このページから読んでみる?(´・ω・`)

仕事効率向上ツールを使うと人間自体がダメになる?サービスの利便性が高まると人間進化の歩みは止まる。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

仕事に効率を追い求めた結果が人間を逆にダメにするという記事が発表されました。

たしかに、ツールにばかり頼って、人間の脳みそで考えることをしなくなると

脳機能は低下し、認知症などの弊害が生まれることは容易に想像ができますよね。

昔は、アナログ時代、ペンと紙だけで情報を相手に伝え、電話もないので

直接会ってお話することしかできなかった。インターネットの普及により大きな問題に

発展しかねないワケですね。



人間が、機械(ロボット)を上手く使用する立場を有していないと、いつか、機械に侵略される

インターネット発展に伴い、懸念されている問題。

それが、機械化したことによるロボットの暴走と侵略ですね。

ターミネーターのような時代に突入すると言われており、

2040年問題も控えているワケですから、慎重な動きが必要です。

我々、人間が手を打てることは、兎にも角にも、スマホやパソコンに

依存しすぎない生活スタイルを保つことが対策として有効です。

何か、困ることがあれば、全部ネットで済ませるのではなく、

アナログ時代に通じた手段で人とコミュニケーションを図ったり、

外に出て、子供の頃の遊びを経験したり、筋トレをしてみたり。

世界を旅して、風景を楽しんだり色々ですね。デジタルから離れた生活も大事ですよ。

今は、歩きスマホなどの問題も表沙汰になっているので

機械化による、人間とロボット(AI)の距離が一層縮まったことによる

危機感は、持っておいたほうがいいです。

我々、ブロガー、アフィリエイターも、グーグル検索エンジンが

主な集客経路なので、ロボットに依存している部分が大半を占めている現状があり

どう、打開策を提示し、行動に移すのか、

これから先、骨が折れる戦いになりそうですね。

今現在、機械の方が、ある特定の分野では優れているので

人間より、機械の頭脳が賢くなってしまったら、人間は機械に必ず負けます。

最悪、サイバー戦争になり、世界戦争になりかねません。

北朝鮮と、第三次世界大戦を引き起こす前に機械化による

宇宙戦争が始まりを告げることは避けたいですね。



ロボットと人間の共存は、一線を引いて商品開発を進めて行くべきであり、機械化が全ての風潮はお門違いである

近未来に向けた取り組みが2018年以降に加速化を高め、

人選も既に始まっていると聞きます。

優秀な人のDNAを残し、クローンを作る技術すら可能であり、

法律的問題が無ければ、今すぐにでも、体系的に同じ人間を作ることは容易です。

しかし、本人の性格までコピーして再現することはできないので

結果として、別の人間となり、生まれた環境や発する言葉も違うのでクローンは

失敗する技術だと囁かれています。

アンパンマンの顔交換が良い例として報告されていますが、

同じ人間を完全に作り出すことは不可能であり、これからも難しいでしょう。

便利になったことで機械化が進み、人間は逆に退化する。

利便性向上ツールは、裏を返せば人間の進化の歩みを

止めていることにもなるわけですね。

人類は、後、100年後にどの程度近未来に近づいているのか楽しみですが

全面戦争だけは避けてほしいものです。ブロガーとしても譲れない情報発信。

あなたも、人間なら、大事な要点は抑えておくべきですよ。

日々の生活を彩るのは、何もデジタル環境だけではないですからね。

人間の喜怒哀楽は、機械では決して測ることができない財産なんです。

表現の自由は、機械化できない唯一の領域であり、何千年経過してもアートは色褪せません。

メンターは、中立な立場を有したいですがね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)