このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログ更新、毎日3000文字で5記事投稿することは難しいことではない。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

昨日と今日で、一般人の人からしたら有り得ないような記事執筆量を実現している私ですが、人間、成せばなるものですね。

適応能力が効いてきたのか、全然5記事書いても辛くなくなってきましたよ。もちろん、心構えが記事更新の中で大切なので、

上級者レベルになりますけどね。

でも、作業を早くできるということは、アフィリエイト報酬を底上げする可能性を秘めているんですね。

あなたも、毎日5記事で投稿できるようになれば、間違いなく上級者の仲間入りであり、ブログ運営と報酬は約束されたも同然レベルになることができます。



実は、毎日5記事更新って難しいことではないことに気が付いた

ブログ記事を量産することは、時間がないと難しいでしょう。

文字数を3000文字として執筆すると決めて、仕事帰りから家に帰って休憩を少しして、

アフィリエイト作業を行っても、専業でない限り、執筆できる記事数は限られてきますよね。

会社から帰ってきた疲労感は半端ではないし、通常、夜遅くまで働いていることが前提なので、

時間が取れても、最高で3時間程度、3000文字記事で30分1記事更新だと仮定したら、6記事更新できることになりますが、

文字数合計で言えば、18000文字相当ですね。

この18000文字というのは、プロブロガーでも中々書かない文字数であり、人間の集中力は、1回動作と目的を達成すると、力が抜けてしまうので、

継続的には無謀な挑戦と言えます。しかし、毎日の作業を習慣化し、厳しいことに挑戦することで耐久力が付き、継続困難だと思われてた作業が苦しくなくなります。

そして、いつのまにか、5記事更新が当たり前で更にその上に行こうとする、

会社員でも、20時に帰宅したとして、3時間の余裕時間がある場合、23時までに6記事更新することはできるわけですよね。

私なら、30分間隔で3000文字1記事執筆して、明日書けなくなったとしても、保険という意味で6記事今日中に書いてしまいますよね。

いつ、更新できるか分からない状況のなかでの戦いになるので、記事作成できる時に書いておくことが大前提ですし、

パワーサイトであれば、記事のボリュームと内容、更新頻度が何よりも大切なので、戦略という問題より、根性論で乗り越えることができることも事実なんですね。

この時点で今日は、4記事更新しているわけですが、辛くないですし、なんなら、10記事投稿してしまおうかなって考えているぐらいですからね。

人間、本気の意地と姿勢で記事投稿すれば必ず見返りがもらえることを知ってると途端にモチベーションが高まるんですね。

そして、5記事を午前中に執筆して、残り5記事を午後に執筆、夜寝る前の時間で更に5記事執筆すると、一日の中で合計15記事執筆することができるわけですね。

計画的な時間の使い方をすれば、正直、記事を書ける方法なんかいくらでも思いつくわけですね。

続かない、やる気がでないのは、根性が足りていないだけで、アフィリエイトやブログで稼ぐ気持ちがないのではないでしょうか。

私よりも上の人たちは、毎日10記事更新が当たり前の世界なので、怪物サイトの更新頻度から見ても、上には上がいるものと実感しております。

少なくとも、1日で15記事執筆達成できるまでブログは辞めるわけにはいきませんね。



1日で、3000文字15記事執筆できたら、アフィリエイトやブログで結果を残せることは必然である

10記事ならなんとかって思う人も、15記事という言葉の響きを聞いただけで、モチベ下がりますよね。

メンターも10記事と15記事ではモチベ変わってきますね。

もしかしたら、1日で15記事をやり遂げることができないのではないかと考えたりするんですね。

でも、死ぬ気で作業するとどれぐらい書けるのか試してみたいので、今日で10記事書いて、行ければ15記事を1日かけて書きたいと考えています。

もし、1日で15記事達成ということになれば、思い出になりますし、PVも増えるし、

報酬も増えるし良いことしかないですよね。

お金以外のモチベも意外と大切で、むしろ、お金以外のモチベが大量の記事を執筆するためには必要なことだと実感することができましたね。

自分に対しての絶対的自信に繋がりますし、資産が積み重なる快感を忘れることはできませんよ。

とはいっても、普通の人が15記事という膨大な数の記事数を更新できるわけがないので、常識の範囲内で作業することも実は大事なんですね。

上を見ればキリがないし、作業に掛けられる時間も人それぞれなわけですから、自分ペースは最終的に守るべきだとは思いますね。

でも、お金を莫大な額稼ぎたいのであれば、このぐらいの根性は見せ付けないといけないんですね。どんな仕事も大変な上に、

経験と報酬があるわけですからね。楽に継続することはできますが、

辛い体験を通して成長することは限られた人にしかできないわけですからね。

私も、最初の頃は、1000文字1記事で躓いて今があるので、努力というのは人を裏切らない経験値を手に入れることができる素晴らしいものだと感じましたね。

あなたも、ブログが続かないのなら、続けられるような根性を身に着けましょう。

1日15記事書けたとしたら、1年で1000記事達成できるわけですが、5000本の記事を効率的に生み出すことができるわけですね。

ただし、内容が伴っていなければ、記事を書いても無駄になるので、

最低限、記事タイトルと支離滅裂な文章は避けていき、鬼のような投稿スパンを実現しなければなりません。



正直言うと、1年で1000記事投稿は難しいことではありません。

1日3記事で達成可能ですからね。毎日6記事の投稿なら、2000本近くの記事を1年で執筆できる計算になります。

でも、メンターは、毎日6記事程度であれば余裕だと思います。今の状態なら。

今日の午前中で、5記事執筆達成しているので、午後に少しだけ休憩して、再び、作業を開始して、今日のノルマとして、

10記事執筆することができれば、201記事目に突入するので、縁起が良いですよね。

私は高みを目指したいので、何が何でも達成しますけど、あなたも覚悟があれば、是非、無謀な挑戦に挑んでくださいね。

会社に帰ってきてから、5時間掛けて、10本の記事を投稿することも大いにアリですよ。あなたが成しえた努力は、

結果=アフィリエイト報酬となって跳ね返ってくることになるので。

一番いけないのは、一時的に稼げてないからといって作業をやめてしまい、それ以降手をつけないことなのですからね。



無謀なことに挑戦する人生ほど面白い時間体験はない

無謀な挑戦とは、1日3000文字30記事更新のことですよね。

SEO対策に強いといっても、所詮、人間のタイピング速度は限られているので限界は知れています。

休憩なしで記事を執筆すれば、文脈がメチャクチャになったり、文章の質が低下するので、人間は記事作成において不利だと言わざるを得ません。

しかし、無謀な目標に達成できたとしたら、この達成感は他の何にも変えられないモノになるに違いありません。

普通では有り得ない状況なわけですからね。

こなせる作業量を毎日継続させることは誰にでもできますが、無謀な挑戦を毎日クリアするのは、限られた人だけであり、大抵失敗します。

今してきた努力が後になって報われることが分かっているのなら、例え、無謀な挑戦だとしても、実行する価値ってあるんですよね。

アフィリエイトやブログはそんな無謀な挑戦を叶えさせてくれる仕事でもあるんですね。

だからこそ、アフィリエイトブログを辞められないし、後にも引けないそんな繊細な状況下で勝ったというのは、最高の財産となります。

今日は、ノルマ10記事として200記事達成します。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)