このページから読んでみる?(´・ω・`)

うつ病を抑制するためには、扁桃体(ヘントウタイ=ストレス・メカニズム)の働きを抑え、幸せ脳内ホルモン=セロトニンを分泌させることが重要である。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

うつ病や、その他精神障害になる人の多くは、

脳内にある扁桃体(ヘントウタイ)の活動が活発になることによる弊害だとされており、

扁桃体(ヘントウタイ)が原因で強度のうつ病を引き起こし、

人間としての楽しみや、興味が薄れるなどの問題に直面してしまうんですね。

ということは、生き方の工夫や、ヘントウタイの働きを極度に抑えることで、

あなたの私生活を有利にすることができる可能性があります。

精神薬を服用しても、効果が出るか出ないかは個人個人で全く異なり、

薬の服用よりも、自己解決できるならば、

それに限った方法の方が良いわけですよね。



扁桃体(ヘントウタイ)が活発になる原因は、過度なストレスが原因である。

今の人間社会、人間関係の問題、好き嫌い、平等社会から実力主義への転換による、

社会変化により、精神障害に陥る人が後を絶ちません。

というのは、過度なストレスが、扁桃体(ヘントウタイ)自身にストレスを与えて、

恐怖心や不安感を、より一層強めてしまうんですね。

あなたが、うつ病で、夜に眠れない状態が続いている理由は、

この扁桃体(ヘントウタイ)の暴走が原因なんです。

人間は、恐怖心を煽られると強い印象が残ります。

強制的なので、自分から回避することができないので、

強度なストレスとなり脳内にダメージを受けます。

この時、扁桃体(ヘントウタイ)が強く作用して、脳内が縮まったり、

気持ち的に揺らぎ、マイナス思考になってしまうんですね。

営業職の人にうつ病が多いというのは、激しいノルマや責任感などが要因であり、

社会的立場の弱い人が、精神疾患にかかりやすいんですね。

また、職業の違いにより、うつ病の発生割合は違いますので、

あなたの職業がうつ病から遠い仕事だとしても、懸念を恐れるべきです。

発病してからでは遅いので、事前対策は急務となります。

その他、視線恐怖症、社会不安障害なども全て、

扁桃体(ヘントウタイ)が原因だと言っても過言ではありませんからね。



全てはセロトニンが解決してくれるが、あなたの規則正しい生活習慣こそがうつ病の発症を極限まで抑制してくれる。

ストレスといっても、種類がありますが、精神的ストレスというのは厄介です。

特に、人間関係の問題であれば強い不安感を煽られることになります。

というのは、ゲームに負けてストレスになるのとはワケが違うんです。

一度、上司から強い叱咤をされたり、印象が強い怖い感情を植えつけられると、

人は極度に怖がります。実は、犬に対しても過度な躾をすると、

犬が事前に怯えてしまう(避難する仕草を見せる)のも、

この扁桃体(ヘントウタイ)が原因です。

動物虐待がいい例ですよね。そして、女性でも激しいDVを受けている場合でも、

同じ現象が起こります。暴力的解決を経験してきた人は、

人を信用しない人間不信に陥りやすいし、

精神疾患に非常に敏感となる状態となります。

そんな時は、食生活と生活習慣を見直してしまうことが一番確実で効果があります。

夜、9時には寝て、朝、7時に起きるという習慣を徹底して続けてみてください。

人は、最低でも7時間の深いノンレム睡眠を取らなければ、

ストレスを抱えたまま起床してしまう可能性が高まるんですね。

夢を頻繁に見るということは、眠りが極度に浅い証拠なので、

疲れが取れていないことになります。

ということは、次の出社日でも、疲労を溜めたまま出勤することになるので、

精神状態として良くありません。

うつ病を抑制する最重要課題は、幸せホルモンセロトニン分泌を促し、蓄えることなので、

食生活と適度な運動を意識する必要があります。

適度な運動がうつ病を抑える=人生をイキイキさせることは有名な話です。

そして、食生活の中に、卵と納豆を合わせて食べる『 卵納豆かけご飯 』を、

主食メニューとして取り入れると、満点です。

完全栄養食の卵と食物繊維=大豆たんぱく質の相乗効果で、

うつ病の抑制と仕事中の脳内活動をサポートしてくれます。

実は、メンターも、上記の生活習慣を徹底的にこなしており、

記事執筆の最中にもコーヒーや心臓病リスクを極限まで、

抑える工夫(緑茶を毎日5杯以上飲む)という対策も行っています。

たまに、不整脈が起こるのは、人間として正常ですが、

頻繁にという状態であれば、病気を疑うべきです。

過労死の次に繋がる病気は、心筋梗塞及び、脳梗塞です。

これらの病気は、ストレスによる血管の血流滞留が原因です。

過労死している人が暴飲暴食に走ることはよくあるので、

たとえば、夜、動物性油を摂取する人や、甘いお菓子をたくさん食べる人は、

健康上もマイナスであり、生活習慣病以上の重い病気を発症することにつながります。

なので、40時間以上の規定過労死ラインを超えない状況を徹底しつつ、

うつ病にならないように対策しましょう。

仕事でも、もし、辛いと少しでも思ったら、会社をただちに辞めましょう。

最悪、生活保護があるので、あなたの人生が狂わないようにするためにも、

賢い選択を常に取る必要があります。話は戻りますが、

扁桃体(ヘントウタイ)の活動を極端に抑えるには、

規則正しい生活と、笑顔になる習慣を続けることが大切です。

恐怖心を感じない方法は、色々ありますが、私の場合『 なるようにしかならない 』

という感情を事前に頭の中に植えつけている状態で全ての物事を判断しています。

つまり、イレギュラー(予想外)のことが起きても、冷静でいられるんですね。

目が合うとドキってしますよね。心理的に多くの人の目に触れると人間は緊張するので、

ストレスを感じます。でも、適度なストレスの場合、

人間の能率を上げることも事実です。バランスですね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)