このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログ記事は3000文字で投稿するよりも、1500文字記事2つアップロードしたほうがいい。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

SEO対策において文字数は切っても切り話すことができない重要な要素になることはお分かりだと思います。

そんな中で、記事を投稿する際に、記事を分けて投稿したほうがいいのか、一つのコンテンツとして投稿したほうがいいのか迷うと思います。

正解はどちらも正解です。ただし、今現在のあなたのブログ運営状況により取る作戦は違いますので、ご了承ください。



SEO対策、1記事の文字数はブログ運営暦で変更するべき

ブログの新規立ち上げの場合、まず数増やしのためにロングテール(複合キーワード)推定文字数1000文字以下で、

記事を書きましょう。ただし、読者が読んで何かを得る記事限定です。日記は絶対にダメです。辞めておきましょう。

100記事を1000文字(1500文字)で書けたら次は、2000~3000文字で180記事目まで記事を書きましょう。

180記事に達成している頃には、検索エンジンから読者を獲得している状態なので、180記事目から再び、量産に切り替えます。

文字数理想は、1500文字です。一般的に1500文字で1記事執筆すれば、SEO対策の文字数という意味では合格なので、膨大な文字数を意識したがために記事作成を断念するという誤った戦略は取らないでくださいね。

200記事達成の段階で、2000文字記事が100記事1000文字記事が100記事という形が理想的です。なぜ、理想的なのか、投稿モチベや数を重視しているからです。

ビックキーワードでいきなり表示させることはどちらにしろ、無謀なことなので、



長期的資産にするためにロングテール複合で、記事を積み重ねます。記事の数が重要なSEO対策の一つだとしたら、まずは、100記事になんとしても到達させる必要があり、

100記事目からのモチベを上げるという意味でも2000文字に切り替えるのは自然であり、大事なことです。200記事達成後から、メンターは意図的に、1500文字に切り替えていますが

その理由は、検索流入が増えてきて、SEO対策を意識する必要がなくなったからです。ロングテール(2語複合キーワード選定)であれば、上位表示を実現できるようにブログが成長したので、

ガチガチな、文字数多い記事を書く必要がなくなったからなんですね。更に、メンターのアフィリエイト旅行記は、10000文字コンテンツを序盤に5つほど追加しているので安定感という意味では抜群です。

そして、5記事に関しては、キーワード選定を徹底的に意識したお役立ち記事なので、検索順位は、1位~4位以上をキープしています。

3ヶ月経過した時点でこの順位ということは、文字数がSEO対策に与えている点数は大きいと判断できます。

正直言うと、3000文字で書くと2つの複合なら余裕で10位以内に入れるので、



いかに、ブログ作りをきちんと行っていない人が多いのかを実感しますね。運営暦がこちらよりも大分長いのにも関わらず競合2000文字の記事に3000文字のこちらの記事が勝つのですからね。

そして、3000文字記事100記事で書いたらブログとしてのパワーは驚異的なモノになるのでドメインパワーとしても一定数有効となります。

3000文字記事は、いわば、マキエサという形になります。問題は、200記事目からなんですね。ブログで稼ぐことを諦める人というのは、大体、200記事なんですね。だって、200記事書いたのに何で稼げないの?で終わってしまうからなんですね。

200記事からSEOに強くなることは明白なので300記事達成後のビジョンが見えている人だけに、勝利は訪れる仕組みなんですね。

つまり、300記事で収益が最終的に上がり続ける状態を作り出せれば勝ちなんです。ブログ運営って。200記事を1000文字程度で書いたとしても、SEO対策としては、強力なので、

嫌でも、ロングテールからの集客を見込むことができます。200記事は、通常、6ヶ月で仕上げることができるレベルの記事数です。半年経過が理想的ではありますが、

自分から半年経過を待っていたら手遅れになる可能性は高いので、作業をできるときにやり、記事を200まで達成させてから後で、楽をできるようにする算段です。



このやり方で、メンターは不労所得を実現しました。300記事達成するまでの100記事はロングテールで確実に集客できる、レベルの記事に仕上がります。

なぜなら、ブログ自体のパワーが育っており、複合で検索上位表示を狙えるからです。記事自体に力を入れなくても、ロングテールで集客できるワードが増えるのでアクセス数が驚異的に伸びるんです。

また、毎日更新の恩恵は、グーグルロボットのクロール率上昇に大きく貢献するので、毎日ブログを、書くアクションを起こせば、当然、グーグルロボットは、頻繁に更新しているブログを優先します。

すると、既に、200記事書いているブログに対してロボットは以下の判断をします。

「頻繁に1500文字で更新してるし、200記事超えてる!!コイツはやり手だ、すぐにロングテールで上位表示してやろう。」

となるわけです。要約すると、仕方ない、集客させてやるかまだまだ育つ!!というメリットを受けることができるんですね。ブログ構築には必ず正しい方法が存在します。

私は、アフィリエイトというビックキーワードを狙っていますが、同時に、ロングテールで顧客を永遠に集めることができる記事も数多く書いているので、遅かれ早かれ結果は出ることは必然でした。

そして、ビックキーワードで上位表示が実現した瞬間、月間PV数、10万~60万程度になると予測されます。

そして、アドセンスに限っていえば、10万円稼げることになります。(30万PV=30万円以上)なぜなら、単価が100円以上確保してあるからです。

これが、パワーブログの正しい運営方法です。



3000文字記事1記事執筆するよりも、1500文字記事2つ入れたほうがロングテール集客においては強い

少ない検索需要からアクセス数を見込むロングテール集客ですが、所詮、ブログ開設時に行える行動というのは決まっています。記事を地道に増やしていく作業です。

しかし、3000文字という記事を毎回書ける人はいないので、もっと安全に効率的にロングテール集客、複合アフィリエイトで成功を収めたい場合

記事1記事に対する文字量を減らし、合計文字数をブログ内で同じに保つ方法が有効です。3000文字1つと1500文字2つ=は同じです。どちらの方がロングテールに強いのか。

これは、1500文字2つのほうが強いです。理由があり、キーワードタイトルを2分割することができるのでその分、集客を見込めるからです。

分けて投稿するということは、書き手の負担も減りますよね。1500文字の方が3000文字や2000文字記事よりも、当然書きやすく、誰でも執筆可能なレベルになります。

そして、1500文字でグーグルSEO効果としても充分なので、誰でも書ける記事内容を少しずつ積み重ねることで実現したアフィリエイト手法が、雑多ブログということになります。

専門ブログは、推定1記事の文字数、4000文字から~6000文字程度ありますので、どう考えても、1キーワードで上位表示を目指そうとしている、レベルの記事を執筆していますよね。

ロングテールは、競合と勝負しなくて済むというのはつまり、ライバルがキーワード選定しない有り得ない組み合わせで、集客を望める無限の可能性を実現できるんです。組み合わせは、記事の数×文字数となります。

途端に、1500文字で記事書こうとしちゃいましたか。正解です。その調子で、300記事行きましょう。続けることでしか道は開けませんからね。

実は、このアフィリエイトというゲーム・・・。いかに楽な精神状態で記事を執筆できるかがカギなんです。



アフィリエイトの始め方。

マネートラック(Monetrack)の評判・口コミ・使い方は?

シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)