このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログで支離滅裂な文章を書いたとしても、読者に意味が伝わりさえすれば問題はない。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

ブログやサイトを作る時に文章は必要不可欠ですが、

どうしても、上手い文章=意味が読者に

通じやすくするための文章を書くことが苦手な

人はいますよね。メンターの実はそんな一人ですが、

ブログ記事を作っていく中でこだわりというか

これさえ、できていれば合格レベル、基準に達しているという

判断要素を持っていますので、今回でシェアします。



読者は、あなたの書いた文章を丁寧に読むことはまずない

一般的に、サイトやブログに訪れた人というのは

知りたい情報を早く知りたいだけなので、

貴方が書いた長い文章や力作が

読者の中に情報として全て入っているわけではありません。

ということは、力作よりも

読者の読みやすさを意識して必要な

情報を入れてあげないといけません。

読者は、ブログを読んでいるというよりも

スラスラ目を通してみている感覚で認識しています。

流し読みということなので、

専門知識豊富のブログ以外は、長い文章だと

直帰率が高くなります。

そして、ブログ自体の評価に対しても

グーグルから高評価は得られません。

ブログのSEO基準としても

滞在時間が一番大事だと言われており、

文章が長いからという理由だけで

読者離れを起こしてはブログを書いている

意味はありませんよね。

だからこそ、滞在率を長くさせ

短い読んでもらいやすい文章で記事を書く必要があるんですね。



逆に言えば、読者に対して

最低限の情報量と、読みやすさを

提供してあげれば、読者もきちんと

文章を読んでくれますよ。

文字装飾もできれば加えたほうが良いですが

ビギナーブロガーであれば

まずは、兎に角記事を書くことが

大事なので、後のお話はその時で構いません。



最低限、読者に文章の意味が伝われば文字装飾とか下手な飾り付けはいらない

先ほども、申し上げましたが、

読者が求めているのは、自分が知りたい情報だけです。

他のページビュー向上を目指す工夫は

関連記事表示やアイキャッチ画像を特定のモノに

すれば大幅に上げることができるので

読者が知りたい、知りたいと思う濃い内容の

記事を貴方の手で書く必要があり、

貴方自身が書いてこそ、読者に

文章の意味が伝わるんですね。

この文章では、どうも、メンターです。

が該当しますが、同じような話の始まりで

書き手の印象を強く認識させることができます。

でも、毎回この決まった文章の始まりで記事を書くことは

一般的にはタブーだとされているので、バランスに応じて

使い分けてくださいね。

下手な装飾をするよりも、読者に対しての

第一印象を良くしようということです。

あなたの書いている文章の意味が読者に理解されづらい

文章構成だったと仮定しても、意味が読者の判断でなんとなく

分かる意味合いになっていれば、下手な文章だとしても

アフィリエイト成約はあるし、ブログ収入だって

生み出すことは可能です。

そもそも、あなたの文章は下手じゃないんですよ。

だって、文章に正解がない時点で極論言えば、

どんな文章だったとしても、一定の読者層を

獲得できるのは必然なのですから。



自分の文章に対してヘコむ必要性が

分からないです。書くことがお仕事なのですからね。

だったら、情報提供をするために

頑張ってあなたなりの言葉で伝えることが

どんな状況でも一番大切だと思うわけですよ。

恐らく、言っていることは頷いてくれたとおもいますが、

全部に正解を求めようとすると、人間のやる気がなくなるので

飾りつけよりも、文章を書く。

記事を量産するよりも、最低限の情報を提供する。

これさえ、頭に入っていれば

ブログ運営で間違えることはありませんから。

そして、長く続けたブログが最終的に

生き残るという意味が分かって頂けたはずです。

意味さえ、読者に伝えることができれば

ブログでお金は稼げるんですね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)