このページから読んでみる?(´・ω・`)

ブログ記事を1日4記事3000文字で投稿したらSEOに効果的。

シェアしてみる(*´꒳`*)

どうも、メンターです。

先日ですが、SEO実験ということで、3000文字というボリュームで4記事投稿したら、翌日に検索上位表示の恩恵を受けることができたのでシェアします。

グーグルアルゴリズムが、完全に解明できていない以上、200種類以上と言われているアルゴリズムの中から、何が的を得ているのかを徹底的に、

このサイトでも分析していこうと考えています。これから、収益化に向けて歩みだそうとしている人達へ向けた記事となります。



グーグルの検索順位アルゴリズムだけで行動してたらあなたのブログやサイトは疲れ果てる

検索順位を決定する、グーグル検索エンジンですが、SEO対策を行う上で大事になってくるのが、どのSEOが、あなたに合っているのかを見極める必要があるということです。

つまり、全ての検索エンジン有利条件を施すことはできないので、あなたができる堅実なSEO対策をするべきなんですね。

あなたのブログは、収益化を図るために日々記事を書き続けていると思いますが、最終的には、読者、人間、人へ向けた記事を意識なければなりません。

機械、グーグルロボットに好まれるサイト運営を行うだけでは、人間的魅力としては不十分です。そして、機械だけを相手にしたブログは途端につまらなくなります。

読者離れも深刻となり、肝心の収益を稼ぐことが難しくなってきます。SEO対策には、色々な情報が溢れていますが、

全てのSEO対策は逆にあなたのブログを不利する可能性もあるので、慎重に確実に成果を出すべきです。順位を向上させる意味は、読者の訪問を増やすためでありますが、

余計な文字数を増やしたり、文字数だけを意識しすぎた長文だけで内容が伴わない文章記事はSEO的に、むしろマイナスに作用します。

あなたが書いた完全オリジナル記事であれば、グーグルペナルティを受けることは皆無なので、更新頻度は常に最新を保ったままで、あなたのユニークな記事を書き続けることが一番のSEO対策だということは断言します。



一日で3000文字コンテンツを4記事連続で投稿するとSEO効果を最大限高めることができる

SEO対策と記事更新頻度は、関係ないと言われていますが、メンターからすれば確実な理由に基づいた証拠があるので、更新頻度は一定数SEO対策向上に効果があると言えます。

少なくとも、確証がない不透明性が高いSEO対策情報よりも、メンターの記事の方が実践して言及しているので信憑性は確実にあります。

というのも、とある記事で40位から10位に躍り出た記事を発見したので、順位変動があった翌日から集客を実現しています。また、その順位変動があった記事は、丁度収益化記事だったので、上手い段階で検索上位表示できたなと思っています。

被リンクについては、3日に1個のペースで付けるようにしています。といっても、その記事は、1記事7000文字程度あるので、

グーグルがペナルティを受けさせるようなことは確率的に低いでしょう。ペラサイト・リライトツール作成記事なら可能性としては、ペナルティの可能性はあります。

メンターの記事達は、3ヶ月と10日経過していますが、今のところ、ペナルティを受けたことは一度もありませんし、検索順位は、サイト運営暦が経過すればするほど上がっています。

パワーサイトであれば、グーグルも寛容な精神で運営者をサポートし、ペナルティに関しても目視チェックに対しても非常に易しい緩い印象があります。

私の場合は、記事をある程度の文字数を保って投稿した後に、被リンク付加作業を行っているので、ペナルティを受ける要素を潰している意味では正解だと言えますね。

これが、記事を追加しない状態で被リンクを付けていたら、結果は全く変わっていたでしょう。

サイト規模によっても変わってきますが、100記事を超えて、3ヶ月経過した時に被リンクを一定の数自分で自演としてリンクすることはブラックハットSEOにはならないと考えています。

そもそも、アフィリエイトブログで、完全なホワイトハットSEOを実現するのは難しいです。なぜなら、読者は、有益な記事に対して毎回、被リンクを贈ってくれるわけではなく、売り込み要素が強いアフィリエイトサイトで、読者自ら進んで情報拡散してくれる親切さんはいませんからね。

あなたが、上記の運営条件を満たした段階でできるSEO対策は、毎日の記事更新と文字数の改変、被リンクの付加、これだけですね。そして、確実に効果があるのは、被リンクを自分で付けてしまう方法です。

グーグルの検索順位は、被リンクを重要視しないと言っていますが、過去にメンターの記事でも、無料ブログの被リンクを付けた記事が、94位から最終的に10位に入りましたからね。

また、ある記事では、30位から4位という好成績を収めることができました。全て、3000文字ルールに則り、無料ブログ被リンクを各種、3個だけ定期的に付けただけです。

被リンクといっても、この記事オススメだよという正式な紹介方法だったので、ペナルティの可能性は限りなく低いでしょう。



でも、SEO対策は、1週間程度あれば順位変動を目視で十分に感じることができます。今回の私の順位変動にかかった期間は、わずか、3日程度です。元々、SEOに強い文字数を保った記事を書いていたことが決定打だとは思いますが、

文字数が多く万全のSEOを施しても失敗するときは失敗するので、半分博打ですね。作った記事が集客してくれるようになるまでに、最大で6ヶ月かかるので、長い目で見てブログ運営する価値があると断言できます。

ブログが続かない原因を作っているのは、実は検索エンジンで、ブログ運営者ではないということでもあります。

なぜなら、SEO対策が上手く行っていないと、狙ったキーワード選定で記事が上位表示できないので、読者の目に触れることなく集客不可能だからです。

ブラックハットSEOが横行したのも、一時的に多額の収益が上げられれば良いと考えている人たちが編み出した、ある意味で効率の良い稼ぎ方なんですね。



文字数3000文字程度の価値ある記事を1日1回投稿すればSEO対策としては十分

先ほども言いましたが、最終的には読者に存在と実力を認めてもらわなければ意味がありませんし、集客したとしても商品が売れてくれないのでは、本末転倒です。

あなたは、SEO対策を意識するよりも先に、有益な記事はどういう記事を指し、読者の反応が多く得られる記事とは何なのかを徹底的に探し出す必要があります。

極論を言えば、記事を書き続けることだけが一番のSEO対策になり、収益化を無事に図れているサイトやブログというのは、長く運営され情報が常に新鮮なジャンル特化専門ブログが多いです。

雑記ブログは、どうしても収益面で不利ですし、アフィリエイト商品を紹介するわけにも行かないので戦略が限られてしまうんですよね。

そして、特化型から雑多ブログに切り替えることは簡単ですが、逆のパターンの場合、成功しないことが断然多いです。

というのは、雑多になると、ネタがなくなりトレンド記事というグーグルが嫌うコンテンツを生み出す機会が多く、圏外に飛ばされる危険性が飛躍的に高まるからです。

ブログは、長く収益を上げ続けることが大前提なので、特化ブログのメリットとSEO対策の相性は上手く噛み合っていると断言できます。

これから、長きに渡り、収益化を考えるのであれば、特化型ブログで記事を積み重ねることをオススメします。

アドセンス収益の面でも、特化型サイトの方が1PVの収益性が高いですし、アフィリエイト広告も成約されやすいですからね。記事更新の中で見えてくることは多々ありますよ。



シェアしてみる(*´꒳`*)

フォローしちゃおう(*´꒳`*)