もちろん、1クリック100円の広告があれば、クリック単価1円の広告もあるわけですね。

ということは、あなたの勘違いの可能性が第一としてあります。しかし、ただの勘違いで終わらせてはいけません。

先程、細心の注意をいつでも払えとメンターは言いましたよね。ならば、疑われることは全て潰していくスタイルでブログ運営しましょう。

つまりは、不正クリック(無効クリック)の疑いもあるから、上記の事前対策を施しましょうということですね。

グーグルアドセンス 無効なクリックの連絡フォーム

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact?pli=1

・グーグルに報告する。

・広告コードを不正に利用されないようにする。

上記の対策がアドセンスにとっての守備ですので、あなたが行うべき対策です。

巷(チマタ)では、アボセンスという言葉も聞きますよね。

自分で不正のある行動を犯したり、自らアドセンスを剥奪されるような行動を取るアドセンス取得者のことを言います。

ボンバーマンでしょうか?

いいえ、メンターです。(。-_-。)

とはいえ、さすがに生活レベルに関わるような愚かなボンバーマン(アドセンスボンバー)はいないと思いたいです。

よくいるのが、アドセンスの規約違反になるような内容(ジャンル)の記事を書いて停止させられてしまうことですね。

後は、ブログ追従広告領域にアドセンス広告を貼り付けてしまい、規約違反に気付かず、停止させられてしまうこと。

最後に、著作権侵害の画像や動画を使用していたりする場合です。YOUTUBE公式動画であればブログに掲載しても問題はありません。

気を付けましょう。あなたが細心の注意を払っていても、最終的に判断するのはグーグル神(ゴット)なので、

楽しい記事を書いてあなたの魅力でアドセンス報酬を正式に受け取ってくださいね。(*´꒳`*)

グーグルアドセンス 無効なクリックの連絡フォーム

https://support.google.com/adsense/contact/invalid_clicks_contact?pli=1



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)