このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログ運営、200記事到達で結果に満足できないなら500記事を目指すべき。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

ブログの結果において、PV数や収益を指標に挙げるのは自然なことで、ブログ自体の価値も最終目的は、PV数となるわけですね。

そんな中で、毎日記事を書き続け、100記事到達しても一向に成果が出る気がしない。200記事到達したけど、収益は微妙・・・そういう人はたくさんいます。

それなら、300記事に挑戦してみてください。メンターが執筆している記事数は、この記事を含め221記事です。



200記事で目に見える変化が既に表れているので、300記事に到達した時点で、PV大爆発が起こることは間違いない

ブログの成功は、ブログの記事数です。集客経路が増えるという利点と、ブログの強さを表すものなので、一定の成果を出すためには絶対に欠かせないですよね。

今現在で、200記事まで頑張って続けてきてるけど、もう、ブログ辞めようなんて考えるのは早すぎます。成果を出せるようになるまで諦めちゃいけないんです。

200記事書けている時点であなたはもう、半分ぐらい、ブログで成功できているようなモノなのですからね。

なんだかんだで理由をつけてやめるブログの数が多い中であなたは、100記事、そして、200記事へとステップアップできましたよね?

それなら、300記事という目標は今のあなたにとって大きな高い壁ではないでしょう。



それに、200記事の時点でアクセス中爆発が起きている状態なら、後、100記事追加したら夢のような生活が待っていますよ。投稿頻度は大切ですが、いかに早い時間で記事を投稿して、

後で楽をするか、ブログの基本戦略、特に、特化ブログは勝負が前半戦で決まります。

最初に苦労した記事投稿が将来的に大爆発のアクセス数を生む、そして、全ての記事はロングテール長期集客用記事なので

アクセス数が減ることはなく、ブログ運営暦が長ければ長いほど有利な立ち位置を実現できるわけですね。

雑多ブログの場合、集客用のビックキーワードを最終的に狙うことができないので、爆発を起こすPVを獲得することが難しく、記事を更新し続けなくてはならないんですね。

当然、更新頻度が滞れば、ブログの強さは落ちます。しかし、専門特化ブログの場合、特定の需要に対してアクセス数が持続するので、ブログのパワーが常に落ちないんですね。

持久力が半端ないということなんです。

集客用の長期記事を200記事から300記事に増やしたらとんでもないことが起こると思いませんか?



300記事達成で大爆発することが予想できる時点でブログは成功したも同然。そして、1000記事に達成した段階で、月収30万円~60万円を期待できるレベルとなる

何故、メンターがジャンル特化型ブログを推奨しているのか。その理由は、明白です。長期の運営において、間違いなく専門ブログが有利だからです。

アドセンスの高単価、アフィリエイトクリック率と成約率の上昇。アクセス数が減らない=ブログパワーの維持が容易=毎日記事投稿しなくてもOKになる。

特定ジャンルの記事を投稿し続けることで、特定キーワードにおいて無敵になる。SEO対策に非常に有利となり、ドメインパワーが飛躍的に上がる。需要が尽きないジャンルを選んだ時点でマネタイズ(お金を稼ぐ手段)がいくらでも図れる。

圏外に飛ばされにくい=安定している=PVと収益も安定するこれだけのメリットが浮かび上がるわけですね。

雑多は、専門ブログの逆転現象が起こりますので不利なんですね。だから、ジャンル特化ブログが有利なんですね。

そして、ジャンル特化型のアドセンス1クリックが100円以上なんて当たり前なので、30万PVの時点で30万円以上約束されます。

そして、専門のブログなので、アフィリエイト広告ブログ収入アドセンスと同様に爆発的に増えます。

そして、この出来事がたった一つ更新し続けたブログだけで起こる出来事なので、このレベルの専門ブログを後、4つ作ったらもう、生活費に困ることもないし、リスク分散の意味でも最強です。

そして、記事を増やせば増やしただけ、ブログ収入が増える専門ブログが1000記事以上の怪物ブログに育った時点で月収100万円は楽勝なんですね。

ただし、100万円以上稼げた場合、あなたがセミナーを展開して人にブログ構築を教えましょう。マネタイズを今度はあなた自身の魅力で図る番です。(。-_-。)b



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)