このページから読んでみる?(´・ω・`)

就活うつ(病気=症状)なんて吹き飛ばせ!!就職活動を快適に行うための必要な要素とは!?

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(。-_-。)ウルル

仕事、辛いですよね。就職活動大変ですよね。大変すぎて、いつの間にか自分自身を見失い、途方に暮れているあなたは、助けを求めているのではないでしょうか。

仕事が決まらないから焦っている、度々、このブログ内でも題材として取り上げてきましたが、人生長いんですよ。一時的な辛さは誰にでも訪れるものです。その困難の度合いは人それぞれですが、

就職活動=就活うつという言葉が世間で表沙汰になり、日本の治安と仕事雇用状況が危うい危機感に煽られています。メンター自身も、インターネットの世界が消えて、ブログで稼げなくなる日が来るのではないかと内心ヒヤヒヤしています。

今回は、就活うつについてのテーマをピンポイントで話します。



誰にだって、辛い精神面が一時的に訪れる。でも、あなたが波乱な人生に敗北していい理由には決してならない。

人間、生きていれば辛いことは1度や2度、少なくとも、数える回数しか起こらない出来事ではありませんよね。人間は、欲望の塊です。自分のほしいもののためなら、日本の国民はお金を出してでも手に入れようとしますよね。

恋愛ゲームを想像してみてほしいのですが、恋人がほしい男性がいるとします。女性でも構いません。想像してください。ゲームの中では自分の人生が上手くいっていますよね。

好きなように振る舞い、大盤振る舞いできますからね。しかし、リアル(現実世界)は違います。他者とぶつかり口論にもなるし、喧嘩だって起こります。戦争レベルの国紛争もあり、争って欲望のために人間は生きている一面があります。

でも、人間同士、どうしても分かり合えない人達が存在するのも事実ですから、仕事に置き換えてみると、人間的価値観が合わない人とも最低限は飾り付けをして、仕事を遂行しながら、日々、人生を生きているわけですよね。

普通に生活していても、弊害というモノから逃れることはできません。自身が病気に侵されたら人生の選択を迫られるし、活動範囲と制限が加わります。

仕事でケガをしたら労災が降りたとしても、不自由な身体のまま生活することを余儀なくされるんです。あなたが、就活うつの段階だとしましょうか。

今の上記の例を出してみましたが、貴方には不自由なところがあるんですか?厳しいことを敢えて言いますが、仕事できるだけ、ありがたいと思わなければいけません。

仕事=雇用がなくて働けない人達だってたくさんいるのに、就職活動のうつ病で貴方の人生選択権を狭めてどうするんですか?

少なくとも、損していると私は思いますよ。就職活動ができる自分のことを誇りに思いましょう。私が、ヤフーニュースに対して懸念していることがひとつあります。

それは、何でもかんでも名称を付けて世間を騒がせて、人の自信を奪っているのではないかという懸念です。仮に程度が低い軽症の患者がいたとしましょう。

その人がヤフーメディアの記事を見て自分が患っている病気(精神面)に対して、ネガティブな感想と共に付け加えられていたらどうでしょうか?患者は人生に対して意義を見出せない可能性が出てきますよね。

精神面=就活うつのテーマは、精神病と深い関わりがあるということは否めない現状であり、少しでも、病気になってしまった人が立ち直る機会を得るために、大手メディアに出向くわけです。ネット環境はフリーですから、批判的な記事を幾らでも書けますが、

書き手によって読者の印象は全く異なるモノに変化します。過去にヤフーニュースメディアでも、書き手の問題により、読者から多数の批判的コメントが寄せられましたが、書き手本人の内容理解が乏しいと、

所詮良い記事、人を元気付けられるようなメディアを書く事は、どんな優れた技術を用いたとしても実現することはできません。人間相手=精神面は心のケアですからね。

技術で人を洗脳しても結果は良好とは言えないですし、大抵の場合すぐに破綻します。メンターは敢えて、あなたに対してきついことを言いますが、ご了承ください。

人生は長いので、あなたが就活うつ程度で立ち止まっている暇はありませんから。

(。-_-。)負けてあげる必要がないんです。

メンターも厳しいことは嫌いです。でも、言わなければならない時もあります。就職活動はあなたの人生を左右する大事な時期なので、慎重に考えながらも時には吹っ切れてみてください。音楽鑑賞でもしてリラックスすると違う景色が見えてきますよ。



