このページから読んでみる?(´・ω・`)

近所のコンビニが潰れたので、代わりに新しくスーパーがオープンすることになった。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。(*’ω’*)

私の近所にあるコンビニが潰れてしまい、テナント募集という形でスーパーに置き換わることになりました。

古くからあるコンビニは、懐かしく感じてしまうので、今の季節ならアイスを買ったり、

冷たいヒンヤリした飲み物を購入して飲んだりと利便性に関わらず記憶に残っています。

というのも、時代は、刻 一刻と移り変わっている証拠ですね。

10年前と今現在の街の状況は一変するものなんです。

これが、20年という歳月経過すると、倍、貴方の住んでいる故郷の景色が変わります。なんだが、寂しいですね。(*’ω’*)・・・。



コンビニとスーパー、正直言って全体的に利便性が高いのはコンビニで間違いない。しかし、スーパーのメリットも計り知れない恩恵が残っている。(眠っている。)

普段、買い物をする際に目的別に応じて、行動し商品を購入すると思いますが、あなたならどうでしょうか?

一昔前まではコンビニの数も普及していなかったので、スーパーの方が数的に見ても多いということでしたが、

今は、情勢が変わり、20年というスパンでコンビニの数が上回り、現在でも、普及を広げています。

街の至るところには、夜も明るいコンビニがあるおかげで『治安』改善に貢献している企業もあり、セブンイレブン、ファミリーマートなんかは、王手コンビニの代表格的存在です。

サンクスやマイナーなポプラ、デイリーヤマザキも、マイナーどころでは人気のコンビニですよね。

最近、知ったんですが、各、都道府県によってマイナーがコンビニは違うようですね。

私の視野が狭いと思った瞬間でした。

コンビニは数が多いだけではなく、種類とライバル企業の数も、ビジネスとして考えて、日々、切磋琢磨しているわけなんですね。おもしろいです。

そんなコンビニ業界ですが、スーパーにはない手軽さというメリットを全体像として掲げる人は多いのではないでしょうか。

値段は、スーパー格安価格より高くても、あの安心感と言いましょうかね(*’ω’*)メンター自身も、根暗な部分があるので闇があるわけです。

そんな時、深夜23時以降でも、コーヒーが買えるコンビニで、食事も気軽なローソンなんかで済ませちゃうわけです。

今は、とろろざるそば(400円)が美味しいですよ。

コンビニ業界が衰退することはないでしょうね。

というのも、全ての売れる店舗場所を網羅してある状態なので、飽和状態になっているとも聞きますが、

それでも、手法を変え、戦略を変更すればいくらでも儲ける算段は作れるわけですね。

有名企業になればなるほど、資本力というものが働くので、スーパーにはできない人海戦術的手法が展開でき、

フランチャイズという既に出来上がっている仕組みから社員教育を受け合格した社員を雇い入れて働く手軽さとフットワークパフォーマンスもコンビニの強みです。

値段が高い以外のデメリットは、ないのではないでしょうか。

とはいえ、スーパーにもメリットが存在します。

スーパーは値段が安く、コンビニ同様時間帯でも24時間営業のお店が年々増えてきています。

雇用を生むというキーワードで考えると、貢献していると言わざるを得ない素晴らしい状態があり、夜勤で高時給だから、敢えて希望する人も一定数いますよね。

スーパーのメリットは安く新鮮というテーマは網羅しているのは当然のこと、限定商品も数多く展開しているスーパーもあります。

最近では、袋を使わないで人件費を極力削減し、商品に対して力を入れまくるという差別化を図る企業が出てきました。

数ある優れたスーパーの中から、自分達が生き残るためには、品質を上げるしか道はありません。

スーパーは、災害の時にも貢献しますので、食糧難や水不足の心配を和らげる役割も担います。両者、一長一短ですね。

計り知れない恩恵は『もしもの時の緊急対策』に対してメンターは申し上げました。



時代と共に進化する企業体質と仕事の担い方。我々一般庶民は、この目新しい変化に対応することができるのか。

変化を望む人もいれば、当然として望まない人も一定数必ず存在します。

シニア世代、50代60代の人達なんかは、変化を嫌い、昔の風習を重んじることが多いでしょう。若ければユトリ世代と揶揄されて、働け!!勉強しろなんて言われる始末。

2018年は、改革が起こると予想されていますが、既に技術進化は限界とも噂されています。

パソコンというモノを例にとって例えると、パソコン部品と手軽さ、頑丈さという商品価値と付加価値は限界を迎えています。

パソコンに一番大事だと言われている頭脳、CPUという装置が進化し高い計算能力を自宅のパソコンで補えるようになり、動作・操作共にスムーズに処理することができます。

一般家庭にパソコンが普及することが1990年代には考えられなかったことですからね。技術の進化は著しいんですね。

スマホも一人1台、日本は少なくとも裕福な国ですから、当たり前の風潮がありますよね。

世界では常識ではないけれど、世間では最先端を走り続ける国がリードを握ります。

軍事力や開発部門でも優れた最新が生き残ります。その最終形態がAIという意思を持つ機械のことですからね。

スーパーとコンビニも、無人化が進み、人が要らなくなる時代が来ます必ず。

我々の働き方も必然的に変更する必要があるでしょうね。変化しない者は淘汰される。至極当然という言葉が残酷ですが、お似合いですね。



無人化(機械化)=監視カメラ増と失業者の続出懸念は避けて通れない問題である。将来誰もが、不労所得を経験することになるかもしれない。

勉強しなければ、将来は、お金をたくさん稼ぐことができないと、両親から言われた人は今の時期になって苦い思いをしているかもしれませんね。

頭が良いと、大企業に優先的に採用される恩恵変化は相変わらずですが、時代は新しく変わります。

これまで、日陰の存在だった落ちぶれが、ある日、大スターになった話は珍しくありません。

メディアという武器を用いて、自分が情報発信を行うことでお金を稼ぐ、立派な労働と言い換えることができるかと思います。

普通の働き方の概念は既に、無くなりつつあります。

というのも、失業者=失敗者ではありません。

あなたが、新しい道を切り開くために必要な出来事だと認識しましょう。

メンターは、綺麗ごとが嫌いですが、信じるべき者は信じて疑わない精神で生きてきました。見事に人生として、反映され楽しく暮らしています。

あなたも、一度、通常労働から離れてみましょう。

コンビニとスーパーよりも、将来の不労所得を考えたほうが、老後は確実に有利です。

なぜなら、お金は後に使って残しておいたほうが人生において有利だからです。

あなたが、お金を貯金する理由は?お金は嘘を付きません。

お金=信用という世の中では、お金というモノは切り離すことができないので、第一として考えるべきだと考えています。

不労所得はあなたのオサイフを少し緩やかにしてくれるでしょう。

その不労所得を若いうちから目指すのか、今楽をするのか、決めるのはあなたです。

時代が時代ですので、将来の楽しい希望溢れる毎日を過ごすために今、努力をしたほうが私は幸せになれると思います。

無論、スーパーとコンビニがなくなることはありません。

新しく通称としてサービスが増える可能性すらありますからね。

無人コンビニとかが良い例でスーパーでも同じことです。世の中は、バランスよく成り立っているものですよ。(*’ω’*)



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)