このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログの月間PV数が1000PVを超える勢いで成長している。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

このブログも、1日平均PV数50を超える結果となり、立ち上がりは不安定でしたが、月間PV数1000を超える勢いで無事に成長できています。

2月が終わるまで、残り3日という期間がありますが、今のままいけば、月間1000PV達成です。

一般的に、月間1万PVを超えることができるかどうかで、収益化できるかどうか決まると言われていますが、

メンター自身の意見としては、高単価ジャンルで参入すれば、少ないPV数だったとしても、お金は稼げると断言します。

もちろん、記事を追加しないよりかは記事を追加して収益化を図り時間を効率的に使ったほうがいいですが、問題は継続力であることに変わりありません。

月間1000PVということは、1日のPV数を伸ばすことができれば、月間3000PVとなり、アドセンス収益だけで考えるならば、

30回のクリックだと仮定して、1クリック単価、100円で3000円稼げる計算になりますので、1万PVで約、

1万円稼げるのでグーグルからの報酬も無事に受け取ることができます。



月間1000PV超えると、次は、3000PVを目指すために努力しようとモチベーションが高まる

月間1000PVでも、読者にブログを読まれている実感を得ることはできますが、それでも、収益化という意味では、全然安心できません。

最低でも、10万PVないと纏ったお金稼ぎにはならないので、努力し続ける必要がありますね。

メンターのブログ場合は、10万PVだと仮定すると、20万円得ることができる計算ですが、そこまで行くのには労力がまだまだ必要ですね。

ひとまず、1000PVを超えることはできたので時間の問題だと祈りつつ、最低、2記事以上の毎日更新を徹底的に行うと考えています。

正直、この作業量は、専業アフィリエイターと専業ブロカーと変わらないのですが、

メンターさんの集中力は、トップアフィリエイターも凌駕するので、10記事程度では正直疲れません。3000文字というルールを設けて条件を好条件にして作業しているので、

体感的疲れがないんですね。目が疲れたら、ホットなタオルを目に当てて、その後冷水で冷やすことをすれば、眼精疲労を回避できますし、やり方はいくらでもあるんですね。

3記事執筆したら、1回10分の休憩を入れるようにしているので、大丈夫なんですね。

また、パソコンに対する視線を下に設けているので、目に優しく負担が減ります。記事を執筆する環境は、記事を量産していく上で大事です。

また、チョコレートやコーヒーを飲みながら集中的に記事を書いているので、モチベーション維持に貢献します。



月間1000PV達成してしまうと、安心感がどうしても生まれてしまう情けない自分がいる

1000PV達成するのにも、多くのブログは撃沈し、毎月安定して、1000PV達成するのは、通常であれば、至難の技ですよね。

1日50PV獲得しなければならないので、人海戦術(記事量産)で攻めるのか、1つの膨大なコンテンツとして仕上げていくのか、記事を書いていくなかでの戦略もありますが、

メンターが実践して取り入れているのは、ある程度の質を確保した記事を大量に量産していく方法ですね。ブログの回遊率を上げるという意味でも、

3000文字程度の記事執筆にしておけば、量産可能ですし、記事が失敗して、こけたとしても、やり直しが利きます。

また、読者のブログ滞在率が、6分を超えるときがあり、今日の回遊率は、一人当たり、2ページを獲得できています。

更新頻度とある程度の文字数を確保した文章の量産は、SEO対策にも、貢献し、読者にとっても飽きさせない最強の方法となります。

1000PVに達成してしまうと、途端に人間やる気を失くす場合がありますので、ここまでの中で、モチベーションを最大限高める方法を取得している必要があります。

3000文字記事を11記事執筆すれば、この世の中で一番記事を書いている人に一時期的になれるわけですが、

メンターは、記事執筆記録を目指しているわけではないので、今日は9記事執筆することにしますね。201記事になったらどういう変化があるのかを知りたいんですね。

SEO対策が好きで、実験が大好きな自分は、条件の中でどれだけ効率が良い方法を探せるかを常に探求しています。

どの時間まで、書けば頭がおかしくなってくるのかという実験もできますし、死ぬ一歩手前で集中力を高めたまま記事を執筆できる時間は、

一体何分で何記事なのかとにかく、試すことが大好きなんですね。

掲げた目標は、どんな手段を使っても実現するというプライドもありますし、

3000文字執筆記事を100記事投稿するという目標も未だに守り続けています。でないと、アフィリエイト作業なんかやっていられませんからね。

目標がないということは死ぬことを意味します。目標設定がなければ、1000PVというヌルマ湯状態でブログ終了宣告もしてしまう可能性があるからですね。



このペースで行くと、来年の11月頃には、1000記事以上執筆してしまう可能性が高い

過去の記事で1000記事投稿すると決めましたが、その目標意識も薄れていますね。だって、今のままの投稿ペースだと、

1年かからずに1000記事行ってしまうからですね。退屈なんですよね。

1500記事に切り替えようかななんて考えてるんですが、まずは、1000記事でもいいのかなって思いでひたすら書き続けていますね。

ブログを続けていく上での目標設定が高ければ高いほど、ブログに対するモチベが底上げされる人間なので、200記事超えてからは、

5000文字で100記事に到達させようかななんて同時に考えていますね。

4000文字だけはなんとなく好きではないんですよ。

逃げている感じがするからです。3000文字で達成感は味わえるけど、4000文字では味わえないような微妙な気持ち、どうせ、作業するなら徹底的に作業し、

執筆するという目標を掲げ、実行したいんですよね。

ある意味でスパルタなのかもしれませんね、でないと、1ヶ月で50記事以上を3000文字で執筆なんてできませんからね。

場数というものは大切だとつくづく思いますね。別に、文字数を意図的に増やす努力をすることもなく、このぐらいの文字数であれば、

9記事、10記事執筆は難しいことではなくなるですね。

1000記事以上投稿されている世界を体験したい、その思いで執筆していますが、3000文字という文字数は記事作成において魅力的です。

作業をこなし、努力した実感を自分の中で得ることができるから、そして、SEO的にも強い事実は揺るがない。

文章力も上がり、向上していく、そして、進化できる、こんなに面白いことが、ブログを書き続けるだけで実現できるなら、

毎日1記事投稿なんて楽勝過ぎてむしろ、1日で15記事執筆できるのかななんて考えたりしますね。

初心者さんの場合、圧倒的に執筆量が足りていない、その時のやる気を見せてない可能性が高いですね。

メンターさん自身がこのレベルで執筆できるようになってしまったので、最初本気だしてなかったとしても、進化できるんですね。

ということは、誰でも執筆できるってことですよね。続けるだけで人生において、有意義なことが決定的なら、記事を書くこと自体は全然国苦じゃないし、

毎日記事を書いてないとダメだという感覚にすら陥るんですね。

本当に死ぬことを覚悟で1日執筆できる記事数は、約15記事が限度ですね。この時点で今日は、3記事執筆ですが、

これは、午前中の出来事なので午後はどう勝負しようか楽しみですね。あなたが、1000PV到達したらまた、このブログを見に来てくださいね。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)