このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログは上手く休憩を取り入れながら記事を投稿すると体感的負担(疲労)が少ない。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

パソコン作業をしている時に必ず付いて回るのが

視力問題と、固定姿勢の維持問題です。

長い間パソコン事務などの作業を続けていると

最悪、痔になったり、体の機能が可笑しくなることもあります。

実は、メンターも、汚いお話ですが、

軽症の痔であることが判明しちゃいました(´・ω・`)ガッカリww

パソコンで仕事をする人にとって

視点と動作の注意は一般職より更に厳密に

管理するべきだと考えています。

今回は、私が作業している時に

実際実践している対策方法を教えます。



イスは座布団に座り、胡坐をかきながらリラックス状態で記事を書く

ブログの執筆は、思ったよりも労力を伴うので

あなたが、できることは、姿勢を正したり

悪影響がでないような対策で乗り切るしかありません。

私が、実践しているのは、家で座布団に座りながら

記事執筆を行っています。

というのも、学校のイスみたいに

緊張感あるイスの座り方で作業してしまうと

座り方が固定されてしまうので体にとっては

大きな負担となります。

折角、家で作業するのであれば

胡坐をかき、リラックスした気持ち良い

楽な姿勢を追及して、記事を書くべきです。

ユーチューバーなどが作業用のイスを

購入して、長時間作業している動画を

私は良く見ますが、ナンセンスです。

胡坐の方が良いメリットを以下に書きます。



胡坐をかくと必ずパソコンを見る視点が下になるので目の負担が減る

パソコン動作を行う基本は、視線に気を配ることが

もっとも、重要です。

パソコンを見る目、この場合、執筆最中の視点のことを

指しますが、私は、常にパソコン画面が下になる工夫をしており

疲れにくいという循環を得ています。

そして、自分より対象が下に来ると

自然に姿勢が良くなるので長時間で考えた場合

有利な作業スタイルとなります。

室温は、20前後に保つように設定し

服装については、自宅というメリットを生かして

ジャージと長袖の緩いモノを着用しています。

音楽を聴きながら作業するのは、オススメしません。

そのまま、ユーチューブを視聴してしまう可能性があるからです(´・ω・`)ww



ブラックコーヒーを飲みながら作業すると、作業効率が格段に上がる

ブラックコーヒーを飲みながら作業すると

カフェインに含まれている覚醒効果というものが

期待できるので、一時的、または、6時間を目安に

高い集中力を維持し発揮できるようになります。

また、コーヒーを1日3~4杯飲む人は

心臓病になるリスクが減りますので一石二鳥です。

緑茶も健康維持のために毎日2リットル飲んでいるのはHIMITU(´・ω・`)ww

このように、リラックス効果を期待できる飲み物を常飲することで

ルーチンワークとしての意味合いも含むことができるので

更なる記事執筆の体感負担は減ります。

一番大事なのは、1記事書いたら、5分休憩を入れることですね。

人間の集中力限界は、一般的に15分だと言われているので

気付いたら、1000文字書いてしまったとかであれば

明らかに、集中力を極限まで使用して記事を書いている状態なので

5分、または、10分休憩し、効率よく作業しましょう。

1500文字の重要性に気付いたところで、

もう少しレベルを上げるお話をすると、

2000文字以下が、文章の読者視点、自分視点からしても

有利な運びを実現できますね。

2000文字が読者が読める限界文字数だということ。

そして、記事執筆の達成感とSEO対策としてのレベルとしても

今、現段階のグーグルアルゴリズムであれば

問題ありません。そもそも、ロングテール狙いで

2000文字は文章量として

多いのではないかと思いますね。

1500文字から2000文字が誰もが

続けやすく、精神的負担と体感的負担は

抑えることができます。

因みにブラックコーヒーは便秘を改善する効果があるよ(´・ω・`)!!

でも、毎日3杯までだよ。机は、木のテーブルを使ってリラックス効果を高めよう。

朝、記事を執筆すると集中力が倍増するよ。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)