インターネットメディアは常に信憑性と戦っている。

信憑性とは、一貫性のことを言います。また、情報の正確性とも言い換えることができます。ネットで情報を得ているあなたも、この情報信用できるのかな?って思うことが、経験として多々ありますよね。

今回で言えば、就職活動に対してのうつ病という題材ですが、ヤフーニュースで取り上げていることが全て正しいのか、と言われたらメンターは、違うと考えています。なぜなら、権威=相手が大物である、

メディアの専門性が高いと認識することによって得られる信頼という言葉の通り、たとえ、明らかに正しくない情報だとしても、大手メディアが報じてしまえば、フェイクニュースは存在したことになるのと同じ意味合いです。

しかし、信憑性は本当の意味では皆無に等しいです。なぜなら、貴方自身が実際に体験したことではないからです。数字の重みを体験してない憶測だけで判断し情報を取捨選択しながら生きているからです。

大手メディアはマイナス情報を好みます。理由は、心理学的面から見ると、マイナスな意見・情報の方が人の食い付き=反応が得られるからです。あなたも、商品を購入する時に、プラスなメリット意見よりかは、どちらかといえば、マイナスのデメリット主張に耳を傾けるはずです。

商品紹介の時も、敢えてデメリットを視聴者=読者に分かりやすく提示してあげることで、信頼を得る事だってできます。権威性とは、また違う信頼獲得の方法です。ただし、全てがデメリットばかりを報じるワケではありません。覚えておきましょう。

テレビの通販などでは、ジャパネットたかたさんが有名ですが、彼=社長=代表責任者自らがテレビに出演し、商品の公開と売り込みを行っていますよね。社長=権威性プラス親近感が沸く気がしませんか?信頼獲得の罠に陥っています(*´꒳`*)フニャヤ

声のトーンが高いのも、購買意欲を掻き立てるためのエサであり、台本もきちんと用意されており、社長は人間味溢れるモノをプラスしながら消費者に寄り添います。だから、売れたんですね。このように、権威と信頼は切り離せないんですね。信憑性は根深いですよ。



あなたは、人生の時間(有限)について、どう考えて日々生きている?

人生は、有限です。もう一度言います。限りある命、有限です。交通事故に遭えば死にますし、心臓病でお亡くなりになる方もいます。事件に巻き込まれて命を落とす人もいます。でも、社会の成り行き上、仕方がないことも事実です。

私は、人生、なるようにしかならない、でも、1パーセントの確率が人生の転換期の中で必ず良い方向へ訪れることを、期待し確信しています。就職活動で失敗したら、あなたの人生はお先真っ暗なんですか?確かに最初は真っ暗でしょう。自信失くしますよね。

でも、立ち止まっていいワケではないと思うんですよ。何か行動してみたらいいのではないでしょうか。例えば、本を読んだり出かけて散歩したり、これまで嫌いだった勉強を始めてみたり、ブログ書いてみたり、できることって色々あると思います。

宿命論=運命論をあなたが語るには早すぎるし早計です。有限な人生の中での取捨選択はあなたが決めることですが、人生は楽しんだ方が良いに決まってますよね。人間、自分から辛い選択をするなんて中々できないことだし、難しいですよ。

就職活動受からないからうつ病=全然人生の有限テーマに比べたら鼻くそみたいなものです。あなたの人生は無論、コレから先であり、後、何十年も生きていくワケじゃないですか?だから、立ち止まるよりかは、何か、迷っていてもやるべきだと私は思いますよ。

もちろん、行動して失敗するなんて当たり前なので、できるようになるまでビシバシ訓練して鍛える、この心構えが大切になってきます。

人は厳しい事を言う時、その人に成長してほしいから、言っていることが多いのもまた、事実です。人生は有限です。でも、有限だからこそ、美しい。(*´꒳`*)トロリン



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)