このページから読んでみる?(´・ω・`)

無謀なアフィリエイト作業量を毎日継続することが報酬発生に繋がる。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

あなたにも、物事で一度ぐらい死ぬ一歩手前の作業量で夢を叶えてみませんか?

そして、日々の変化を体験してみたいと思いませんか?

アフィリエイト作業は、苦痛です。でも、苦痛は経験に変わり、

報酬を運び、努力が報われたときのあなたは、生まれ変わっていることでしょう。

努力とは、成果が出て初めて努力と言えるんですね。

間違った努力で成果が出なければ、その努力は努力ではありません。

無駄な作業というモノで話が終わってしまいます。

正しい努力とは、自分の中の一貫性を大切にできる作業のことなんですね。

ブログのモチベ維持というのは、もはや、当たり前の中で、他人と比較し、

どれだけ作業量を追加できるのかにブログの運命は左右されるんですね。



真の正しい努力とは、自分の中で納得することができる作業量のことである

自己満足な作業とは、第三者という目線から見ても明らかに、

方法が間違っている作業のことを言います。

それ以外は、あなたが頑張って継続してきた証になるのではないでしょうか。

アフィリエイト作業においては、自己満足な作業量で続けていくことが、

大切なことでもあるので、

自己満足レベルの作業量も実現できない状態であれば、

アフィリエイトで成果を出せることはないんですね。

群を抜く存在になるためには、人と同じ作業量ではいけないということに、

気付いている人は、毎日最低でも3記事程度記事執筆していますよ。

それは当然ですよね。作業しないよりも、

作業してブログの知名度向上に貢献させたほうが有意義なことに間違いないし、

時間も無駄になりませんよね。

毎日3記事書いている人と差別化を図るために、

もっと努力して毎日5記事執筆することができれば、大したものですよ。

だって、普通の人が5記事なんか投稿できるわけないですからね。

経験しようとしてない、5記事投稿という世界の変化を嫌い、

安定を求め、つまらないアフィリエイト作業になってしまっているんですね。

安定から抜け出すことができなければ、ブログ収益を望むことはできません。

流石に、毎日10記事は難しいですが、5記事なら頑張れば、

誰でも達成できるレベルの努力なんですね。

先ほど、15記事投稿するなんて言いましたが、無謀な挑戦に終わりそうですね。

でも、間違いなく、毎日5記事執筆できる作業ペースを獲得することができ、

ネタ選定についてもバンバン生まれてくるようになったので、

人と差別化を図ると面白いことが起こる体験を得ることができて有意義な気分になりましたね。



無謀な作業量に近づけば近づくほど、ブログで成功できる確率が高まってくる

メンターは、記事を書くときに、細分化しています。

3000文字であれば、10分で1000文字書き、それぞれ、

10分ずつ掛けて3000文字1記事を執筆しています。

ということは、今現時点のレベルでは、1時間で6000文字程度の執筆量ということになります。

これが、1時間10000文字という執筆量で記事が書けたのであれば、作業効率も増し、

ブログの投稿スパンを更に高めることができるのですが、タイピング速度も関係し、

文章構成の図り方でも時間は変わってくるので一概には言えないところが、

難しい部分でもあります。

ただ、適当に執筆することは誰にでもできますが、

1000文字10分という制限で執筆できるレベルの人はアフィリエイターの中でも決して多いほうではないでしょう。

初心者であれば、1000文字記事で6時間書けるある意味での強者も存在しますが、

正直に申し上げると、1000文字で6時間かかるなんて文章の才能がないとしか言えませんね。

そういう人に限って、ブログで毎月15万稼ぎたいなんて断言してしまうから、負の情報が流れて全体的に広がり、

アフィリエイトブログで稼げないなんて言われてしまうんですよね。

ブログは文字数大事なんですよね。

滞在率を特定の読者へ向けて発信し、長く滞在してもらうことで、

記事を読んでもらう途中にでてくる広告や、アフィリエイトリンクを、

クリックしてもらうことが最終コンバージョンなので、

1000文字6時間なんてやる気がないとしか思えません。論外です。

あなたが、ブログで成果を残したいなら、10分で1000文字、30分で3000文字という執筆量を実現してください。

私も、初心者同然の頃、1000文字20分はかかっていたので、

今では、この作業量を実現できていますが、当初はとにかく悲惨でした。

ひとつ言えることは、1000文字程度で1時間かかるような人にはならないでくださいってことですね。

文章自体の構成に時間がかかっていると言っても、

1000文字1時間では効率が悪すぎるし、アフィリエイト作業量も、限られてしまうからですね。

3000文字執筆で3時間なんて、作業を途中で諦めてしまう無駄な惨事になる可能性も否定できませんよね。

早く作業をするということは、早く成し遂げて安全な道を後から歩むことに繋がるんですね。

精神論記事って書けばきりがないほどなんですが、大事なことなので、一応記載しておきます。



どうせ、作業するなら、早く終わらせて有意義な時間を過ごした方が人生損しないし、ブログも楽しく継続できる

遅く、のんびりと記事作成に励んでしまうと、モチベーションは二の次になってしまうので、作業効率に支障がでますし、

アフィリエイトで稼ぐこと自体諦めてしまうでしょう。

作業が続かない人が8割の業界に変わりはないので、

綺麗ごとだけで継続できるほど甘いものではないことを分かっている人は限られています。

綺麗ごとだけで継続できない事実を知っている人間は、作業量で人と差別化を図るので、

アフィリエイトで報酬が上がっている人が多いのは、必然的に、作業量が膨大な人達だけです。

でも、勘違いしてほしくないのは、遅く継続しても稀に成果を出せている人がいるということですね。

元から、文才があって、人が見て読んで面白いと思わせる特殊な才能がある人以外は、

記事を書いて、人海戦術方式で戦っていかなければならないんですね。

メンターの場合、数多くこなすことも必要だと感じていますし、

最低でも、人を元気にしたり、ムカツク感情を植えつける記事を意図的に書いています。

文字数に対しても非常に厳しい制約を設けていますし、

実行できるまで何度も継続し続ける勢いで記事を書いています。

でも、間違った努力ではなく、自分で納得したレベルの執筆方法でありながら、

パワーサイト構築なので、将来の資産として、有意義になる可能性と未来を考慮したスタイルとなっています。

なので、冒頭で一貫性のある記事作成が大事だよって発言したんですね。

アフィリエイトで2割に入るためには、努力の仕方を人並みにしてはいけなくて、

最低でも、3記事で1年更新し続ける覚悟が求められます。

毎日3記事なら、1年で1000少しの記事が書けることになるので、

難しいことでも何でもないし、

午前中に1記事、午後に1記事、夜ご飯食べた後に

1記事という投稿スパンとタイミングで記事を投稿すれば、

特別辛い作業量ではありませんし、サラリーマンや主婦のあなたでも、

全然こなせるレベルの作業量となります。

従って、1000記事達成できる人がパワーブログで成功できるんですね。

逆に、1000記事書くことができれば、アフィリエイト30万円は難しいことでも、

なんでもありませんからね。毎日6記事書ければ、1年の記事数は2000記事を超えて、

もしかしたら、60万円稼げる可能性だって生まれるわけですよね。

サイトやブログが評価されるまで、1年かかりますよ?これって、

自然なことだと思いませんか?言い換えれば、

作業し続けるだけでお金が必ず稼げることを意味していると思いませんか?



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)