このページから読んでみる?(´・ω・`)

花粉症の目のかゆみと鼻水(鼻づまり)をすぐに抑える効果的な方法と対策は?

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

花粉症ってこの季節辛いですよね。実は、私も花粉症なんです。

そこで、今回は、花粉症のあなたが間単に実践できる有効な花粉症対策を

お教えします。鼻水と目のかゆみが一発で解決するので是非、お試しを!!



無理に目をこすらない、症状が辛いときは冷たい水で目に潤いを与えながら優しく撫でるように刺激すること

花粉症の中で一番辛いのは、目のかゆみです。

一度、自分の目が気になり始めたら、

かくことが止まなくなってしまうこともありますよね。

どうしても、目のかゆみが我慢できないときは、

常温、または、冷水で、目を優しく押すような感じで

刺激を与えて、かゆみを和らげましょう。

目をこすりすぎると、目の表面、眼球が傷つくので

あくまでも、優しくを意識して目のかゆみをとりましょう。

それでも、かゆみが抑えられないときは、

薬局にある市販の痒みを抑える専用の目薬を使用して

対策しましょう。ドライアイと目のかゆみは表裏一体ですが

ドライアイの場合、涙が出にくい、夜になると

目のかすみがひどくなるという特徴があるので花粉症の

症状とは厳密には違います。

既に、花粉症が我慢できないとき、専門医などを利用して

目の霞を押さえる工夫と方法を教えてもらいながら、

外出には、花粉症専用の眼鏡(ゴーグル)をかけて外出し

マスクをして、万全の対策を施しましょう。

眼鏡をかけると、花粉症の流入経路が半分以下になると

言われており、効果的な花粉症対策として期待できます。



花粉症の鼻づまり対策に一番有効なのは、鼻自体の粘膜に水分と潤いを与える防御策、部屋を乾燥させるのはダメ

花粉症を抑えることができる即効性が高い対策は、

部屋に加湿器をかけて、潤いを全体的に与えることで解決できます。

部屋の湿度を大体、50~60パーセント程度に保てると理想的です。

理由は、鼻毛などの粘膜が活発となり、花粉を身体が入れないように

調節してくれるようになるからです。

また、部屋に潤いを与えることによって人間が住むのに最適な

温度と湿度を実現できるので、花粉症対策も施しながら

快適に生活できるようになります。

めやには、花粉症の症状として典型的ですが、

水分を与えながら取ることによって眼球を傷付けることなく

きれいにできるので、症状が辛くなったら部屋を加湿して

外出はなるべく控えるようにすること。

布団を干すときは、部屋の中で干し花粉を家の中に入れないこと。

乱暴な身体への負担を避ける事を徹底的に意識しましょう。

もし、本当に困ったら、花粉症対策専門医がいるので

解決策を提案してもらうといいかもしれませんね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)