このページから読んでみる?(´・ω・`)

BGM著作権使用料(JASRAC)の音楽法律適用範囲問題について持論を強く呈する。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

全国の初の取り組み裁判として注目を集めました

BGM著作権使用料JASRAC勝訴問題ですが、

音楽自体にどこまで法律が適用されて

処罰されるのか、あなたはご存知ですか?

JASRAC=日本音楽著作権協会

(英語:Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)

一般社団法人と呼ばれていますね。

JASRAC=日本音楽著作権協会

(英語:Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers)

音楽(楽曲、歌詞)の著作権を持つ作詞者作曲者音楽出版者から録音権・演奏権などの著作権の信託を受けて、音楽の利用者に対する利用許諾(ライセンス)、利用料の徴収と権利者への分配、著作権侵害の監視、著作権侵害者に対する法的責任の追及などを主な業務とする。

今回の大規模な1件で、BGMについての激しい法律改革が一層必要だなと

メンターは感じました。個人で有している音楽、購買した音楽をどの程度使用できるのか

通常、小さな床屋の店内や利益目的、営業目的としない音楽使用の場合、

大した問題に発展しないということでもあり、今回の大事件は言わば、

見せしめのために行われたものであり、JASRAC(公式表記)の活動範囲を

広げる狙いがあったと思われます。

スポンサードリンク


音楽BGMの著作権(既得権益)を強く守り続けると、音楽離れが進み、新規顧客とファンを切り離すことになる

に ている 利や 利のこと

既得権益とは、勢力が強い社会的集団=団体が法律的立場において、

権益を長い期間(歴史的に)上げている利益状態のことを指します。

既得権益の代表業界団体は主に・・・労働組合、日本医師会、建設業界、自民党などです。

その他にも、有している企業や団体は数多く存在しますが、日本の戦後以降の歴史上から

運営されてきた団体や企業は強い既得権益を入手しています。

今回の音楽BGM著作権使用料発生、約、3万円弱の料金から見ても、大した金額ではないものの、

しっかりと、徴収されていますよね。既得権益を有してる企業は一個人に対しても無類の強さと影響力で強気に出ることができるわけですね。

普通に考えれば、個人で運営しているような理髪店が大きな会社に訴えられるケースは稀で

今回の件は、レアケースです。

個人間で音楽が気軽に楽しめなくなるようであれば、正直、音楽の存在意義はないとメンターは考えており、その通りだと思いますよねあなたも。

音楽= 音を楽しむ ですからね・・・

著作権は、作った側からすれば、お金取りたい気持ちは理解できます。

でも、今は、パソコンが普及しているのでCDは儲からないし

必然的に、人をライブで集めて資金を調達するしかないんですよね。

著作権については、音楽だけに限らず、討論されてますよね。

スポンサードリンク


そもそも、音楽でお金儲けするという魂胆と考え自体が古臭い

音楽は娯楽です。リラックス効果を感じたり、人間の脳にα波を出す音楽だってあります。

人の声ですらも、有名な宇多田ヒカルさんは、人に寄り添う居心地の良い声として科学的に確立されています。

メンター自身もまた、音楽は、気軽に聴くべきだと考えてるし、誰にも邪魔、介入されたく

ありません。表現の自由、言論の自由、学問の自由(各種自由権)に成り立ちます。

日本っていつから自由が狭い国になってしまったのですかね。

自由の国=アメリカは寛大ですよ。文化もサービスも人柄も。

今の日本、視野が狭すぎます。

楽しみましょうよ。

自由権(じゆうけん)は、基本的人権の分類の一つであり、国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利のことをいう。

引用:ウィキペディア参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%A8%A9

スポンサードリンク


シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)