このページから読んでみる?(´・ω・`)

人の話を最後まで聞いてから意見を発言できる人間は、人生において得をすることが多い。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

人の話をきちんと最後まで耳を通せる人って

落ち着きがありますよね。

というのも、会話を遮らずに意見を聞けるというのは

人生において得することばかりなんです。



常に冷静沈着なので、自分の中でも意見がまとまりやすくなる

人の話に最後まで耳を通して発言すると、

自分の言葉の整理に心の余裕が出てきますよね。

いきなり、問題を出題されてスラスラ答えられるような人は

人はいませんし、いたとしたら、コミュニケーション能力が

著しく高い人です。

精神状態の衛生面においても、

冷静でいることは、人生の決定方向を大きく左右します。

なぜなら、人生の道を選択するときに、

先に見通しを立てて行動できるようになるからです。

先の見通しが必ず通せるということは、

行動パターンや次の発言においても

一回考えて吟味した上で行動できるようになるので、

イラついたり、途方に暮れる回数も少なくなりますよね。

そして、相手の会話をきちんと聞いてあげると

話し手の方も、あなたの会話をきちんと理解してくれようと

努力してくれるようになり、楽しい会話が弾みます。

相手に態度を変えてほしかったら

自分が変わるぐらいの気持ちで挑みましょう。



冷静が全てではないですが、

円滑に物事を進めるためには冷静な両者の

会話が必要不可欠であり、大切です。

また、両者を尊重し合う傾向が強いので

会話のネタに対しても、新たなレパートリーが

生まれる可能性すらあるんですね。

途中で思い出した会話が出てくるものなら、

「 今度、どこかに出かけようよ~ 」とか

食事でもどう?とか気軽に誘ってもらえるかも知れません。

このように人の話をきちんと理解して聞くことで

人生は、得をするんですね。



人の話を最後まで聞けるようになると、物事の視点が、まるで変わってくる

好き好んで自分の趣味や没頭しているものに対して

人に話してしまい、止まらなくなる気持ちは理解できますが、

自分のこと、主張したいことを話しすぎてしまうと

相手から嫌われるので、相手を思いやる気持ちを持ちましょう。

あなたが思っているほど、友人や周りの人は

興味がないので、同じ話を永遠に聞かされ続けていると

嫌々になってしまうんですね。

それなら、一歩引いてお互い話したほうが

スムーズです。

そして、人の話を最後まで聞くと

言葉の奥深い意味や相手の言っている意図を

理解できるようになります。

表面だけの会話音声だけを聞いても

内容自体を理解できるような人は少ないです。

発達障害の人は、会話に対して

オウム返しを繰り返す傾向がありますが、

通常の健常者であれば、

相手の思っている心情や言葉の意味を

理解できるので、最後まで話を聞いたほうが

次、あなたが発言する時の優先順位や

物事の捉え方などがまるで違います。

視点を変えて話すというのは、

あなたの人生における可能性や飛躍を

向上させることに繋がるんですね。



急いで話を聞けないでいると、

大切な恋人から嫌われてしまうかもしれないし、

最悪、きちんと話を聞いて!!と喧嘩になる

可能性も否めません。

なので、会話のポイントは、

相手を尊重して、自分の意見を後回しとする

立ち位置で進めていったほうが得ですよね。

特に、言い争いの場合、

自分の意見がいきなり前に出てくるので

相手の発言もエスカレートすることは

目に見えていますし、上手く行かないです。

それなら、両者の気持ちを汲み取って

バランスを見て会話すれば喧嘩に発展することもなく

人生が思い通りになるでしょう。

少なくとも、喧嘩の状態は好ましくないので

頭に血が昇ったときが勝負どころです。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)