このページから読んでみる?(´・ω・`)

訪日客(中国)の爆買いによる一番の経済的懸念は?海外転売屋阻止・購入規制対策&世界各国の動きを知ろう。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンター(oliver97291866)です。

日本への来訪客により、爆買いへの関心がより一層高まりましたね。日本で爆買いが行われることで得られるメリットは、多岐にわたりますが、中国などの富裕層が、日本の経済を支える一部となっていることは明らかですよね。

貧富の差が激しいと言われている中国やその他、各国の国々ですが、日本が北朝鮮へ旅行できる日も来るのでしょうか。第三次世界大戦が将来的な出来事にならないように注意を促しながらも、アメリカと引き続き友好関係を築いてもらいたいですよね。

スポンサードリンク



爆買いは、日本経済に潤いを与えてくれるキッカケにはなるが、同時に、転売屋の出現&商品価値の暴落・高騰が著しく懸念される。

爆買いができるということは、日本で一時的に安く売られている商品やサービスを中国や世界各国に持ち帰り、ネットユーザー及び、転売屋に売ることで高い収益を得ることができてしまいますよね。

当然、お金を払っているので商品の所有権が爆買い顧客にあるとはいっても、商品価値を大きく下げるような取引を行ったり、逆に、商品価値自体を高騰させてしまうような売買の方法は日本視点から考えれば、好ましい状況ではありません。また、日本発祥の技術が含まれている商品を盗まれてしまう可能性もあり、ミッキーマウスなどの人気キャラクターの偽者が話題になりましたね。

購買規制が導入されたことにより、懸念を払拭しているわけですが、中国人が爆買いするために投資している費用は、それこそ莫大で、お金持ちが使うような圧倒的資金力で、商品購入を行っており、組織的犯行の可能性も捨てることはできず、中国に持ち帰り、オンラインオークションなどのマーケットで3倍の価格で売られるなんてことはよくあることです。

商品の価値が元の値段設定から、極端に値上げされた状態で売られているということは、商品価値の高騰・下落。そして、大量商品輸入による商品のマンネリ化=無価値現象を引き起こしてしまうわけですね。化粧品などが人気で幅広い需要があるとされていますが、爆買い規制の導入タイミングが遅すぎたような感じもしますね。

事前に懸念を潰すレベルで行わなければ、もはや、規制の意味なんて持たないし、経済を潤わすためだとしても、日本の先行きが不安ですね。日本自体、食料自給率(自給自足)が20パーセント以下なので、開発ができない土地の状況でも対策を何か打つべきです。

穀物や肉類は完全に外国産に頼り、マーガリンなどは安いモノを原材料として使い、人間への悪影響が示唆されるニュースも発表された経緯もありますが、安く仕入れ、高い値段で安全とはいえない飲食料品を売ることは正しいのか、日本全体の品質も下がってしまうんですね。

スポンサードリンク



日本の実態を世界に知ってもらえるという意味では、爆買いには一定層需要が成り立ち、交友関係(好友関係)を保てる唯一の方法である。

世界情勢は年々、国々のリアルファイトを行うタイミングが高まってきている感じがあり、北朝鮮がいつミサイルを発射しても、おかしくない切羽詰まった状態になっていることは記憶に新しいですよね。日本の自衛隊がいくら強いと言われていても実際の経験値が足りていなければ実践で戦える見込みはないですし、日本がアメリカと平和条約を結んでいるとしても完全に安心はできないんですね。

第三次世界大戦が勃発すれば、本当に今度こそ、日本は終わりです。終戦はまだ完了していないので、一時休戦扱いになっている事実は、世間で認知されていない状況であり、日米安全保障条約以外に国を守る法律が無ければ、戦争になることは避けられないかなって思います。

私個人としては、もちろん、日本の過去の歴史があるので、同じ非道の過ちを繰り返してはいけないと強く思いますし、今まで築き上げてきた日本の重要文化財や世界遺産などの、宝を失うことは日本を無価値にする要因として間違いなく決定事項となります。

我々ができることがない以上、極端なことを言えば、友好関係を築きながら核シェルターなどの準備はしておいたほうがいいですね。国民保護サイレンが日本に鳴り響いてから焦っても遅いし、ミサイルが撃たれてから日本への到着時間は、わずか5分程度です。

そして、日本がミサイルを迎撃することができる確率は、50%です。つまり確実に成功する保障はないということです。だから、核シェルターを開発して、いざというときに備えているという、悲しい現実はあります。

中国は、北朝鮮と仲が良いので、中国の爆買い顧客が増えることにより情報を得ようとしている日本の体勢が伺えます。でも、北朝鮮は隔離された世界なので、世界評判は最悪なことに変わりはなく、最近は、中国も、北朝鮮に対して怒りを見せたり、好意的とは判断していないようですね。いずれ、見放される時が来るのでしょうか。

北朝鮮自体も、輸入・輸出、ミサイル開発費用が賄えなくなるという懸念を恐れ、193カ国以外の非加盟連合国に武器部品調達と資金調達を提供されていると日本政府とアメリカ政府は見ています。とある、ユーチューバーが北朝鮮に旅行したという事実はありますが、以前として、北朝鮮の表の顔だけを味わうことになり、裏の顔の悲惨な状況は発信されていないんですね。

情報隔離が北朝鮮間で進んでいることは明白で、文明の違いは、韓国と分岐して以来服装や流行などの進化も完全停止しています。生まれついた時代と環境が人間の全てを決めると言われていますが、本当に北朝鮮の実情で考えた場合その通りだと判断せざるを得ません。私達は、世界への視点を持ちながら生活していくべきであります。

スポンサードリンク



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)